本文へスキップ

離婚届けにサインするは本気で離婚を決心した時だけ!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

離婚届けにサインは本気で離婚すると決心した時だけ!

役所の市民課の担当者に”夫婦それぞれの感情”や”これまでの経緯”なんてわかりませんし、どういう意味で離婚届けにサインしたかは関係ないのです。

気づかず離婚は成立、赤の他人になっていた!?

離婚届けは、夫婦どちらかが申請しても届け出の書面の記載に不備がなければ受理し離婚は成立し、赤の他人となってしまいます。

浮気問題が勃発して、離婚届けを出して議論、言い合う夫婦は意外といますが、署名捺印と早まる行動はやめましょう。




離婚を迫る浮気夫離婚を迫る浮気妻


まさか本当に離婚届けを出したとは!!



ここ最近の依頼人の方にもこういったことが起きたのですが、以前もあった事例です。

つまり妻が勝手に離婚届けを出してしまい、離婚が成立していたのです。

夫は心配で市役所に行き、離婚届不受理申出の手続きに行ったところ、すでに何日か前に妻が離婚届けを出してしまい、受理されてしまったという。

しかし妻が離婚届けを偽造。つまり夫の署名、印を勝手にしたのではなく、明らかに夫がサインしております。

それは夫も認識しており否定はしません。

が、浮気問題が勃発して、妻に離婚を迫られていたなか、夫も感情的になり、仕方なく離婚届けにサインしてしまったというのです。

「とりあえずサインしておくけど、役所へ提出するのはダメだよ。勝手に出さないで。」

つまり市役所に離婚届けを出すときは、「必ず言って欲しい。自分に確認して欲しい」と約束していたのです。

が、離婚を焦っている妻。

それからも夫との感情的な言い争いのなか、市役所に行き出してしまったわけです。

もちろん夫に何も言っておりません。

さて市役所としてはどうでしょうか。

離婚届けの記載内容に不備がなければ、受理します。
妻が一人で行っても受理します。

夫婦離婚の意思があって、署名捺印しているものとみなすわけです。

離婚届けを受理する直前に、この離婚届けにサインするまでの経緯だとか、どういうつもりで離婚届けにサインしていたか、、、

そんなことは市役所には関係ないのです。

至って事務的です。

回避策は、、、離婚の意思はないってことを事務的に市役所に伝えることのみ。

そう、事前の防御はさらに先手を打っての離婚不受理申出です!


千葉の探偵相談員



早く離婚して不倫相手と一緒になりたい一心な輩たち



だいたい離婚届けにサインするように迫ってくるのは、不倫相手と早く一緒になりたい妻(夫)なのです。

夫(妻)が署名するべき箇所に勝手に書き込んだり、印鑑を押したりするのはまずいとわかっているだろうから、とにかく上手いこと言って追い詰めるしかありません。

浮気している方から、離婚届けにサインだけして!に絶対反応してはなりません。

一度受理された離婚は取り消すとか無効にすることは大変です。

法律的な話になっていきますので端折りますが、きちんと記載してあるってことは、離婚の意思があるということなのです。

後になって気が変わった、よくよく冷静になったら、、、では通りません。

「だったら、離婚不受理届出を出してください」ということなのです。

また市役所でいくら騒いでも覆ることはありませんから、協議離婚無効確認調停を申し立てる流れになるかと思います。

(詳細は、紹介した弁護士先生にそれぞれの経緯がありますから相談していただいてます)

それと浮気問題が勃発した後、離婚届けを出してきて、相応サインしておき、保管しておく夫婦はいますが、それもやめた方がいいってことです。

いくつかのパターンが考えれますが、いずれにしても、勝手に出されるリスクはないとも限りません。

どこかに隠してても、見つけられたらアウト。

まして二人の署名、捺印は不備なくされているのです。

離婚届けを出してきて、その場の対処をすることはなくもない方法ですが、

本気で離婚する。いや、離婚するという気持ちもですが、今から市役所に離婚届けを提出してもいい!という決断をされるまで、けっして署名しないことです。

それと離婚までしたくない様子の浮気夫(妻)

浮気が初めてか二度目かは様々ですが、こんどオイタしたら離婚です!と主導権握って離婚届けに魔除けとして署名させること。またこちらも署名した。

片方が署名している場合でも、相応署名している場合とありますが。

これでこちらの本気度を知らしめたつもりだった。

やはりお勧めしません。何も書かない状態でなら別ですが。


探偵のぶっちゃけコラム|メニュー