本文へスキップ

浮気の証拠を低料金でとる探偵・興信所はMKリサーチ。

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気の証拠とは|探偵・興信所MKリサーチ/千葉・茨城

 浮気の証拠とは何を指すのでしょうか?探偵・興信所に調査をご相談される前に、この「浮気の証拠」として何が必要なのかをご理解してください。

 ご相談者が声をそろえて指摘されるのが「不貞の証拠」「動かぬ証拠」「言い逃れのできない証拠」です。

 ではそのような証拠とはどのようなものなのか、しっかりとご理解してください。


浮気の証拠を説明する探偵


浮気の証拠とは、継続的な親密な関係を立証できる事実です


 
浮気の証拠では肉体関係(要するに不貞行為)があること、肉体関係があると推測される事実があることを立証できる証拠が必要となります。

 よって、浮気の証拠とは、客観的に誰が見ても不倫相手と親密な関係があるという写真(写真が主です)、映像が必要となるのです。

 ご相談者からよくお聞きするのですが、不倫相手とのメールや電話のやり取りの事実を知り肉体関係があることは明らかであっても、それはひとつの状況証拠であり、証拠としての切り札とはなりません。

 つまり、不倫相手と継続して会っている行動の事実を写真と文書で克明に記載された調査報告書が必要となります。

 また、その不倫相手と会っている事実とは、一回限りではない、たまたまではない、継続的な関係があるといえる証拠が必須条件なのです。


 一枚の証拠写真(映像)で浮気を立証できないのでしょうか?という相談者もたまにおられますが、解説しています。


 それは、日にちをはさんで複数回にわたり接触する浮気を探偵が証拠として写真(画像)でおさえることがもっとも有効です。

 調査によって、浮気の証拠を得たからこそ、ご相談者が握っている状況証拠が生きてくるのです。


 そして特に浮気の証拠が決定的切り札となって効果を発する方はこんな方です。


不貞行為の証拠


不貞行為の証拠として有効なのは


 
ホテルに入ったり出たりする場面をとった写真があげられます。

 特にラブホテル、モーテルはたとえ一回でも不貞の事実は認められることが多い(離婚まで認めらることとは別)ので、その他、ご相談者が握っている状況証拠の中で、二人の関係が過去から続いてきたものであることを立証できるもの、例えば過去のメールのコピーや実際にとった写真などあれば有効です。

 しかし、たとえ一度のホテルの証拠であっても、相手が全てを認めてくれ、過去からの浮気の経緯まで白状した事実を保全していれば大丈夫でしょうが、簡単な相手ではない、かつ状況証拠はない、まして離婚まで考えているというご相談者の場合には、引き続き調査を継続し、継続的な親密な関係の証拠をとることが必要とされます。 
 
 いま、自白というフレーズを言いましたが、自白は浮気の証拠として有効な場合もあります。


 詳しくは自白、白状は証拠になるかをご参照ください。


 またシティホテルを利用した場合は浮気の証拠として有効でしょうか。

 実はラブホテルと違いシティホテルの場合では、浮気の証拠として立証するためにはある程度の証拠が必要となります。


 シティホテルで浮気|証拠はどこまで必要かをご参照ください。 


 浮気相手と仲良く食事をしている、手を繋いで歩いている、肩を抱いている、車内でキスをしているなど、ホテルの出入り以外にも写真があれば有力な浮気の証拠となります。


 ただ浮気調査ではよくあるのですが、部屋は部屋でもカラオケボックスに入った場合、「不貞行為に及んでいるはずです。不貞は認められないのですか?」

 白か黒かで言えば、白であることは受け止めてください。


 カラオケボックスで不貞は認められるかで解説しております。


 またホテルは行かなくて、不倫相手の部屋に出入りしているという事例も多いでしょう。

 その場合、「肉体関係があると立証することはできないのでは」とご質問される方、反対に「不倫相手の部屋に一回でも行ったらもうアウトでしょ!」と言い切る方いらっしゃいます。

 答えは両方とも×です。

 もし不倫相手の部屋に出入り(外泊も含む)しているのであれば、他の証拠がどれだけあるかによりますが、複数回の出入りの場面をとることによって、不貞行為があるものと推測される場合もありますが、不貞を認められるハードルは高いでしょう。


 不倫相手の部屋での浮気は決定的な証拠かを参照してください。


 また不貞の証拠収集を興信所に依頼するタイミングも重要なポイントとなりますのでご参照ください。


 それと相手を認めさせるために不貞の証拠を何としても欲しい方は多いものです。もちろん探偵に依頼するのですから当然です。

 しかし、不貞の証拠とは到底言えないレベルの証拠でも、今までの状況、相手次第では相手が認めれば立派な不倫の証拠です。そのような事例もあります。


千葉の興信所相談員


 
車中での不貞行為の映像は決定的!


 
千葉や茨城の地方や東京、神奈川の郊外でも車内で不貞行為に及ぶ二人も少なくありません。

 探偵の調査現場としてはわりと遭遇するものです。
 人けのない場所、さらに真っ暗な場所に駐車させた車両内での行為そのものを撮影できれば、決定的な不貞の証拠と言えます。

 ただ、不貞行為に及んでいても、現場の状況により証拠撮影がなかなかできない場合もありますし、探偵社の調査力(適切な機材力)如何で、撮れなかったという事例もよく耳にします。

 不倫調査という現場としては、普通にあり得るパターンであり、ホテルに行くわけでもなく、車両内ばかりで接触をしているのであれば、車内で不貞行為に及んでいる可能性は大ですから、決定的な証拠を捉える大チャンスです。

 どこまで踏み込んだ証拠撮影ができるかは探偵社次第ですが、車中での不貞行為そのものは、浮気の証拠としては動かぬ事実であり、探偵も依頼人も見る中で一番生々しいリアルな証拠ではないでしょうか。


 車中不倫の不貞行為映像は決定的な証拠も参考にしてください。


肉体関係を否定されても、証明ができなくても、度が過ぎた交際は浮気の証拠として有効です


 
探偵・興信所MKリサーチでもよくご相談されるケースなのですが、「夫が浮気相手と不貞行為(浮気、不倫)している確たる証拠は得られなかった。でも、夫の様子とか行動から推測して浮気していないことはないんです・・・これ以上手はないのですか?」と。

 あきらめないでください。あなたが依頼した探偵・興信所の証拠。あなた自身が持つ状況証拠・・・再点検です。

 度が過ぎた交際は浮気の証拠として認められた判例は存在します。

 MKリサーチで実際にお世話したお客様の事例ですが、夫はある女性のお店(飲み屋でも、カラオケスナックでも、喫茶店でも)の常連。

 他に男性客も多い。酔って帰れなくてその女性の店の2階(自宅兼店)に泊ってしまうこともあった。

 他の男性客もたまに帰れなくて泊ったり、夫を含め皆でマージャンしたり、気さくな性格の女性は自然とみんなを受け入れていた様子。

 しかし、妻は夫の様子を見ると、どうも夫とは親密な関係ではないのかという疑惑が出て、探偵に調査を依頼したのでした。

 その前に夫に「もう外泊やめて!彼女のお店に行くことを控えて欲しい」と頼んでいたのです。
夫は「なんらやましいことはない。」と言い切ってばかり。

 彼女にも一度会って「たとえ複数であっても夫との交際はしないで欲しい」と言いに行ったりもしたそうです。

 1週間の浮気調査で、毎日夫はそのお店に行き、4日間その店の2階の女性宅に外泊したのでしたが、2回は他の男性も一緒に泊っていた様子でした。

 しかし2回は夫しか泊ってなく、非常にあやしものの微妙な結果だったのです。
 とくに二人で外出はしておりません。また、女性の家には高校生の息子が一人同居しております。

 2夜だけ泊めてもらい、それがホテルではなく相手の家。家には息子さんも居る。部屋は4部屋はあるでしょう。同じ部屋で寝た証拠もありません。

 しかし、夫が朝までその家の中に居たことは事実です。朝女性宅から出て行く夫に笑顔で手を振っている女性の写真だってあります・・・明らかにあやしいのです。

 妻は再度、「やっぱ夫だけ泊っているではないか!もう別れてください」と言いに行ったそうです。

 浮気相手の女性は、「お客さんの一人よ!何らおかしなことはしていません!うちには息子だっているんですよ」と上から目線で反論したそうでした。

 妻は、他の常連客の男性から、「おたくの夫は頻繁に泊っている。気をつけたほうがいい」という証言も得ていたときでした。

 それから、妻はこの二人の関係のせいで精神的な苦痛を被り、夫婦関係が破たんすることとなったのです。


 結果的に、「このような妻に精神的な苦痛を被らせるほどの言動、無軌道ともいえる生活の中に夫を引き入れ、それも度重なって外泊させている頻度が多かった」ことが重要な要素として考慮され,浮気相手の女性に対して慰謝料請求が認められたのです。


 MKリサーチでは、ご相談者のケースに応じて最も有効である浮気の証拠をとるようきっと期待に応えます。

 問題の解決の第一歩は、「浮気の証拠」を得る・真実を知る・本当のことを知ることです。

 もう一人で悩み苦しまないで勇気をだしてお電話ください。

 
浮気の証拠とはどこまで必要かをきちんと理解して、証拠撮りをご自身で挑む方も少なくはありません。そのような事例も最近多いのですが、みなさんの結果はどうでしょうか。

 実際に、ご自身である程度のところまで事実をつきとめてから、最後の最後に探偵・興信所に証拠撮影を具体的に依頼されてくる方の中には、探偵に依頼されるまで奮闘されたり、数々の失敗はあったようです。


 浮気の証拠撮影を依頼してくる相談者たちを解説しております。


 浮気調査のご相談なら浮気の証拠を確実にとる探偵MKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

浮気の証拠収集の探偵・興信所|千葉・茨城