本文へスキップ

GPSで浮気行動を探る|探偵に依頼する前に

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

GPSで浮気動向を探る|探偵依頼する前に自分で調査

車を利用している夫(妻)の車両にGPSを取り付けて浮気動向の情報を掴みたい!
ありか、なしか!?事例を交えて解説します。

GPSをレンタルして自分で浮気行動を探る方は近年増加傾向です。

この方法については、弊所の考えとしては、自分で探ってみたければ否定しないし、いい情報が掴める確率のほうが高いかもしれません。

問題はどこまで自分でするか!?です。


○○○○○○○○イメージ
GPS調査はわかりやすい浮気行動の場合は効果あり!

ネットでもGPSをレンタルする業者、また探偵社も見受けられます。

実際、MKリサーチに浮気調査を相談に来られた方のなかにも、「GPSをレンタルして探りました」という方は少なくありません。

なかには、面談時に「今もまだ付いています」と言う相談者もいましたし、依頼人のGPSが付いたまま調査に入ったこともあります。(依頼人のGPSを使用したことはいっさいありません)。

私たち探偵が聞いても、確かに浮気行動の的確な情報を得られた方は多いので、GPSを浮気夫(妻)の車両に設置して探ることは効果的な方法と言えます。

GPSで探っていくと、浮気行動もパターン化していることもあり、

「またこの駐車場で待ち合わせしているな」

「この公園でまた会っているようだな」

「いつもそこに停まったまま。住宅地だし、きっと不倫相手の家がそこら辺なんでしょう」

「だいたい、%$&で待ち合わせて、&#&というホテルに行くことが多いです。」

はっきり言って、探偵が浮気調査で情報を掴むのと同じです。

つまり地図上で先に知りえた。把握したということです。

長い期間、監視し続ければ、曜日とか時間帯も規則性があると感じる場合もあります。

ですから、探偵に依頼するタイミングでは、調査日や時間帯までかなり絞り込んで依頼できるパターンになるかもしれません。

わかりやすい浮気行動をする夫(妻)と私たちは言っているのですが、そのようなターゲットの場合は、GPSを借りて付けて効果はあったということです。


○○○○○○○○イメージ
GPSをつけても一線を越えない、わからない場合はいくら続けてもわかりません

このようにGPSを設置して、その設置した対象車両で行動してくれた場合、ただ地図上で足取りを追っているだけで、浮気行動を把握できるわけです。
GPSをつけているリスクは高いものですが、ばれない限り、妻(夫)が自分で探るいい方法であることは否めません。

ただ、この方法で探った場合、「ここまでで止めておく!」と線引きをすることは大切です。

「ここまででGPSで探るのは止めておく(やめる)」は以下のことです。

〇GPSを設置して動向を掴む期間を設定し、むやみに延長しないことです!

これにはいくつかの原因があります。

なかなか浮気行動と確信できる動きがみられない。だからレンタルであれば、延長して借りて付けている。

浮気行動と確信できる動きを捉えた!引き続き気になるから見続けたい。

自分でGPSで探って効果が見られないのは、違う行動をしている可能性もあります。つまりわかりにくい浮気行動をしているためです。
これも様々な理由があるのですが、相談時にこれまでの経緯を聞けば、すぐに原因はわかります。


〇GPSでわかった現場に乗り込まない。また、ビデオカメラなどを持って証拠撮影をしようと野心を抱かないことです!

不倫現場に乗り込むのはこのタイミングではありません。

それと自分で証拠撮影を試みた方もいますが、ことごとく失敗しております。暗くて映せなかった。ピンボケした。あと、現場でどこでどうやって撮ったらよいかわからなかったので撮れなかったなどです。

ある程度のところまでわかったなら、無理をせず止める。
GPSを付けたけどわからないという結果であれば、止めるという線引きは必要です。



○○○○○○○○イメージ
GPSで自分で探った方はこのタイミングで探偵へ

浮気行動といえる動きをキャッチできた方でGPSレンタルしていた場合、さらに延長して調べる事は不要です。証拠どりは探偵に依頼しようと考えていたのであれば、このタイミングが依頼時です。

またご自身で所持している携帯電話とかGPS機器の場合、返却の必要はありませんが、ばれないようにしてください(撤去した方がいいですよと促しても付けている方が多いようです)

また、GPSを設置したけど、「いまいちよくわからなかった」、「こちらの車両で浮気していないようだ」などの場合、GPSで簡単にわかる浮気ではなかったということです。

これも様々な原因があります。浮気の仕方も一緒くたではなく、バリエーションは多々あります。

例えば、浮気相手の車両に乗り換えている。
駅前のパーキングに駐車して電車移動している。
浮気するときは、家から車で出かけない。
根本的に浮気調査の方法を見直さねばなりません。
もはや一般の方で解明できるレベルではありませんので、探偵に相談するタイミングです。

このようにGPSで浮気を探る方法は、浮気の仕方によっては絶大なる効果を発揮しますが、役に立たない場合は、ただの機械で終わりますので念頭においてください。

最後に大切なことなので繰り返し言いますが、

ある程度動向がわかったら、止めて、探偵に依頼してください!
くれぐれも現場をおさえる、証拠撮影するという野心は控えたほうが賢明です。