本文へスキップ

弁護士が不倫相手の職場に電話する?|探偵コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

弁護士が不倫相手の職場に電話する!?|探偵コラム

弁護士は不倫相手の職場や携帯電話に電話なんてするのか!?と聞かれたが、答えは「ぜんぜんしますって!」(苦笑)なのだ。

思い当たる節のある人もいるだろう。
千葉の探偵社長のぶっちゃけコラム。

弁護士をたてた不倫相手千葉の離婚弁護士


弁護士から電話があった!

これは特段珍しい事ではない。

弊所で知っている弁護士だって普通に電話しているし、依頼者の夫の不貞相手方の女性の居住住所を知りたいために、不倫相手の職場がわかっていたので、電話して本人を出させて”住所聞き出した”くらいだから。

法的処置を進めるにあたって、やはり相手方の居住住所地は明らかにしておくべきだからだ。

身分も弁護士を堂々名乗って聞き出しているわけだが、答えてしまう相手も意外といるという。

弁護士には答えなければならないと思っている人も多いようだ。

また、夫の不倫相手が弁護士をたててくるケースも少なくない。

妻が慰謝料請求したとたん、弁護士をたててきて反論してくる始末。

ゼロ回答ではないが、かなり減額した冗談みたいな慰謝料額しか払えない(払う義務はない)と抗戦してくる。

中には、不貞の事実はないとか、継続した関係なのは明白なのに、一回の不貞の証拠だけしかないから、「不貞はそれ一回だ!」と嘘ついてきたり、すでに二人で暮らしている(転がり込んでいる)のに、不倫の関係ではないなどと、言い逃れしてくる相手も多いのだ。それも弁護士をつけて。

以前そんなように弁護士をつけてきた不倫相手の女性がいて、その弁護士が依頼人の妻の夫(この女性と不倫していた)の携帯電話に電話してきたケースだってある。


不倫相手が弁護士をたててきた!事例でも紹介。


「**さん(この浮気夫のこと)にも大きな非(過失)がありますよね?それは真摯に認めてください。で、**さんの奥さんが**さんに(自分が弁護している不倫相手の女性)、ずいぶんな慰謝料を請求していますが、それは法外です。**さんの方からも奥さんに納得してもらうよう共同不法行為の一人として説得してください!」と、そのような内容だったとか。

つまり、奥さんを黙らせろと言っているのだ。

その微々たる慰謝料額が妥当なんだからそれで手を打つようよろしくとのことだ。

まともに電話で相手の弁護士と話してしまった夫は、「弁護士から電話がかかってきた!」と大騒ぎだったとかで、まるで警察から電話がかかっていきたも同然だったとか。

とにかく、このように時と場合によっては、文書ではなくがちに弁護士から電話があることもあって、弁護士によっては、巧みにちゃんと答えるのが義務(法律)だ!という空気を漂わせている先生もいるものだ。

まあ一般の方にとっては、弁護士にあまり縁はない人は多いし、弁護士は捜査権限を持っていると勘違いしている人もいるから、いきなり電話があれば動揺してしゃべってしまうのだろうか。


探偵社長のぶっちゃけコラム|メニューへ