本文へスキップ

不倫が終わらない原因は女だった!?|浮気、不倫を斬る!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不倫が終わらない原因は女だった!?|探偵コラム

夫と不倫相手が別れない、終わらない原因って夫のせいなのか!?
いや、相手の女が原因だった!?もあるのです。
あなたのケースはいかに、、、。

だから不倫が終わらない、また再発したり、終わったとみせかけて水面下。

そういう女だったから終わらない、既婚であれ、独身であれ関係ありません。

探偵もよく遭遇するそういう女は増加中です!



夫と別れない不倫相手



一度ばれても浮気して、そしてまた(二度目)ばれてどんどん往生際が悪くなっていく



不倫の過失、、、夫の不倫であれば男である夫、浮気妻であれば、独身である相手の男。

つまり男性のほうが断然悪い、非があると説明された方もいるでしょう。

不倫に至るとっかかりは、男が押すから成り立つってことで、夫の浮気は断然夫が悪い!という見解です。

が、様々な事例に遭遇してきますと、そうとも言い切れない、とっかかりは相手の女、なかなか切れないのも相手の女が原因だった。
あり得ることなのです。

始まりも不倫女が原因、そして別れないのも不倫女が原因っていう最悪なケースもありますが、いずれにしても、浮気している夫(男)も当然非があることは認識してください。

不倫は二人で成り立つものですから、二人とも責任の重さは大であることは免れません。それを前提としてでの話です。


さて、ついに不倫がばれました。

一度ばれて、まだこそこそしててまたばれた。

こんなパターンがもはや普通なくらい、一回ばれてまた浮気して、二回目にどう対処するか!?

そこが山であって、”勝負どころなのかなあ”ってのが探偵さんの持論です。

つまり一度目、どこまでばれているかは様々ですが、その時の夫婦の間でのお約束事なんて、すぐに破られるってことなのです。

仮に相手の女に釘刺しても一緒です、一度目は。

また夫の浮気相手に慰謝料を請求して決着がついた。すでに一括で支払われたとか、分割で支払われている方もいましょう。

でもそれは一度目の対処ですから、厳密に言うと、これも油断なりません。

だから二度目はもう少し手荒な、一歩も二歩も突っ込んだ対処した(する)はず。

さて、問題はここから、、、



別れを切り出している浮気夫同じ職場の既婚の浮気相手



夫は家族を選択する方向に傾いているのに女が、、、



不倫って男ががんがん押す、引っ張るものだと思ってはなりません。

もちろん全体の比率からすれば、男のほうががんがんに、ぎんぎんに、引っ張りが強い、その確率が高いことは確かだけど。

ただ、妻にばれて、それもおおかた2度目あたりからが多いのですが、妻もそれなりの荒対処を前回よりか行っているはずなので、夫ももう潮時かなと思うわけです。

妻に究極の行動をとられたり、究極の選択を迫られたりしているわけですから。

ですからとにかくこんな浮気夫もけっこういます。

「やはり俺が選択するのは家族だと、、、」って自覚し始める浮気夫。

当然、不倫していたときから、「離婚なんてするはずがないし、そういうつもりじゃない。また、彼女だってそうだろうし、すべて壊して一緒になることはありえない。」

ということは、お互い(もしくは片一方)の刺激欲しさに関係を続けているわけですが、最初はそれだけの関係のつもりであっても、一緒になることを想像してしまうほどとち狂っていく二人もいますから注意は必要です。

そしてそんななか、不倫女のほうが引き下がらない、どんどん階段を上がっていき、諦めがつかない状態に陥るケースって意外とあるものです。

これは二度目のほうがかなりそうだと思えるのですが、

先ほども言いましたが、「自分は家族を選択する」という浮気夫(不倫女にとっては彼)の決断に対して、不倫女が横やりを入れてくるわけです。

「納得がいかない」
「私は諦められない」

会うことをためらっている浮気夫に対して、「一度会ってちゃんと話がしたい」という不倫女のメールとかライン。

探偵さんは幾度となく見たことか。

中には、史上最大に往生際が悪いよねっていうくらいの不倫女すらいます。

浮気夫に遠回しにでもストレートにでもどっちでもいいですが、もう別れたほうがいいを言われているわけです。

が、女のほうは、往生際が悪い。

もはや自身が不倫している日陰の女の立ち位置だということを忘れているかのようです。

だから、一回会って欲しいとか、誘ってくる女。

「会ってちゃんと話がしたい」としつこいわけで、空気読みなさい、ちゃんと言っているじゃん って話なのですが、懲りない女です。

基本優しい夫、また優柔不断な夫であれば、また不倫女に流されるリスクは大です。

「そこまで俺のことを思ってくれている。」

「邪険にはできないよなぁ。」

こう思わせたら女のペースにまたはまったも同然です。

浮気夫は、「やっぱり家族が大事」という選択を確かにしたのですが、不倫女の押しにまた落とされたのです。

また三度目のばれる時が来るでしょう。



千葉の探偵相談員




根源を絶たないと終わりません。”根源!?”って不倫女ですよ



浮気夫が守ってくれているからどうにでもなる。

夫婦がどうなろうと、私には関係ないこと。

そんな頭があるわけですから、ほんと始末が悪いものです。

もうこの手の不倫女であれば、いくら自分の夫に言っても、約束させても無駄です。

相当に自覚できる浮気夫でなければ、なかなか終わりません。

既婚であっても、最近そういう不倫女さんが増加中なのも事実で、二度目三度目なんて珍しくありません。

もう一度言います。

釘をさした程度では根源は絶てません。

そしてもう一言。

キーマンは、夫じゃなく、ふてぶてしいあの不倫女だったのです!

相談者の浮気がどのような状態か、探偵が状況を察知できるのは、数多くの不倫、そして不倫の二人の果ての姿まで見てきたからです。



浮気、不倫を斬るコラム|メニューへ