本文へスキップ

不倫女の挑発にはのらないで!|探偵コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不倫女の挑発にはのらないで!|夫、妻、不倫相手にどう向き合うか

不倫相手からの挑発!

直接的に挑発する不倫女もいるが間接的の方が断然多いもの。
そして今やネットで、され妻を挑発してくる不倫女たち。

そんな相手にどう向き合うか、探偵さんが斬る!

今やネットで自分の考えを自由に発言できる時代だけど、不倫女さんのつぶやきや発言は、いかがなものか。

不倫なんて皆しているし、ばれなきゃいいし、気づかない妻に問題があり!と起点はそこからだ。

され妻を挑発して楽しんでいる不倫女さんたちにはこう捉えるべき。



w不倫している相手を調査した妻挑発してきた夫の浮気相手


ネットでされ妻攻撃する不倫女たち



今や、様々なブログで持論をほざいたり、不倫のお花畑な生活を綴ったり、そしてツイッターでつぶやく不倫女の戯言。

お天道様の下では堂々できないから、姿やお顔が見られない裏の隅っこで言いたいことを言うしかできないのだろう。

そんな不倫女さんたちの頭の中を整理すると、

浮気なんてばれなければいい。

ばれない方が多いはずだけど、むしろ気づかない妻の方が悪い。

さらに不倫をしている人が圧倒的、自分の回りでもそういう女性(妻)ばかり。

いかがだろうか。こんな思考がベースになっている。

そして奥さんが私に気づいて会いたいのなら、ぜんぜん自分はかまわない。

むしろ私の方から会ってやってもいい。

でも、気づいていない可愛そうな奥さんが多いから、どうしようもないし、仮にばれたとしても、離婚されたくないって混乱するだけで何もできない奥さんばかりだと。

どうだろう、この上から目線。

探偵さんは思うのだが、負け犬の遠吠えとしか感じない。

あと、やっぱり”よくわかっていない”よね。

歪んだ思考は最後まで自分よがり。

あの隅っこに隠れていられるから、言いたいことを言えるだけで、実際は言うほど強くないし、担架切っているほど向かってきやしない。

ほんとネットの世界ではいくらでも言えるを存分に利用して、自分がやらかしていることを正当化している、ほんとみっともない姿だよね。

だからこんな不倫女にカチンときて攻撃したら、ここぞとばかり噛みついてくる。

楽しんで不倫をしているなか、され妻へも楽しんで噛みついてくる。

どんなに噛みついても、パッシングしても、いっこうに姿カタチを出してこないし、私は見つからないと高をくくっているからよけい調子こいていくわけだ。

だから仮に、ネット上で消え去っても、名前を変えて、ゾンビのように生き返ってくる。

ほんとに懲りない痛い人たちなのだ。


千葉の探偵



不倫女の挑発にはのらないこと、相手にしないこと!



そもそも不倫女と議論しても意味はない。

だって不倫は別にいいじゃんっていう人間と、絶対にNOです!という真逆な人間どうしが折り合うはずがないんだから。

普通、議論って「まあ落としどころはここか」で着地できることも多いはず。

しかしこの不倫という問題は、ないないありえない。

自分の不倫がばれない限りは、悪態はず〜っと続くわけで、彼(浮気夫)に送るメールやラインにも妻を侮辱した挑発的な内容は盛沢山だ。

同じ女性どうしだから不倫女にとっては妻が嫌がること、聞きたくないことはよくわかっている。

何様のつもりか、男なんてこういうもんだとか、こう接しなければダメよだとか、そういう妻だから浮気されるんだわだとか、、、止まらない。

だからそんな発言、呟きが目に入った妻の多くは、一番言われたくないことだから熱くなる。

熱くなって「何か言ってやらなきゃ気が済まない!」っていう感情になる。

そうなってくると堂々巡り。

不倫女さんの思う壺になる。

だからここは深呼吸して落ち着いて!

冷静になって捉えれば、

不倫していると堂々お天道様の下にいられないから、日陰のもっと暗いところで、言いたいことを発信するしかない。
それも偽名匿名、もちろん顔は出せない。

私たちに向ける世間の目は冷たいし理解してくれない とそこは認識しているわけで、だから”そうじゃないんだ”を必死になって訴えている?

ということは、、、

開き直って烏合の衆たちと互いの境地境遇をささやき、励まし合って、まっとうしていきましょうって。

そんな人たちに熱く意見を入れたところでも、そうじゃないと意見を言っても、ののしっても、責めても、無駄って話。

あっちにもっと言いたいことを言わせる機会を与えるようなもの。

相手にしないことだ。

こんな挑発は、いずれ何倍にして返せばいい。

探偵さんは依頼人にはそう言っているし、ほざいていられるのも今のうち、「今に見てろ!」でいいのだ。


夫、妻、浮気相手にどう向き合うか|メニュー