本文へスキップ

不倫はなぜ叩かれるのか|浮気、不倫を斬る!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不倫はなぜ叩かれるのか!?|浮気、不倫を斬る!

本気になって浮気しているのか、離婚したいのか?
いや違う、こんな脳みそでやっている不倫、だから不倫は叩かれて当然なのです!

浮気する人、できる人の気持ちなんてわからない。もちろん知らなくていい。

でも未知の世界、知らないからより不安は膨らむもの。

だから探偵さんが説明するけど、知ったら、やっぱり叩かれて当然だよね!って思うはず。



夫の浮気に悩む千葉県の妻w不倫する夫



不特定多数でもできる、おかまいなし!



まず多くの浮気者たちにいえること。

あなたが一番、君が世界一なんてほざきながら、他に相手がいてもなんら不思議ではないっていうこと。

結婚ということを考えて欲しい。

一夫多妻制が認められているお国事情は別として、「他につき合っている人がいる」とか、「恋人がいる!?」っていう相手と結婚するだろうか?

夫婦になりたいと思ってても、実際に結婚して夫婦になるだろうか。

結婚は違うはずだ。

が、この不倫の関係となると、次元が違う。

つまり不倫相手には他に純粋な彼氏がいても、他に不倫している男がいても、かまわないって言えばかまわない。

してる方も、別に彼(彼女)一人だけに固執するつもりもない頭。

例え、その時お互い不倫している者同士だけで他にいなくても、できるチャンスがあればする。

「まだ他の女にもちょっかい出しているようです」と、依頼人の妻からよく耳にもするが、そういうことが起こるわけだ。

お互い相手に対して責任を追う必要もないし、責任をとることなど考えてない。

ただ楽しくハッピーに刺激ある大人の付き合いができればいいっていう頭。

こんなふざけた脳みそでやらかしている状態なのが不倫。

だから探偵たちは、調査したら、まだ他に相手がいた!とか、妻は終わったと思っていたかなり昔の不倫女が登場した!なんてこともある。


浮気調査の茨城の依頼人浮気がばれた夫



ばれていない、ばれないと思っている限り、し続ける、繰り返す



どうして浮気をするのか、し続けるのか?

ということであるが、ばれてないと思っているから、今の体たらくな夫(妻)であると認識して欲しい。

もし何かしら勘づかれているか?とか、
何か探られているか?

と疑心暗鬼になった際、浮気している夫(妻)によっては、焦って探ってくる、様子をうかがってくるのもいる。

つまりびびりな浮気夫(妻)ということだけど、「妻(夫)にはばれていない!」とわかったら、それも取り越し苦労、余計な心配だったとひと安心。

実際、こちらは何も知らないふりをしているだけなのに、おめでたいものだ。

だからばれていなければ(ばれているけど、知らないふりしていれば)、より強気な夫(妻)でい続けるだろう。

浮気がばれていない だから続く。

女(男)に本気だから、本気で離婚したいと思っているから、、、とそこまで考えなくてもいい。

「じゃあ、ばれてもまだ続くのはなぜ?」

「別れるって約束したのに終わってないのはどうして?」と聞こえてきたが、これも一緒。

さらに、、、、ばれないから。ばれていないと思っているから。

そう、上手くやってまたばれないだろうと思っているからだ。

それに加えて「妻(夫)をなめきっているから」というのも大きい。

一度や二度ばれているのに、また「もうばれない」ってなに?って話。

やはり、完全に妻(夫)をなめきっている証拠。

夫の不倫であれば、妻は何もできない。妻にこうこうすれば、黙ってしまう!そんな頭でもある。

ばれたら困るから、必死に隠す。

もしばれて責められたら、とにかく逆切れして丸め込む。

それで黙ってしまったら、「効果抜群だ」と学習していい気になるのも世の浮気夫(妻)たち。

逆にされている方が、言動を選んだり、顔色をうかがったりしだしたら、不倫はさらに水面下続行だ。


最後にもう一度まとめますが、

浮気も不倫もばれないと思っているから、繰り返す。またやる。別れない。

ばれたと思ったら、吠える逆切れして黙らせる。

で、効果あったと感じるから、図に乗る、さらに無理ある嘘をつき、調子こく。

この堂々巡りな状態がほとんど。

ならば対処は逆をいかねば終わらない。

ばれているっていうこと、何もかも知っているということをしらしめる。

はったりではぼろが出るから、ちゃんとぐうの音がでない事実(証拠)を保全する。

そして吠えられても逆切れされても、ひるまない。

どうせそういう魂胆だと、真に受けないこと。

この浮気を終わらせるのは、何もかも知っている、ばれているよ!

まずはそこからだ。


浮気、不倫を斬る!|コラムメニュー