本文へスキップ

妻とは避妊するが不倫相手とはしない浮気夫|探偵コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

妻とは避妊するが浮気相手とは避妊しない夫|探偵コラム

 浮気相手との不貞行為では避妊しないが、妻との夫婦の営みでは避妊する夫。

 これはいったいなぜか!?そんな浮気夫の頭の中を斬る!

興信所サイト見る千葉の妻


ではその理由を探偵が斬ります。

探偵が思うに、妻に対してちゃんと避妊するのは、妻に対して、家族に対しての責任があるからなんだと思う。

浮気して態度や言動は以前に比べ、酷くなっても、妻は戸籍上の配偶者で切るに切れない相手。

はたや不倫相手は生活にスパイスを与えてくれる癒しの相手。いざとなったら切れる相手。

無意識にそんな区分けも頭の隅っこにある。

夫婦の間で、お子さんはもうこれ以上増えることは望まない。なのに間違って妊娠してしまったら大変だからだ。

おろすおろさないで妻ともめることは嫌だろうし、きっと産むだろうという展開を予想してしまう。

ということは扶養家族が一人増えてしまうわけだし、いろいろな意味で夫も大変になってくる。

要するに被害が自分の身にも降りかかってくるからだ。そこはちゃんと計算できる頭はあるのだ。

「でも、妻より浮気相手が妊娠しちゃった方がまずくないですか?」

と道徳のある人は言うでしょうか。

そこが違うんですこんな夫の思考回路というものは。

浮気相手が妊娠しようが構わないと思って避妊しないでいるのではないだろうが、結局不倫って快楽を追求するもの、妻や家庭で満たされない心身を体の関係で癒し癒される関係なのだ。

浮気相手が、「大丈夫だから」とシグナル送っている場合も多いのだろうが、強引に避妊せず「大丈夫だ、安心しろ」と突っ走る浮気夫だっている(汗)

それは浮気相手のことを結局気づかっていない。大切にしていないそのもの。

おそらく浮気夫の思考回路は、「妊娠したらおろせばいい」とかまで思ってはいないだろうし、勢いで何も考えず本能のまま乗っかっているんだろう。

相手は他人。ただの浮気相手。アバンチュールの対象にすぎないからだ。

だから目一杯楽しみたい。

で、浮気相手が妊娠しちゃって「さあ〜困ったどうしよう」とかいう展開になる。

だから、妻とはしっかり避妊するのは、「妻を大事にしているからだ」はよく言い過ぎだが、
妻が妊娠でもしちゃったら、妊娠中の妻の健康への気遣いやら、自分の家庭での分担負担増やら、費用負担やら、まして扶養家族が増えて・・・大変。

極論言えば、いい加減な浮気夫ということでいいでしょう。

探偵ははっきりと言います。不倫はぜったいに女性が損します。

性的な要求を満たしたいのは男も女でも一緒でありましょうが、そのリスクはやはり女性のほうが大きいです。

快楽、アバンチュールだけを求めている浮気夫でも、もちろん食事やらデートのオプションはありましょう。

が、結局は不倫相手には体の関係を求めているし、妻とは離婚しないけど、そうやって好きに浮気している夫状態なのだ。


妻と浮気相手の違いを言う相談員


体の関係で繋がっているだけの不倫なのに、「そういうケースばかりではないのに」と言われる方もいる。

しかし、そういうことを言うのは不倫女たちのほうが断然多い。

多分、不倫女たちもわかっているようで彼(浮気夫のこと)の脳みそなんて理解できるわけがないのです。

不倫は二人の間でも嘘があるわけで、本音と建て前が介在するのは当然。

不倫女にも建て前とか嘘はあるはず。

もしメンタルな部分の繋がりを言うならば、「歪んだ恋愛ごっこ」と探偵さんは言いますが、その果ての結果が望まない妊娠だった。

浮気夫の立場からすれば、体の癒しをまず求めたい相手(女性)であること、世の不倫女さんたちは自覚されたほうがいいでしょう。


不倫についてこんなのも言えることですが、奥さんと離婚してくれない不倫の彼も参考にしてください。



浮気不倫を斬る|探偵コラムメニュー