本文へスキップ

証拠写真を撮りに自分で現場に行くのはやめましょう

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

証拠写真をとりに自分で現場に行くのはやめましょう

「浮気現場を把握できているからビデオとか写真を撮ってこようと思ってます」と野心を抱く相談者もおられます。

 当サイトでは探偵に依頼する前にご自身で探れることは探りましょうとお伝えしてますが、ご自身で最前線である浮気現場にまで接近することは、過去の事例上、おやめになったほうが賢明です。その理由を解説します。


証拠を撮る千葉のスタッフ

 証拠写真、証拠映像くらいは自分で撮れるという思い込みは捨てましょう

 ご自身で、また仲間の協力のうえ、密会の証拠を撮ろうとしている方(すでに行ってみた方)は意外といるようです。

 当サイトでも、探偵に依頼する前に自分でできる探りは行ったほうが賢明ですと、携帯電話やスマホ、パソコンなどをこっそり見たり、車内にICレコーダーを仕込んだり、GPSを設置したりとするなど参考事例をあげてます。

 最初はばれないかと冷や冷やされて実践していたものの、段々と慣れてくる方も多く、またそれなりに夫(妻)の動向が把握できてくるものです。
 そして明らかに浮気行動だと確信できる場合もあり、その行動パターンが読めてきたり、不倫相手との接触の現場まで把握できてくることもあります。

 となると、「あとは証拠写真をとるだけ!」とか、「どこの誰と接触しているのか」など、最終的な詰めを残すのみとなります。
 問題はここからです。

 ここまでご自身で情報を得てきたわけです。ICレコーダーの会話も、GPSの履歴も、はたまたラインでのやりとりを写真にまで撮っておきました。

 この段階で弁護士に相談に行かれる方も多いようです。が、決定的な証拠写真があったほうが良いと促されるのが常なのです。
 弁護士相談をされた後、さらなる決定打が必要だと認識した方は、ここまでご自分で探って情報を得てきたから、
 「証拠写真くらい自分たちで撮れるのではないか」とも思えてしまう方もいるもの。

 もちろん、弁護士に相談されることもなく、ご自身で不貞の証拠といえる決定打が必要と自覚され、「自分で撮りにいってみよう」と考えるかたもいます。
 なかには友人、知人、肉親が協力してくれる場合もあるからチャレンジしてみようと考えます。

ご自身で現場に向かい映像(写真)を撮る。
自分以外の人に現場に行ってもらって映像(写真)を撮る。


 やはり上手くいかないケース(つまり証拠といえる結果には程遠かった)が多いばかりか、夫(妻)もしくは不倫相手にあやしまれた、ばれてしまったなどという結果に陥ることは多々あります。

 たかが証拠どり、写真撮影、動画撮影だと軽んじてはなりません。
 実践される前に想像するのと、実際に現場に近づいて行ってみるのとでは雲泥の差があるものです。

 理由は簡単です。
 想定外な状況だった現場を目の当たりにするからです。
 またご自身の顔が割れているハンディも大きいものですし、第三者に行ってもらうにしても、「ぜんぜん映せなかった」と帰ってくる方、撮った結果を帰ってから見て、その完成度のなさを痛感されることが多いようです。

 まだ撮れなかったと残念がるだけでは良いのですが、撮れないわ、あやしまれたわ、最悪ばれたかも・・・と、そんな結果に陥った相談者もけっこうおられます。
 ばれたら、プロの探偵ですらその後の証拠どりの難易度は高くなるものです。

 とにかく、自宅だけとか現場以外で、浮気夫(妻)の動向を探ることまでにしておくべきです。もし、自宅で探っていたことが夫(妻)にあやしまれたり、例えばれたとしても、まだ大丈夫な場合が多いものです。

 しかし、リアルに浮気現場に、あなたがいたのを認識された。あなた以外の第三者がいて、おかしな行動(待ち伏せ、張り込み、尾行、撮影)を認識されたら、もう完全にアウトです。
 逆の立場になって考えてみたらそう思いませんか?
 その後の証拠どりが不可能になるほど警戒され、そこからプロにさせても手間取ることは目に見えてます。
 
 
証拠どりはプロの探偵に任せよう|コラムでもその理由を詳しく解説しておりますので、ご参照ください。

 夫(妻)の浮気行動を探偵に依頼する前に自分で探ることのメリットをお伝えしておりますが、カメラを持って現場にまで行きましょうとはまったく奨励しておりませんのでご注意ください。

 確かな証拠写真が欲しいならMKリサーチへご相談ください
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

不倫調査専門|千葉・東京・茨城MKリサーチ