本文へスキップ

夫は部屋を借りたのか?|探偵に依頼した理由とは

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

夫は部屋を借りたのか|探偵に依頼した理由とは

「主人は部屋を借りているかもしれません・・・」と言われる依頼者の方は少なくありません。

 いったい水面下で何が起きているか、よくある事例をあげて解説します。

 離婚を迫る夫。

 だが妻は離婚理由に納得がいかないばかりか、夫の不倫を確信している。

 そんななか、「家を出たい」、「家を出る」と言ってきた。なかには帰ってこなくなるケースもある。

 「主人は部屋を借りているかもしれません。」と言われる依頼者の方は少なくありません。

 いったい水面下で何が起きているか、よくある事例をあげて解説します。


探偵に依頼したい千葉の妻不倫部屋を借りた夫

 

 不倫の証拠も欲しいけど、部屋を借りているかの事実も知りたい


 弊所が今までの経緯から現在の状況をお聞きすると、「夫は家を出ていくと言っています」とか、「もうすぐ家を出ていく気配がしてなりません」と言われる依頼者はけっこういます。

 ほぼ皆様が夫の不倫を確信しており、状況証拠まで手にしている方もいれば、不倫相手が誰かまで把握している方もいます。

 しかし、多くの依頼者は、「主人のこれからのでかたが読めません」、「旦那はいったい何を考えているか見えてきません」と言います。

 ですから依頼者の妻としては、水面下でどこまで行動を起こしてるか、部屋を借りたかどうかまで気になるのは当然なことです。

 そのような疑惑のなかで、やはり決め手となるものを発見してしまうケースもあります。

 ○夫のカバンの中にマンション、アパートの部屋のものと思える鍵が入っていた。今までに見たことがない鍵だった。

 ○夫の手帳に不動産との文字が書いてあった。「不動産に行ったに違いない」と確信した。

 いかがでしょうか。不動産情報誌、マンションアパートの間取り図を見つけた例もあります。

 しかしこのような場合、本当に部屋を借りたのか、まだ検討中なのかはわかりませんが、すでに家を出ていく行動をとっているものと容易に判断できます。

 さらにはっきりしたケースですと、とうのご主人の口から、「部屋を借りた。*日に出て行くから」と言った事例もあるのですが、多くは住所などは教えません。

 まれなケースですとご主人のカバンの中にマンションの賃貸契約書まで見つけてしまったケースもあるくらいです。

 貸りた先がすべてわかり、入居可能日までわかってしまったのです。


不倫相手とマンションで密会

 
 離婚を今まで以上に強く迫り、出ていくと言っている旦那さんがいる方からのご依頼は増加傾向です


 今までも様子を見てきたのですが、やはり未だに不倫の事実はひた隠しです。

 何もなかったかのように離婚を企てる夫。

 「もっと早く頼んでおけばよかった」とも言います。

 しかし焦らないでください。ラストスパートをかけてきた相手です。

 証拠はきっと掴みやすいに違いありません。

 「とにかく離婚に至るならば、それ相当な慰謝料、財産分与を決めなければ納得いきません。」と離婚も覚悟している依頼者も多い。

 けれども、「不倫を隠して有利に離婚したい魂胆がみえみえです」と、不倫する夫に怒りでいっぱいの依頼者も少なくありません。

 今までの事例から言っても、出て行かれる前に真実を掴むことが大切であると思えます。

 もちろん出て行った後のほうが、調査効率からみれば良い場合も多いでしょう。

 しかしその後の対処を施す際には、出ていく前に何とかしたいものです。

 ただし、真実を掴み妻が行動を起こしてから、それに逆切れしたりで、家を出ていく夫もいますが、不利になる行動を率先して行っているようなものです。

 また、生活費をまったくいれなくなる場合もあります。そうしたらすぐに家裁に申し立てをするべきですが、これも不利な行動を自らとっているも同然です。

 しかし真実を知ったあなたが、さらに逆上して、「出て行け」、「好きにしなさい」と言い捨てたい気持ちもあるでしょうが、そこは耐え忍んで、

 この真実(証拠)をもとに納得がいく解決がされるまで、離婚はしない、別居もしない

 そんな毅然とした態度でいた方がよいと思えてなりません。

 ただ、調停や裁判が長引いて、身の危険を感じたり、精神的苦痛で耐えがたいため、別居を自分の方からされる方もいます。

 それは致し方ないことですので、身内や信頼のおける方がいればよく相談しながら実践してください。

 探偵に依頼した理由とはに戻る。


 不倫部屋を借りたかどうか疑惑があればMKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42