本文へスキップ

探偵から見た浮気調査とは|教えて!探偵さん

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

探偵からみた浮気調査とは|教えて!千葉の探偵さん

 探偵は浮気調査をどうみているのか、探偵からの視点の調査とは?など調査を相談されるあなたもにもぜひ知っていただきたい情報を明かします。

 千葉の探偵MKリサーチが相談者のために、探偵からみた浮気調査はどうなのかよくある質問なども交えながら解説していきます。

 ≪探偵調査員が一番に掲げている目的は?≫

 依頼者が探偵に浮気調査を頼む一番の目的って当然のこと「確たる浮気の証拠」「本当の真実」を収集してもらうためであることは言うまでもありません。

 では探偵が調査の現場で常に一番に掲げて考えていることは何でしょうか?

 それは最高の場面をいいショットで撮影することです。

 とにかく、対象者と不倫相手がツーショットでいる生の映像、写真を撮りまくること、それが第一なのです。

 ものすごく単純明快な説明なのですが、依頼者が欲しい写真や映像を高品質でわかり易く提出してくれる探偵が腕のいい探偵なのです。

 よって、探偵は浮気調査において尾行や張り込みが目的ではありませんし、いくら上手に尾行しても張り込んでいても、それは調査の過程に過ぎず、尾行張り込みが大変であっても容易であっても依頼者には関係のないことなのです。

 すべては写真や映像という依頼者が目で見ることのできる結果を出せなければ意味はありません。

 つまり、対象者と不倫相手をちゃんと最後まで追けられたのかではなく、いいショットの高画質でちゃんと最後まで撮影できたのか。

 それは浮気の決定的なものなのかそれに尽きます。

 
お分かりでしょうか。探偵は浮気調査で常に撮影するカメラマン根性で現場に入っているわけです。

 動く被写体を遠方からも照度の低い暗い現場でも臨機応変に撮影し、それを証拠として提出することが探偵の商品なのです。

「ちゃんと撮れましたか?」「きちっと撮れてますか?」依頼者は常にこの文句を発するべきでしょう。

 探偵は調査中、対象者と浮気相手が一緒に行動している際、「キスしてくれ」「腕を組んでくれ」「肩を寄り添ってくれ」「さあ、ラブホテルへ行け〜」などと、念じていることは確かであり(少なくとも弊社の探偵は)、一瞬の二人の親密度を表現できる動きなどを常に狙っているのです。

 一瞬のキスなど意外や年配の対象者でもします(お酒入って堂々とキスする年配の対象者もいますが)。

 常にシャッターチャンスを狙っている探偵であるから捉えられるのです。


 浮気調査で探偵に一番必要とされる力とは追尾撮影能力であるのです。


 ≪探偵の浮気調査ってどうやっているのか≫

 
探偵は依頼者から出来る限りの情報をお聞きします。

 対象者の行動パターンだとか、不倫相手は知っているのか、知っているのならどこまで把握しているのかとか。また、浮気に関する今までの経緯とかなど。

 それらの情報をお聞きし分析した上で、プロとしての視点で効率よく(いかに調査の料金をおさえるかも考え)調査を行っていくか協議します。

 ですから事前情報は非常に大切です。


 よって、浮気調査において探偵は事前の準備を万全にして、先に調べておくべきと判断したことは先行して調査したりしてから調査の現場にかかります。


 調査はただ尾行するのではなく、対象者と不倫相手の動きを予測したり裏をかいたりするなどして頭も使って望んでいくわけです。

 調査において尾行はぜず、周到に事前に調べた情報から待ち伏せに徹する場合だってあります。

 また、相談者から「おたくは浮気調査は何人でやるの?」とよく聞かれます。

 おおかた調査員2名(車両1〜2台)で行ないます。

 弊社の考えですが、浮気調査は男女探偵で組んで行うほうが上手くいく場合が多いと思えます。

 ホテルやら飲食店などぎりぎりまで対象者と不倫相手を撮影し続けるには、男女探偵でカモフラージュすることがベストで警戒されにくく、浮気調査ではそのような場面は多く出てきます。同様な見解である探偵社も多いと思います。

 なお、探偵は一般人に溶け込んで依頼者がご指定した対象者や不倫相手を追うわけですから、誰が見ても「探偵!?」なんて見えない人員で現場を行っていることは言うまでもありません。

 よって、19歳の女子大生風が実はカメラ仕込んで追いかけていたり、60歳の婦人が勘ぐっていたり・・・対象者と不倫相手にとっては、「まさか?探偵だったとは・・・」と聞こえてきます。

 要するに探偵の調査はカモフラージュ、演技をし続けることによって成功するのです。


 ≪探偵の浮気調査って難しいの?≫

 浮気調査の難易度は様々です。

 調査現場、対象者と不倫相手の交通手段やら警戒度など考慮しなくてはいけません。


 それと対象者の警戒度の高低によって調査の難易度は変わってきますし、かなり難しい調査も出てきます。


 弊社としての持論なのですが、調査は実際に浮気相談を受けた探偵が必ずその現場に入ることが調査を成功させる近道であると述べてきました。 

 全てを文書か口頭で伝えられただけの探偵調査員が調査を行うということは必ず弊害が出てくるのではないかと考えています。

 長年現場に携わってきた経験上、依頼者からの生の声や情報を聞いているのと伝わっていないのでは、結果に対して違いがでやすいでしょう。

 確かに基本情報だけ聞いて、淡々と調査を行い、淡々と結果が出る案件もありましょう。

 しかし、たかが浮気調査ってあなどってはいけません。調査は変なところで落とし穴も待っているのです。

 たったひとつの情報を知っているか(要するに正確に現場に伝わってちゃんと理解しているか)、知らないかで、大きく結果に反映されることは多々あります。

 過去に複数回、探偵に依頼したことがある方や、探偵の調査報告書を多々見てきた弁護士、司法書士の先生などから、探偵者によって写真の結果のレベルの違いは耳にしてきています。


 要するに、浮気調査で起きる探偵の力の差なんですが、どうしてそれほど結果の違いが生じるのか解説していますので参照ください。


 営業相談員が聞いて、現場をまる投げして成功し続けるほど現場は容易ではないものと回答しております。


 
≪浮気調査の需要ってどうなんですか?≫

 相談者にはたまに質問されます。

 「探偵さんに浮気調査を頼む人って多いの?」と。

 弊社探偵相談員は、「弊社の浮気調査は千葉、茨城の地方、それと東京に居住される相談者ばかりなのですが、相談数は減りません。

 本当にいつになってもふって湧いて問題が出てきます。仕方ないのでしょう、この世には男女しかいないのですから。

 千葉や茨城のこんな限られた地域だけでも、調査の相談は多いのですから、広い範囲でみたらすごいことになるんでしょうか。」

 昔より便利な時代になり自分で調査を実践している方も多いのですが、壁に突き当たって、最後は探偵に相談される方が多いのは事実です。


 その具体的な例を 自分で浮気調査|証拠撮影がうまくいかない/探偵との差で解説しておりますのでご覧ください。


 また近年夫の不倫調査ばかりでなく、妻や彼女の不倫調査などの相談も増加傾向であることも時代の流れでしょう。

 浮気調査って警察も立ち入らない、弁護士がするわけでもない、自身や知人らで行なっても動かぬ証拠が撮れない方が多いなど、探偵・興信所の独占場なのです。

 よって、浮気調査の潜在的な需要は今後とも減らない(実際に依頼されるかどうかは別として)と確信しております。

 また探偵としては、機材に力を入れ、スタッフの教育に力を入れ、技術をもった複数の男女探偵で行なう人員体制がしっかりしており、調査の相談から終結まで一貫として自社で完結している探偵社、探偵事務所だけが生き残っていくのではと思えてなりません。


 探偵に浮気調査を相談されるなら実績と信頼あるMKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

浮気調査を相談されるならMKリサーチへ