本文へスキップ

不倫相手が強気!|浮気、不倫を斬る!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不倫相手が強気!|浮気、不倫を斬る!

「俺が責任とる」
いきがって強気な妻の不倫相手の男はけっこう存在しますけど、それは無理ってもの。
離婚を承諾していないし、それにあなた、上手い事ばっか言ってこのまま逃げるのか?

妻の浮気がばれて、妻のスマホから男に電話したら、、、

本気だ!俺が責任取る!と、ほざいた。

いやいや、とらなくてけっこう、あなたにそれは無理って話。戯言ですか?

と思えば、逆に責任とらしたいんだけど、なんで責任をとる必要あるの?って空気読めてない不倫女もいるしで、この世の不倫者たちはとち狂っている方ばかり。



妻と別れない浮気相手


妻と一緒になりたい不倫相手の男が責任取るだと!?



世の浮気妻たちが男と出会うきっかけも様々ですが、20代の後半の浮気妻がいました。

ある時期から帰りが遅くなったりして、電話してもとらない、ライン送っても既読にならないと、夫はかなりあやしんだわけです。

妻を突っつても、職場の人とご飯していたとか、友人とカラオケ行ってたから気がつかなかっただとか、よくある言い訳をほざいてたそうです。

そのうち、妻が「離婚して欲しい」とか言い出してきて、小さなお子さんがいたのですが、妻が引き取って出て行くとまで言いだした。

もう荷物をまとめて出て行く勢いだったのです。

夫は「間違いなく男だな!」と確信したので、妻の身の回りをちょこっと探ってみた。

すると出た出たあやしいラブレターが。

妻の不倫を決定づけた瞬間だったのです。

「いまどきラブレターか!?」とお思いでしょうが、こんな恋文は珍しくないんです。

書きたいんでしょう。

書いてよこす不倫女も不倫男にも、探偵さんはいっぱい遭遇してきましたし、読ませていただいてきましたから驚きません(苦笑)。

ラインとかメールより、重みがある。説得力がある。

「俺の(私の)この気持ちを伝えたい。」感があるわけです。


ならば、最後までちゃんと書け!

つまり氏名、住所だってちゃんと書きゃ〜いいのに(千原せいじ口調)って探偵さんはいつも思うんですが、ほとんどの恋文に記載がない。

おおかた、下の名前だけなのです。名前って名字も下も漢字ですべて書いて”氏名”っていえるんですがね。

だからほとんどの方は、「下の名前だけわかっています。漢字?いやぁ、ひらがなです」と言われるから調べることになる。

まあそれはいいとして、結局、そんな恋文を見てしまったわけだから、夫は妻を問い詰めたわけです。

すると妻は結局白状した。

離婚したい原因が、さんざん「僕との性格不一致」的なことで責めてきていた妻でしたが、男がいるとわかった以上、自白して御免だけでは夫も許せません

すぐさま男に電話した!妻のスマホからリダイヤル攻撃。

すると当然男は電話にでた。

が、彼女(この浮気妻)の旦那とわかったのに、なぜか強気、無駄に強気な男だったと。

夫、「おまえどういうつもりだ!?遊びか?」

男、「本気だ!」

夫、「まだ小さな子供もいる、家のローンだって、車の月賦だって残ってる!それにまだ離婚していないんだぞ!」

男、「俺が責任取る。子供も面倒も見る!ローン?それはわからん。いずれにしても**(嫁を呼び捨て)と子供のことは俺が責任取る!」

いやいや、とらなくていいし。

なんだいこの強気発言な男。

この不倫相手の男、まったく空気が読めてない。

常識からいえば、「お前、アホか!?」じゃないですか。

どうもこの男も20代の青い独身男。それも親と同居しているおぼっちゃん。

なんと嫁は男の家に出入りしてたと自白した。男もそこはノー否定。

つまり男の親も公認だったということだ。
親にはうまい事言っていたんだろうし、どうにでも言えるからね。

しかし実際こういったケースも多いんです。

親がいる家に上がり込んでいる二人。

親としては息子(娘)にやっといい人ができたって思っているんでしょう。

いい人どころじゃない、大嘘つきの悪人ですよ。

妻が離婚と騒いで荷物まとめていたのも、男の実家に転がり込むはずだったわけで、寸前で制止できて何よりだった。

男は男で子供連れて家にやってくる彼女(浮気妻のこと)を待ち焦がれていたところ、まさかのばれ。

ということは、、、、

ばれなかったら、男も貝の口だったわけだ。




夫の強気の不倫相手


一転して離婚を取り下げてきた妻だけど!



それに「男、無駄に熱いね、強気だね」と思いましょうか。

しかし夫が電話したり(会いに行ったりした)際、そういう態度の男はけっこういるものです。

さて浮気妻もさらに強気で離婚を言ってきたのだろうか、、、。

不倫を隠し通して離婚にもっていきたかったのが誤算でした。

なんと、この浮気妻、無駄に熱い男とは真逆で寝返った。

それはそうです、「離婚したいのであれば、そんな嫁に親権渡すわけにはいかない。責任とるって言ってるけど、不倫の慰謝料もがっつりとるぞ。それでいいならお前一人で、出て行ってくれ!」と。

返す言葉もない妻。

妻の男があれだけのこと無駄に強気でべらべら言うもんだから、二人で不倫を認めたようなもの!

まして子供連れて、男の家に入るつもりだったわけだから。

もうやめる。もう会わない。彼とはこれっきりにする。

だから離婚はしたくない。子供たちと一緒にやっていきたい。

結局、そっちに転換したわけでした。

もちろん夫は信じることはできない。

だから、念のため誓約書を書かせたわけですが、今度浮気したら問答無用離婚、そして妻の親権放棄も記載させた。

さて、果たして、あれだけ責任とると強気で、探偵さんから言わせれば、それが”無責任の塊みたいだな”に見えてしょうがない男。

それにあれだけ夫の悪口、性格の不一致を突っついてきて離婚して!と言いたい放題だったけど、見事に寝返った浮気妻

ほんと、どうだか?って話なんです。


浮気調査専門の探偵相談員


これでよし!と何もしなかったら水面下ですぞ!



これで完全に別れると信用してはなりません。

夢物語で終わった感がある二人ですが、これで諦める不倫相手の男もあまりいません。

これじゃあ言いたいことだけ言わせて、そのまんま同様ですから。

男にとっては、願いが実現しなかったけど、一番ばれたくない人に電話でちゃちゃ入れられただけですから、痛くもないわけです。

この関係が壊れることが痛い、不安ではある。

まして自宅の住所まで知られていないケースがほとんど。

まして嫁。こんな浮気妻って苦しま紛れで、危機を回避するために、夫の言う通りにしただけのこと。

やはり最後まで、男の氏名、住所は口を割らなかった。

これも皆そうなんです。

約束したから、書面に書かせたから絶対に別れるってものじゃないのです!

夫のほうとしては更なる対処をしないと、水面下は間違いない。

こんな無駄に責任とると言ってきた男はてんで信用ならないことも心してください。

というか、男に対しては、話が途中で終わってそのまんま。

浮気妻が急にお利口さんになって終結させたようなもの(汗)。



で、ついでに付け加えておきますが、責任取ってほしい、負わせたいんだけど、最後まで責任回避するのが不倫女たち。

彼女らは、嫌がっている(離婚したがっている)彼(浮気夫)を自由にしてあげればを裏でさんざんほざいている。

なかには妻に直接言ってくる不倫女もいるくらい。

だからと言って、どうこうしてくれるわけじゃない。

あれだけ強気なのが、結局追い詰められたら逃げる、消えるとたちが悪い。

責任は俺がとる!って担架切る男も、ほんと意味不明だけど、

言いたいことだけ言ってなんで私が責任とらなければならないの?を地でいって逃げまくる不倫女も意味不明。

ほんとこんな輩たちは最後まできっちりケジメをつけないと終わりませんよ。


浮気、不倫を斬る!|メニュー