本文へスキップ

探偵は見た!|驚きの浮気、不倫現場の数々

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

報告書、証拠写真サンプルの目のつけどころ|面談ポイント

 事務所に訪問したり、所定の場所で相談員と面談する際、念のためチェックしておきたいポイントがあります。

 ”実際の調査で作成された過去の証拠写真付き報告書”です。

 これこそ依頼者が支払った費用の対価です。

 探偵・興信所にとっては依頼人に提供する商品なのですが、証拠写真だけに目がいってませんか?


千葉担当の興信所相談員 
探偵社が公開する報告書、写真サンプルは本物か

 サイト内で実際の証拠写真サンプル、報告書サンプルを掲載している会社、事務所はありますし、面談される際に証拠写真付き報告書サンプルを見せてくれる社もあります。

 ”それは本物か?”
 ”自作自演ではないか?”

 などと疑問を抱く方もいるようですが、それは考え過ぎで、100%と保証はできませんが、過去実際に現場が行われた際の報告書、証拠写真と言ってよいでしょう。
 
 ただ実際に行われた事例であるものの、開示するにあたって、探偵・興信所として比較的上手くいった(上手く撮影できた)部類の報告書、つまりレベルで言えば、良く撮れている部類の報告書の写真サンプルを公表するはずです。

 もちろん、どのような商売でも、完成度が高いものをお客様にお見せするでしょうから、「上手くいかなかった、奇麗に撮れなかったサンプルを見たい」と思ってもそれも現実的ではありません。

 サイト内で報告書、証拠写真のサンプルが掲載されている社でも、面談の際に現物に目を通すことは必要ですが、サイト内に掲載されていない場合、面談される前に、「実際の証拠写真付き報告書は見せてくれますね?」と、確認しておくことは必要です。

 念を押しておくことによって、事務所以外で面談する場合でも持ってきて見せてくれるはずです。

 その際、何かと理由を言い、見せてくれなかったら要注意です。

 報告書サンプルを見せてくれない探偵社、興信所が絶対にダメだと言っているわけでありません。

 相談者(依頼者)に開示しない姿勢が問題だということで、”開示できない何かがあるのか”と思われても仕方ありません。

 やはり、報告書サンプルは堂々開示して”弊社の報告書と証拠写真はこうです!”という姿勢の感じる探偵社、興信所を選びましょう。


興信所の報告書を解説するスタッフ  報告書サンプルのココをチェック!

 まず念頭に置きたいのは、探偵社、興信所としては良質サンプルを見せるだろうし、サイト内に掲載しているはず。

 だから、どの社の証拠写真サンプルを比べても甲乙つけがたいのがホンネです。

 それもそのはず、多くの証拠写真は、日中とか夜間でもわりと照度のある場面での証拠写真がほとんどだから。

ただ単にカラーの鮮明な写真に驚いているばかりでなく、夜間の証拠写真に注目!

 ところどころ、シロクロ写真が混じっている、例えば、ラブホテルから出てくる場面の二人の証拠写真がシロクロだった。

 アパートの部屋への出入りがモノクロだった。

「カラーのほうがいいのに、なぜ?意味あるのか」とまで思いますか?

 もちろん意味は大いにあるわけで、カラーにこだわっていたら、不倫の二人の顔ははっきりしない証拠写真になっていたでしょう。

 つまり、明るい場面、夜でも照度のある場面の証拠写真だけでなく、暗い場面での証拠写真サンプルに、シロクロ写真が入り混じっているか、そこが見極めなんです。

 報告書、証拠写真サンプルなんです。探偵社、興信所としては、じっくり吟味して準備できる開示資料なのです。

 報告書にはこのようなシロクロ写真もありますよと添付しているのであれば、夜間、暗闇での調査もしっかり対応してくれるでしょう。(まあ特別なことでもありませんが)

 けっこう玄人的な目のつけどころですが、簡単に考えてください。

”シロクロの証拠写真が入り混じっているか”です。


店内撮影、ホテル内撮影の写真も入り混じっているか

 絶対とは言い切れませんが、
 店内とか、ホテル内でのツーショット写真が添付してあるかもチェックです。

 つまり、お店とか、ホテルに出入りする場面の証拠写真はどの社もサンプルとして入っているでしょうが、そこから尾行して店内、またはホテルフロントでの様子の証拠写真まで繋がっているかがポイントです。

 もちろん、お客様が依頼された現場でも必ずしも、ホテル内までの二人の証拠写真が撮れるかとの保証はありませんし、状況によって難しかったとなる場合もあります。

 が、報告書サンプルは吟味でき準備して開示するものです。

 そういった外から撮影できる証拠写真だけでなく、店内、ホテル内の証拠写真まで添付しているのであれば、少なくとも、”決定的な場面では、潜入して追尾撮影をするスタンスだ”とかのプロ意識が感じられます。(当たり前と言えば当たり前のことですが)

 外からばかりでなく、中、内での証拠写真も入り混じっているかチェックしてください。


表題(1ページ目)はきちんと不備なく記載されているか

 これも意外や、いきなり証拠写真だとか、いきなりずらずらと文面から始まる報告書もあるようですから要チェックです。
 
 きちんとした表題とは、調査した探偵社の名称から社印、誰を調べたかの基本事項から調べた項目記載、日付や注意事項のうたい書き。

 誰に提出するものかなど、最初のページに要約して記載してあることが一般的です。

 やはりこれは基本的なことであって調停裁判の有無にかかわらず、依頼人から指示がない限り、差別なく同一な報告書でなければなりません。

 社名も会社印もないなどもっての他です。(何か特別な理由がある場合は別ですが)

 とにかく、報告書を弁護士相談時に持っていっても、調停裁判で使用するにしても、わかりやすいきちんとした表題が冒頭に添付してあるかチェックです。


 ○報告書の膨大な枚数をきちんと製本してあるか。

 細かなことですが、見栄えの良い報告書かチェックです。
 几帳面な仕事をする社は、報告書の仕様も几帳面です。

 ルーズリーフや、ホームセンターで売っているようなファイル、ペラペラなファイルに綴じて依頼者に提出する社もありますので、どの探偵社、興信所も同じ仕様だと思ってはなりません。

 きちんと製本してるか否かです。

 以上1分で判断できる報告書サンプルの目の付けどころを解説しました。

 とにかく、日中とか、あまり暗くない夜間の証拠写真は、プロであれば特段難しい写真でもありませんから、それだけで関心しないようお伝えしておきます。


 MKリサーチでは、面談時に実際に提出した調査報告書をサンプルとしてお見せしていますのでご安心ください。


 相談員と面談する時のポイントに戻る探偵相談員と面談する際に、浮気調査に入っても意思の疎通は欠かさないお約束が必要です。

 その理由を千葉の探偵MKリサーチが解説します。


 面談時のポイントへ