本文へスキップ

「iPhoneを探す」で浮気夫(妻)を探す!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

「iPhoneを探す」で浮気夫(妻)を探す!|探偵コラム

「iPhoneを探す」で夫(妻)の位置を確認して情報を掴んできた方もいます。

けどやっぱり決定的な証拠を掴むなら探偵の出番、そして早期行動が鉄則ですぞ!。

iPhoneを探すって、妻だから家族だからできる業。
探偵では実現できないことです。

そんな有効なアプリを駆使して浮気行動を探ってきた方もいます。

けど、ばれないうちに探偵に引き継がせるべき、今がチャンスなのだから!



iPhoneを探すで浮気行動を探る妻職場不倫している夫


妻(夫)だからなせる業、iPhoneを探す



iPhoneには端末を紛失した場合など、端末の現在地を確認できる「iPhoneを探す」機能がついています。

ご自身が、また夫(妻)がiPhoneを使っている方であれば、聞いたこと見たことがあるアプリではないでしょうか。

夫(妻)のiPhoneをあけられ、こっそり設定できる状況の方、ただしアップルIDを知っていることが条件ですが、探っていた方もいます。

普段徒歩、バス、電車、タクシーなどの公共交通機関を利用するターゲットであれば、かなりの威力を発揮するはずです。

私たち探偵ではカバンの中に超小型GPSを潜ませて位置情報を得ることが最大限可能はレベルです。

ただそのような方法でも、依頼人の妻(夫)が隙を見てカバンの中に細工して忍ばせる作業が必要です。

「絶対にばれます!」と思う方がほとんどで、実現したのは何人かです。

しかし、iPhoneを探すで実地すれば、探っているのは夫(妻)が手にしているスマホです。

リスクはばれずに安全に設定できるか、、、です。

そして設定できたとして、短期間の探りであればまず大丈夫なはずです。

実際に過去”iPhoneを探す”を利用した方の事例でも、浮気しているのであれば、数週間もあれば、謎がある程度解けてきています。

一か月も見ていれば、その浮気行動はパターン化していると感じるはずです。

ただ釘をさすことを言うと、探りはここまでです。

あまりにも長い期間、検索し続けていると、様々なリスクは出てきます。ばれないうちに証拠の確保は鉄則です。

そんなiPhoneを探すで、ここまで自分で情報収集した。だから探偵に依頼した!という方の事例をいくつかあげます。


浮気調査の依頼人


浮気相手の家に行ってるな!



外泊が多くなってきた夫でした。

夫がiPhoneを使っていることから、「iPhoneを探す」の設定を寝ている隙を見て実行した妻でした。

実は端末にロックがかかっていたそうですが、それも指紋認証。

妻はちゃかり自分の指紋も認証させておいたようでセーフでした(苦笑)。

会社から帰ってくる日は帰ってくる。帰ってこない日はどこからか不明でしたが、翌日そのまま会社に行くとそんな繰り返しでした。

夫に聞いても上手い嘘ばかり言うはず。

だから放置して探ることに決めた妻。

検索すると、やはり不審な位置に出てきている夫のiPhone。

郊外の住宅地の一角だった。地図の様子だと、マンションに居ると踏んだ妻でした。

そしてその後も帰ってこない夜に検索すると、やはり同じマンション辺り。

翌朝夫のiPhoneが動き出すのもその位置からでした。

数週間、動向を探っていた妻は、「浮気相手の家に外泊している」と確信し、この後の詰めを探偵に依頼したのでした。

つまり、夫はどこの誰の部屋に泊っているのか。

浮気相手がどこの誰かは全く見当もつかないということでした。

妻はそれが一番知りたいことだったのです。


不貞の証拠を二回とって女に慰謝料請求したい!



夫の浮気をあやしんでから夫のiPhoneを見れていた妻でした。

二人のラインのやりとから、相手は同じ職場の独身女性であり、名前までわかったのです。

仕事を終えてから密会していることがわかり、会っているタイミングもわかりました。

あとはどこで何をしているのか。妻は自分で探ろうと思い、夫のiPhoneに設定。

すると、仕事終えて会って、食事して、ホテルに行っていることがわかったのです。

数ヶ月もの間、動向を探っていたなか、利用しているホテルも恒例化し、夫の勤務がある特定の日に密会しているようだと、法則的なことまでわかりました。

ただ探偵に依頼することは抵抗があった妻でしたので、夫に改心するよう突っついたり、問い詰めたり、話し合ったりと、そういう努力で自覚を促していました。

もちろん、具体的なことは言いません!言えるわけがありません。

あくまでも”そういうことはやめて欲しい”ということです。

しかし、浮気はしていないと返してくるに決まってます。彼女のことを突っついてはいましたが、同じ職場なだけでそういう関係じゃないと言い張る夫。

妻にそう言いながら、裏で浮気相手にラブメッセージを送っている。

これ以上放置していても、何も変わらない、、、

日増しにとち狂っていくような夫を見て、探偵をつける決心をしたのでした。

また浮気相手の名前がわかっても、住所までは追えない。

iPhoneでラブホテルが出ていても、浮気相手と二人だという証拠はない。もちろん、iPhoneで検索していたなんて言えるわけがありません。

探偵はいざ調査を開始。

不貞の証拠はあっさりとれ、妻ではもっとハードルが高い、浮気相手の住所を突きとめることも成功しました。

この調査の場合、夫の勤務先付近での張り込みが難しかったため、夫のiPhoneの位置情報が初動段階で助かったことは事実でした。


千葉の興信所相談員


きっぱりやめる勇気も必要です!



ただ、ひとつだけ注意して欲しいことがあります。

浮気問題が解決したらもう見ないこと、検索しないことです。

気になって気になって、ずっとこのままにしておきたい病になってしまいます。

このようなこと、長くすればするほど、ばれるリスクも高くなります。

皆さん、自分が夫の携帯スマホを探っていたことを知られたくはないはずです。

探偵つけたことは知られても、、、です。

もう一つ危惧することは、探れば探るほど身も心もむしばまれるということです。

永遠と続けるわけにはいきません。

手放す、見ない勇気も必要です。

その日が早く来るよう願っています。


探偵社長の言いたい放題|メニュー