本文へスキップ

彼女の出産は夫の子か?|夫の浮気調査事例

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不倫相手の出産は夫の子か|夫の浮気調査事例

 不倫相手が妊娠し出産した事実を妻はどう受け止めたらよいのか。

 不倫相手が妊娠した時期から離婚を催促してきた夫。まして女は妻もよく知っている女性だった。

 こんなひどい現実があるものかと二人を知る誰もが思ったケースでした。

 不倫に気がつかなかったのか、あやしいと踏んでいても放置していたのか、水面下で夫と女との関係はより深くなっていき、ついに女が妊娠、そして出産という結末に至った事例です。



○○○○○○○○イメージ
急に切り出してきた夫からの離婚


茨城に住む20代後半の妻からの相談でした。

夫も同じ会社に勤務する30代前半の会社員。

二人は結婚してまだ1年強。そして後々わかったのですが、不倫相手の女性も同じ会社の20代後半の未婚女性だったのです。

会社内で3人は公私ともども交流があった関係で、不倫相手の女性と依頼者の妻はよく言葉を交わす間柄であったそうです。
 
結婚後、妻はすぐに妊娠し、第一子の誕生に向けて幸せな日々を過ごしていましたし、夫も子供の誕生を心から待ち望んでいた様子だったという。

「離婚を切り出してきた頃も、彼女(不倫相手)が出産した後も、私たちの子供や私にも気づかいはします。やはり自分の子供ですから可愛くてしかたがないと思います。」

夫が離婚を切り出してきたのは、妻が出産した後だったという。

 「『本気で言っているの?まさか嘘でしょっ』とそんな思いでした。だって生まれたばかりですよ。まして数カ月前まで一緒に出かけたり、今までと何ら変わりない夫婦関係だったのにです。」

いったい何が起きたのか・・・誰か好きな人でもできたのか。

離婚を宣告された妻は、何となく解せないと感じていたことがあったという。

もしかしたら夫は同じ職場にいる仲がいい彼女と不倫しているかもしれないと。


○○○○○○○○イメージ
夫の不倫相手は同じ職場の彼女と確信した!


妻は以前から気がついていたことがあった。

それは夫と不倫相手の仲の良さ。

職場の同僚と言えばそれまでだが、妻にとっては、「随分仲がいいよね」と感じてはいたそうだった。

もちろん夫から離婚を切り出された際、「**さんと仲が良かったけど、彼女と浮気しているの?」と問い詰めたことも。

しかし夫が肯定するはずがない。夫は彼女との関係は否定するばかりで、他の誰とも不倫しているはずがないとも言い、離婚したい理由を他の理由にすり替えるばかりだったとか。

しかし彼女との不倫を疑えてならない解せない理由がもうひとつあった。

それは急変した彼女の態度だったという。

あんなに会話をしていた仲なのに、あいさつしても無視してきたり、話しかけても無視されり、目すら合わさないようになったのだ。

そしてその頃知った彼女の妊娠。出産のために職場を休むと公表していたらしい。相手については公開できないようで、先に出産してから結婚するのだと公表していたという。

夫からの離婚の意思表示。
彼女の妻に対する態度の急変。
そして彼女の妊娠と出産。

妻は、「もしかして生まれてくる子供は夫との子供に違いない」とそう思ったという。

もちろん職場の一部の人には相談した。でも、「まさか、そんなことがあるはずがない」、「よりによってそんなことが起きるはずがない」と口をそろえて言われるばかりだった。

とうの妻だって、「まさかそんなことがあるはずないじゃん」と思ったりしたのだが、どう考えても二人があやしいと思えてならなかったそう。

そして二人の関係を確信した出来事がついに起きたという。

今までいいように考え、「まさかそんなことはないだろう」と思ってはみたが、そんな「まさか」を覆す出来事が。

彼女の出産の日に、夫が職場を休んだのだった。

具合が悪いわけでない、私用で何かあったわけでもなかった。

「あの日は病院に行ったに違いありません」ともうこれ以上の確信はないくらい決定づけたそう。

それ以降も、夫は妻に離婚の催促をし続けてきた。だが、真実が何もわからないまま離婚するわけにはいかない。
もちろん、離婚したいなんて微塵も思っていない。

でも夫が不倫相手が出産することを承諾してここまでしたことは、彼女のことがきっと大好きなんだろう、私よりも。だからゆくゆく離婚はしたほうがよいのかも。

彼女はシングルマザーになる覚悟で出産したのか。これほどまでの出来事に計り知れない精神的苦痛を被った妻は、探偵に依頼する決心をしたのです。


○○○○○○○○イメージ
探偵が見た夫の行動とは


出産したばかりの不倫相手は自分の実家に住んでいました。
子育てに専念しており職場への復帰予定はまだ先ですし、このまま退職する可能性も職場内では噂されていたという。

日々の行動を追跡していくと、不倫相手の実家に立ち寄る行動をとっていた夫でした。

実家の部屋の方から赤ちゃんが泣く声を耳にした調査員。彼女と夫があの部屋で赤ちゃんと一緒にいると思えた瞬間だった。

いくら想定内の事実といえ、夫の離婚の意思が固いことを感じている依頼者は、「彼女と不倫して妊娠し、彼女が子供を産んだことはひた隠しです。このことについてはきちんと対処します。」

でも、もう夫婦としては無理だと思えます。悲しいけど、こんなことが起きてまで夫婦を続けていく意味も自信もありません。子供のことを考えるとお父さんがいた方がいいに決まっています。

でも、夫にその気持ちがないのであれば、仕方ありません。もう離婚を選択します。」

離婚の方向に傾いていた依頼者でした。

でも離婚を選択するのであれば、今後養育費はきちんと支払ってもらうし、いくつかの条件はのんで欲しいと考えているようでした。

「彼女もシングルマザーになる覚悟での選択だったのでしょう。彼女も辛かったかも・・・」

そんな不倫相手の女を気遣う言葉までも発した依頼者でしたが、これ以上ご自分で動くことはせず、かかわり合いたくもない気持ちだったようですから弁護士に依頼され離婚に向けて対処されていくとおっしゃっていました。


この浮気調査事例を振り返って、そもそも夫と不倫相手がより親密な関係になったのは、妻が出産と育児のために勤務先を休職していた時期でした。

その後妻が職場に復帰したとき、彼女の態度に違和感を痛いほど感じたそうです。

そして出産後、妻は育児に追われ、育児ノイローゼ気味になったようで、仕事から帰ってきた夫に辛くあたることもあったとか。

基本、夫は子供の世話もよくしてくれたそうで、妻は私の態度も夫の気持ちを彼女に向かわせた要因かもしれないとおっしゃっていました。

しかし不倫相手の妊娠は予想外であったはずですが、不倫相手がたとえ一人でも子供を生むという決断をしたことが、夫の離婚への決断を促した事例です。

不倫相手が妊娠していなかったら、もしかしたら終わらせられた不倫だったかもしれません。

ただ、不倫にリスクはつきもの。

不倫相手の妊娠が、離婚する選択の分岐点となることはあるものです。


MKリサーチは過去、不倫相手の妊娠にまつわる事例を多く耳にしてきました。

また実際に調査をお受けしたりしてもきましたが、今回の茨城の依頼者のケースはあまりにも深刻なケースのひとつだと思えてなりません。


夫の浮気調査の事例集
に戻り他の事例を見る。

 夫の不倫問題は豊富な事例のあるMKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

愛人が妊娠、出産した調査事例