本文へスキップ

冷静な判断ができず感情で口走る浮気妻|不倫を斬る!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

冷静な判断ができず感情で口走る浮気妻|浮気、不倫を斬る!

あまりにも短絡的、そして感情的になり、できもしないことを口走る浮気妻たち。
そんな浮気妻は二転三転、迷走し続けるものです。

浮気妻に限ったことではないけど、どこまで夢と理想を追い求めているのか。

それか、不倫相手の男の入れ知恵か?マインドコントロールされているのか?

探偵がよく見受ける浮気妻の実態を斬る!



離婚してと迫る浮気妻


職場の一人の男性に気持ちがいっているとほざいた妻

気になっている人がいる、好きな人がいるという発言。

これって世の浮気夫にも浮気妻にもいる。

自分の妻(夫)によく言ったなと呆れ「まさか!?」って思うけど、けっこういる。

本日は実際にいた浮気妻の例をあげますが、同じ職場に既婚男性がいて、その人が好きになってしまったと、ある日、妻がほざいてきたらしい。

もう気持ちがないし、夫婦も上手くいっていない。

とにかく離婚したいと言ってきた妻だったという。

そのなかで、あれやこれや言い合ううちに、実は気になっている男がいると自白したのだった。

夫はそれまで妻の浮気を確信までしていなかった。

なんか今までとは違うなと感じてはいたそうだが、まさか職場不倫していたとは、、、。

そして目の前で自白するとは。

まだ幼稚園のお子さんがいる夫婦だったし、離婚して子供はどうするのか?

相手にも奥さんや子供がいるのに、相手はどういうつもりなのか?

そこを突っついても、ただ感情的になるばかり。

もう夫婦はだめだし、今あなたに言う必要はないと強気一辺倒な妻だったそう。

後先のことなんて何も考えず、口走っているとしか思えないそうだった。

このような言い合いがしばらく続いた結果、夫は妻と子供を残して自分の実家(それほど遠くない場所)に別居することになった。

夫が会社の休みの日は、妻は夫に子供を預けて仕事に行き、夫は実家で子供と一緒に過ごす生活が始まったのです。

そこで夫はさらに気づきました、、、


不倫相手を家にいれる浮気妻


家に男が来て泊っている!

妻が仕事に行っている間は家は留守。

夫は家のカギを持っているし、それは妻も承知している。
なにも出入り禁止というわけじゃないし、妻も、「留守中に夫が入っても不思議ではない」という認識はあるはず。

それが、家に入ってみるなり、「!?」ってことがどんどん出てきたわけだ。

長い髪の毛が落ちている。

妻は茶髪だし、夫は短髪。どう見ても男の長髪っぽい髪だった。

飲み終わった缶ビールの缶が捨ててあった。

妻はお酒は飲まない。誰かが来て酒を飲んでいる形跡。妻は片したつもりだろうけど、見つけてしまった。

そしてラインは普通にやりあっていたのだが、男を泊めているだろう朝は既読にもならない。

別居して、すぐにわかったこの事実。

妻が不倫相手を家に招き入れていることは間違いないと。

そしてこの現象は夫が子供を引き取って実家に泊まっている土日の後、毎週のように目に入ってきたのだった。

その頃、妻はあれだけ突っかかってきて離婚と言ってたのが、何も言ってこない。

夫自身も、妻の不倫について言うことはせず、また妻が男を連れ込んでいることすら、気づいていないふりをしていたこともあろう。

「でもあれだけおおっぴらに足跡を残していて、わざとやってないですかね?私に対して、、、」と、夫は妻のこの緩さが不思議でならないようでした。

が、「いや本人にそういうつもりはないはずです。不倫のお花畑に浸っているので、ちゃんとしているつもりですが、できていないだけ」と、それが探偵さんの見解でしたが。


いずれにしても、ずっとこのままでよいはずがない。

相手の男はどんなつもりなのか?

まさかあっちも離婚を考えてて妻と一緒になんて思っているのか?

夫は不貞の証拠収集と、不倫相手の身元をはっきりさせたい思いで、探偵をつける決心をしたのです。


千葉の興信所相談員


妻と相手との不貞の証拠

夫は何も気づいていないふりしていたわけですし、この妻も含めほとんどの方が「探偵!?」とは現実的には思いません。

もはや二人に警戒する理由はないのです。

よって探偵らは、週をまたいで複数回の外泊の事実を捉えました。

また外泊後、不倫相手を追跡して、家も家族構成もつきとめた。

探偵の所見では、離婚する夫婦ではないとの判断だったのです。

お互いが配偶者にばれないように刺激を求めあっていたい関係。
ダブル不倫の典型例だったわけです。

が、妻が離婚したいと言ってきた言動は聞き捨てなりません。

夫からすれば本気で覚悟を決めて言っているように感じました。

ただです、夫婦がいざ衝突すると、特に女性、ましてこのような浮気妻は、感情的になり後先のことを考えずに口走ることは多々あります。

冷静に考えてものを言うことができない。

相手に妻や子供がいることはわかってても、ただそれだけのことであって、思いは私と同じなはず!と思っています。

いざとなったら、行動とれるんだから!って感じでしょうか。

ですから、後になって夫が真実をおさえて逆に離婚を本気で迫った際、たじたじになる浮気妻も意外と多いのです。

あの時の妻の勢いはどこへ行った?

そこまでの事実が掴まれていない間のあのような強気はどこへ行った?

探偵が見た限り、「あの男は、離婚しない。不倫相手(この妻のこと)をとるか、自分の家族をとるかの選択に迫られたら、絶対に家族をとる男」

そこもわかっていなく強気で口走る妻たち。

この夫は相手男性に弁護士つけて慰謝料請求という対処に入っていきました。

二人の関係はここまででしょう。

今後、夫婦をどうするかは、浮気しているほうじゃない、夫に託されます。


妻の浮気、不倫調査事例はこちらでも豊富に紹介しております。


浮気、不倫を斬る!|探偵コラムメニューへ