本文へスキップ

ICレコーダー、GPSで探り続けて辛くない?

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

GPS、ICレコーダー、スマホ見て探り続け、辛くない?

探り続けるのは自分をも追い詰めているのです。
浮気の証拠を掴めないとその探りはずっと続きます。

自分で浮気調査のツールも多種多様、便利な時代となり、自分で探る妻(夫)は少なくありません。

でも決定的な不貞の証拠といえるところまで掴めるのでしょうか?



自分で探った浮気調査依頼人


探偵が浮気調査の相談者に対して、年々増加傾向にあるのだなあ〜って感じることが常日頃あります。

それは夫(妻)の携帯電話、今はスマホのほうが多いのだが、それをこっそりと見れているというケース。

見られている夫(妻)も、まさか妻(夫)が見ているとは思ってはいないのだろう。本当にお粗末極まりない行動です。

(もちろん、依頼者にとっても探偵にとっても有力な情報が入るので良いことだが)

また、ボイスレコーダーを夫の車の中に仕込んで探っているというケースもここ1年非常に多く耳にしてきましたが、リアルに二人の音声が録音されているため、場合によっては結構きわどい音声を拾ってしまうこともあり、再生して聞く妻(夫)も精神的に苦痛であることは間違いありません。

さらに、GPS端末を仕込んでの位置検索については、位置情報だけしかわからないが、浮気夫の行動が瞬時に把握できるため、結構利用して自分で探っていた相談者も多いのです。

で、探偵は何を言いたいのかというと、

スマホでの携帯メールとかラインを見続けること。

浮気夫(妻)の車の中に、ボイスレコーダーを忍ばせること、

浮気夫(妻)の車にGPS端末を仕込むこと


これをし続けることは、探り続けているあなたの心身を傷つけていく。

要するにある時点で、やめる勇気、決断が必要であるということです。


そのタイミングは浮気している夫、妻に切り出す時期であり、探偵に浮気調査を依頼していたのであれば、確たる不倫の証拠を得て、相手に対して行動に移す時期でしょう。

知らぬが仏という言葉もあります。

ここでそんなことわざを言うのも恐縮ですが、リアルに不倫の二人の会話の声を聞いたり、メールのやりとりの内容を見たことによって、確かにどんな会い方、どんな浮気の仕方か把握はできましょう。

しかし、それを聞けば聞くほどに・・・
見れば見るほどに・・・

見た妻(夫)の心をずたずたに切り込んでいっているのではないだろうか。そう思えてなりません。


探偵も、今までに実際にicレコーダーに録音されている不倫の二人の音声とか、送受信メールとか見せていただいてきましたが、ほんとびっくりする内容もあります。

もちろん、浮気動画とか、携帯で不倫相手の下半身の写真を浮気夫に送信された画像だって見たこともあります(大汗)

配偶者である妻、夫のほうは探偵の数倍もしんどいに決まっているはず。

だって、自分の夫、妻なのですから



不貞の証拠をとる探偵


もちろん、探偵に浮気調査を依頼して早く解決したいとせつに願っているのはみな一緒だと思います。

だから探偵は、妻(夫)が目にしたくもない、耳にしたくもないものを、これ以上見続けないよう、聞き続けないよう何とか楽にしてあげたいと思うのです。

もう一度言います。

本当に浮気している二人の生のやりとりをリアルに見る、聞くことって本当に辛いって思う。

見なかったほうが、聞かなかったほうがまだ幸せだったかもしれない。

本当に知らぬが仏ではないだろうか・・・。

「完璧にロックしておけよな!」と言いたいくらい。

一度見ると、人間どうしてもリスクを負いながらもまた見たいものです。

ましてそれが夫の浮気、妻の浮気であればなおさらだろうし、見たい気持ちはよくわかります。


でもリスク冒してGPSやICレコーダーを設置したり、スマホを盗み見をしていたら、いつかばれて終わりなんていう現実も起こりえます。

だから探偵はこう思う。

やるなら、短期決戦だと!いつかはばれるから。

自分で探ってある程度浮気の確証を得たら、プロの探偵に相談した方が賢明です!


そうでもしなければ、いつまでたっても自分で探り続ける人になり、
それはあなたの心身を痛め続けていくことになります。

どんなに痛くても、ショックを受けても、
またその探りを繰り返してしまうものだから・・・


不倫の証拠をとる探偵


最後にもう一言つけ加えておきますが、「浮気の証拠が欲しい」とか、「相手に不倫を認めさせる証拠が欲しい」とか言いますが、この浮気調査専門サイトでも解説していますように、それは不貞の証拠です。

配偶者意外と、つまり浮気相手と不貞行為に及んでいると推認できる事実です。

一般的には写真とか映像で立証します。

もちろん不貞行為の自白も書面に書かせた証拠でも十分です。

でも不貞まで自白するか?書くか?です。

親密な相手がいることすら認めない、煙に巻く夫(妻)の方が圧倒的多数なのです。

まず認めないでしょうね、、、って思いますよね。

だから自分でリスクを冒して探ったわけですが、現実、不貞の証拠を得るハードルはまず一般の方は難しいと理解してください。

その手前まで運よく収集できた方も稀にいますが、欲しいのは不貞の証拠です、必要なのは不貞行為といえる証拠なのです。

それを得るには探偵すら探偵なりにリスクを冒して収集するレベルなのです。

一般の方が容易く収集できるものではないのです。

であれば、自分で探ってきた情報を探偵に提供し、まとめてもらうべきです。

そして探偵が不貞の証拠といえる事実を掴んだら、きっぱりと自分調査からは撤退してください。

でなければ抜けられなくなります、、、。


浮気、不倫を斬る!|探偵コラムメニューへ