本文へスキップ

浮気相手よくある反論|こんな不倫相手は許せない!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不倫相手のよくある反論|浮気相手を知る必要性

 夫(妻)の不倫相手に電話した、乗り込んだ方、もしくは慰謝料請求した、提訴した方、そのとき受けた相手からの反論。

 その内容、傾向は似通っているものですが、よくある反論ランキングです。

 不倫相手のよくある反論の中身は何でしょう。それが調査を依頼するきっかけになったとも言います。

 心当たりのある方は、皆同じなんだなと感じるでしょうし、これから行動を起こそうと考えている方はぜひ参考にしてください。


不倫相手に慰謝料請求する妻


不貞行為はありません!


 不倫相手に対して直接慰謝料請求をしたり、弁護士に依頼して慰謝料請求をする方もいます。

 また、慰謝料請求をするしないにかかわらず、不倫相手に会って話しをされた方も少なくありません。

 明らかに不貞行為があるといえる証拠なのに、「不貞行為はありません」と反論してくる相手は多いものです。

 あくまでも弊所の相談事例ですが、この”不貞行為までない”フレーズは、全国共通に一番多いこと間違いないでしょう。

 もちろん、不貞行為を立証しなければらぬ立場の妻(夫)が、言い逃れされても仕方ない程度の証拠で行動を起こしたことが原因である場合が多いのですが、探偵調査によって得た証拠に対しても”不貞行為までありませんでした!”と反論してくる相手もいるわけです。

 よって、裁判にもなりそうな相手の場合、ぐうの音も出ない十分な証拠は必要ですのでご注意ください。


夫婦は破たんしていたと聞いていましたが


 
もしくは、「そちらのご夫婦は離婚すると聞いておりましたが」もあります」。

 まさか不倫相手からこんな言葉を耳にするとは驚きです。

 これは浮気している夫(妻)が、事あるごとに、ささやいていたわけです。 
 これは浮気夫が発する常套文句としてもベスト3以内には入ります。

 夫婦が破たんしていると認められるハードルは高いものです。

 別居しているわけでもない、会話もしている、まして妻(夫)は夫婦を続けたい気持ちです。

 夫婦破たんしていたから浮気でないというごもっともな理屈は不倫を正当化し、自分は悪くないと言っているようなものです。

 「俺は悪くはない」という言葉は多いのですが、妻に対して主張する夫は多いものです。

 夫婦の状況をお聞きしますと、その程度で破たんが認められるわけがないケーズばかりです。

 またこの言葉、不倫相手から言い返されること、よくある事例です。

不貞はないと反論した不倫女


夫婦の問題、私には関係ないことです!


 
不倫相手の女性に多い反論ですが、「ご主人の意思で選択してでのこと。ご夫婦で解決してください」と、まるで当事者でない相手もいます。

 不倫相手に直接電話したり、会って話した場合、よくある相手方の常套文句です。

 この言葉を発した不倫相手の多くは、夫婦での解決を待つかのようにも感じますが、その場その状況から逃げているだけのことで、ばれてもくぎをさされても終わることはありません。

 なかには、「おたくのご主人はなんと言っていたんですか!?」と放った女性もいましたが、反省の意、態度すら見せない相手だから、妻の怒りはより増幅されるものです。


 こんな不倫相手は許せないランキングも参考にしてください。


 いかがでしょうか、弊所の依頼人様、相談者様のケースからの統計ですが、傾向はそれほど変わらないと思います。


 その他、「奥さんがいるとは知らなかった」と言う不倫相手の反論も、不倫相手に慰謝料請求をされる奥様方は想像されるかと思いますが、ネットで書かれているほど、世間で耳にするほど多くないのが実情と感じます。


 不倫相手の調査へ