本文へスキップ

浮気、不倫の慰謝料請求で有利な証拠をとる探偵MKリサーチ

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気、不倫の慰謝料|探偵・興信所MKリサーチ/千葉・東京

 浮気した夫(妻)や、浮気相手からどれくらいの慰謝料がとれるのか?

 相談者がとても気にされることのひとつが浮気(不倫)の慰謝料。

 一般に公表されているデータと実際の弊所の実例を交えながら解説しますので浮気、不倫の慰謝料の相場として参考にしてください。

 浮気の慰謝料について浮気調査専門のMKリサーチがわかりやすく解説します。証拠を得て慰謝料請求を考えている方はぜひ参考にしてください。


慰謝料請求を考える依頼者
浮気の慰謝料とは


 
まず最初に、浮気の慰謝料の意味を確認しましょう。

 原因を作った配偶者が(又は浮気相手が)精神的な苦痛を被った相手配偶者に対して支払わなければならない損害賠償のことを指します。

 要するに浮気の慰謝料とは「浮気によって精神的な苦痛を被った代償」だと理解してください。

 浮気、不倫いわゆる不貞行為による慰謝料は、婚姻中お互い貞操の義務があるのにも関わらず一方が不貞をして精神的苦痛を被ったり、離婚した場合に、夫や妻の不倫や不貞による精神的苦痛や離婚などによる生活の変化とその精神的な苦痛に対して慰謝料の請求が行われるのです。


浮気の慰謝料の算定の仕組みはどうなっているのですか


 
浮気、不倫の慰謝料を請求する場合、その原因を作った有責者である夫、妻や婚約者、そして夫、妻の浮気不倫相手に対して行うことができます。

 浮気、不倫の慰謝料請求は、適法な証拠があれば認められやすく、算定額も他の原因による算定額より一般的に金額が大きいようです。

 よって、婚姻破綻原因で相手が不貞行為をしているのであれば、浮気・不倫の証拠を確保した方が、慰謝料の金額の算定には非常に有利となります。

 また離婚をしなくても浮気の慰謝料請求は可能ですが、その請求期限(時効)は浮気(不貞)行為を知ってから3年間です。
 
 ただし婚姻関係がすでに破綻していた場合(例えば長期間別居している)などは、浮気の慰謝料請求はできません。

 夫婦が同居している場合でも浮気した方の言い分として、「すでに破綻していた・・・」と主張されるケースはあるようですが、裁判では同居している夫婦の場合には婚姻関係の破綻はほとんど認められていません。


不倫している夫と未婚女性
浮気の慰謝料はどのぐらいの金額を請求できるのですか


 
浮気の慰謝料の金額が法律で決められているわけではありません。

 したがって、どれぐらいの金額を請求するかは、相手が認めるかどうかは別ですが、非常識な金額でなければ原則いくら請求しようとも自由です。

 浮気の慰謝料の算出は、夫婦の年齢や婚姻歴、子どもの数、不貞の頻度や個々の離婚の経緯・相手の経済力や有責度により算出されています。

 下記に参考資料として、千葉県弁護士会が出している「慰謝料算定の実務」からご紹介します。

 婚姻関係の破綻に至った責任の程度と、婚姻年数から慰謝料の金額を算定したものですが、実際の現実からはかけ離れているようにも感じます。

 あくまでも参考資料です。


 責任/婚姻期間    〜1年 〜3年 〜10年 〜20年 20年〜
 軽い 100万 200万 300万 400万 500万
 普通 200万 300万 500万 600万 800万
 重い 300万 500万 700万 900万 1000万


不倫の慰謝料説明する探偵


浮気の慰謝料の実際の実例をご紹介します


 
弊所が過去に実際にお受けした依頼人様が、どれくらいの慰謝料がとれたのか、不倫相手に対する慰謝料の金額実例を主に紹介します

 どんな浮気だったか(悪質度)、そしてどんな浮気相手だったかによって様々なのです。

 一般的な事例から、びっくりするような高額慰謝料、そしてまさかの低い慰謝料事例まで紹介していきます。


 ・そんな高額な慰謝料払う義務はない!と弁護士つけて反論してきた夫の不倫相手。


 さて、どのような浮気に対して、妻がとった対処、そしてその決着額は?


 ・妻の浮気相手から高額慰謝料とった夫。慰謝料は相手の地位、立場でも変わるものです。


 もちろん、言い訳のできない不貞の証拠があったことも要因ですが、不倫相手次第だとあらためて感じさせる事例です。


 ・浮気の慰謝料を分割払いでなく一括払いを要求した妻 


 夫の不倫相手と弁護士を挟んだ交渉の末、どう決まったのか。


 ・2度慰謝料を支払った不倫相手 


 弁護士に依頼して不倫相手に慰謝料を100万円支払わせた妻。お金の出どころは夫だったかもしれない。

 にもかかわらず水面下で続いていた二人。妻は探偵つけて事実をつかんだのですがその後の行動はいかに。


 ・浮気の再発、再々発と2度の慰謝料を不倫相手に支払わせた妻。


 ここまでの経緯はいかに。またその再々発の金額は!?


 ・不倫相手との裁判、控訴審までいった結果とは


 「不貞はない、謝罪もしたくない」を貫いていた不倫相手の女性。

 妻の弁護士の頑張りで、満額回答で決着したにもかかわらず控訴した不倫相手との事例です。


 以下は実際の実例ですが弊所でお受けしたものではありません。


 
≪配偶者(夫や妻)に対する慰謝料≫

 *有責者の経済力や不倫期間によっても前後しますことご了承ください。慰謝料の金額を保証するデーターではあり ません。
 
○夫が不倫をしていながら妻に離婚を求めたケース。婚姻期間は7年。子どもはいない。
 慰謝料 ⇒ 200万

○夫が浮気相手と同棲しておきながら妻に離婚を求めたケース。婚姻期間21年。子どもはすでに成人。
 慰謝料 ⇒ 800万

○妻の不倫が原因で夫婦関係は破綻し離婚したが、夫にも一定の責任を求めたケース。婚姻期間4年。子ども二人。
 慰謝料 ⇒ 150万

○夫が10年間不倫してきた。また妻に暴力もふるっていたケース。婚姻期間13年。子ども1人。
 慰謝料 ⇒ 600万


≪浮気相手に対する慰謝料≫

 *夫婦が離婚に至ったのか、どちらが不倫に積極的だったのかなど浮気相手に対する有責度、不倫の期間や程度、経済力や様々な事情が考慮されますことをご了承ください。

○夫はすでに不倫相手とは別れて、現在婚姻関係は修復の途中。当時の浮気は夫が主導的であった。

 よって浮気相手の有責度はそれほど重くないと判断されたケース
 慰謝料 ⇒  50万

○夫が浮気相手と同棲する至った。妻が受けた精神的な苦痛は莫大なものであった。
 慰謝料 ⇒ 150万

○妻が不倫して家を出て行った。そして浮気相手の男性と頻繁に接触、半同棲している。

 夫婦間はその前から家庭内別居、性的な生活もここ3年いっさいなかったケース。
 慰謝料 ⇒ 100万

○婚姻関係は16年。夫婦は同居している。妻が数年不倫していたケース。
 慰謝料 ⇒ 100万

○夫と不倫相手はもう20年近い関係である。そしてついに不倫相手と同棲を始めたケース。
 慰謝料 ⇒ 300万


 
あくまでも参考例としてご紹介しましたが、裁判上の一般的な浮気の慰謝料の相場は、夫や妻(配偶者)に対しては、離婚の場合50万円〜300万円くらいが多いようです。

 また、浮気相手に対する慰謝料は、離婚しない場合、数十万円から200万円程度が多く、離婚する場合は150万円から300万円が多いようです。


 浮気の証拠をとり納得いく慰謝料請求をするならMKリサーチへご相談ください
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

浮気の慰謝料請求に有利な証拠はMKリサーチ