本文へスキップ

ぐうの音も出ない証拠があったから不倫を認めた夫|お客様の声

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

ぐうの音もでない証拠があったから認めた夫|お客様の声

「探偵さんには感謝しております。あそこまでの証拠があったから、あの夫が初めて土下座して観念しました!」

千葉市の50代の妻からです。外面は良いが家ではモラハラ俺様浮気夫でした。

どんなに浮気を問い詰めても、「どんな証拠があって言うのか。そんなに疑うんだったら、証拠持ってこい!」

ほんと妻にとってはこ憎たらしい夫だったのですが(苦笑)。



ラブホテルの不貞の証拠不貞を立証できる証拠写真


 妻が得た証拠は最後まで伏せておきたかった

「証拠ならあるよ!ほらっ、これ何よ!」って何度も喉から声が出かかったという千葉市の50代の主婦からの依頼でした。

趣味のサークルで知り合った女性と不倫していた夫。

何度か夫を問い詰めてみたものの、「サークル内での付き合いだけだ。おまえの想像のし過ぎだ」と、妻を被害妄想扱い、煙に巻くばかり。

それでも妻は夫を問い詰めたところ、

「じゃあ俺がその女性と不倫している証拠でも見せてみろ!あるなら出せって!」と反撃してきたという。

ほんと憎たらしいったらありゃしない。

言ってやりたくて仕方なかったけど、何とか堪えたそうでした。

妻が握っている証拠とは、夫の身の回り品、つまり手帳とか携帯電話、パソコンから知り得た情報(材料)。
そして不倫相手の女性からの手紙だった。

携帯電話はタイミングがよくないと見れなかったそうだが、何度かメールのやりとりを見れたことがあったという。

夫の手帳には、不倫相手と会った日、会う予定の日に印がついていた。

パソコンは不倫相手と行く場所を検索している履歴が残っているのでばればれだった。

また不倫相手からの手紙とは、夫に手渡しされた一枚の便箋を発見。

楽しいひとときをありがとう、これからもよろしくみたいな内容だったそう。

これだけの確証があった。でもさすがに、それらを「見た!」とは言えない。

言ってしまったらもう探ることは無理。

そればかりか、いくら夫婦といえども、勝手に無断でカバンの中、手帳、そして携帯電話まで盗み見していたことは相当に突っつかれるだろう。

この夫のことだ、どんなに責められるか。

やはりこの妻も、「その部分についてはさすがに私も気が引けます。最後まで伏せておきたいです。」というお気持ちでした。

実は多くの方はそう思うものです。

仮にそれらを見た!それが確たる証拠、事実じゃないか!って担架切ったところでも、皆さまは想像もつかないでしょうが、夫によっては、さらに煙に巻く場合は多いものです。

決定的だと思っても、決定的ではなかった。

まだ逃げられるスキを与えられる証拠だということです。

つまり不貞行為まである関係かを争点としていますから。

また弁護士に相談したところでも、「決定的とは言えません。できれば実際に二人が会っているそれなりの証拠写真があったほうがいい」と促されるようです。

やはり不貞行為があるといえる不倫の証拠が必要だと弁護士も探偵も捉えます。

何とか堪えた妻は、決定的な証拠を掴むために探偵さんのとこに依頼されてきたのでした。


千葉市の興信所相談員


 探偵さんがとったラブホテルの決定的な証拠に観念した夫

「あそこまでの証拠じゃなかったら夫はさらに言い逃れしたかもしれません。」

というお声をいただきました。

妻は我慢ならなくて、夫に探偵の証拠を叩きつけてしまったのです。(お勧めする対処ではありませんが)

夫はしばらくじ〜っと証拠写真を見続けていたそう。

「きっとまた何か言い訳でも言ってくるんだろう」と構えていたところ、調査報告書を置いて、「すまなかった」と謝ってきたというのです。

「あの謝ったことすらない夫が、何も言ってこなかったんです」と。

ただ、私たちとしてはプレミアムがつくような仕事をしたわけではありません。

都心でのラブホテルでは基本、フロントまで追尾してぎりぎりまで撮影をするのですが、時期をあけて2回、ラブホテルに入った後のフロントでの様子まで鮮明に写しただけです。

もちろん、待ち合わせからその他の行動、飲食店とか様々な行動の証拠は捉えておりますが、妻が言うには、「もしラブホテルの建物に入ったところまでの写真だったら、旦那のことですから、言い逃れしたと思います。そういう男なんです・・・」と。

「でも探偵さんが出してくれた証拠は違った。

スケベ面した夫がフロントで女と仲良く部屋を決め、お金払って、鍵をもらってエレベーターに入っていった。もう完璧じゃないですか。

これぞ、うちの夫にはぐうの音も出ない証拠でした。

ほんとありがとうございます。」

ただ最後に言っておられましたが、「土下座して謝って認めても、イコール彼女と終わるとは限りませんよね・・・引き続き注意していきます。」

探偵さん、「・・・・(汗)」

ほんとよくわかっている奥様でした。


お客様の声へ