本文へスキップ

不倫相手の親や職場に浮気の事実を知らしめるのは違法行為か!?

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

不倫相手の親や職場に浮気の真実を知らしめる

 不倫の事実を不倫相手の親や、職場の上司の耳に入れたいのです!
 言ったら懲りてやめないでしょうか?

 そう言われる方は、けっこういるものです。
 なにも腹いせというのでなく、不倫相手本人だけでは全く懲りていない、誠意ある対応が見られないからなんですが、それって法的にやばくない?について斬ります!



夫の不倫問題に悩む妻


「不倫相手の両親や、職場に行って不倫相手の上司(不倫相手に影響のある立場の方)に不倫の事実を話すことは、名誉棄損に値するものですし、あなたの立場を悪くする行為なのです。

相手によっては、あなたを訴えてくるリスクとの隣り合わせです。

不倫問題はあくまでも、浮気したご主人(奥様)とあなた、そして相手女性(相手男性)の3人の問題なのですから、そのようなことはやめましょう」

いきなり正論言ったが、間違っているかと言えば間違ってはいない。

あ!これって、探偵さんの意見ではありませんから(汗)

探偵さんのところでお世話した依頼者様が、とある先生に言われたそうです。

でもこのようなフレーズを耳にするたびに、「これじゃあ、浮気に終止符打つのはだいぶ先かな」と思えてならないのは探偵さんだけか。

不法行為にあたるから!?

これが理由なのは理解はできる。が、ちょっと待って。

不法行為に該当するとは言いきれない、むしろグレーゾーンと言うべきではなかろうか。

もちろん、やり方によっては”そこまでしたらまずいでしょっ!”というのはある。

例えば、不倫相手の親に対して、「お宅様の娘(息子)さんの不倫の代償として、***万円払ってくれ」と、親に対して詫びを入れさせ、金銭を要求すること(慰謝料請求)はまずいでしょう。

また不倫相手の職場に行って、あっちこっち言いふらしたり、誹謗中傷してきたりすることも絶対まずい。

でも実際、妻(夫)の立場を恐怖や不安に落とし入れた不倫という不法行為、まして配偶者がいるとわかっていて不法侵入してきた相手に、そんな制裁を加えたい気持ちはあっても、そんな違法行為になるような真似はしないはずです。

だから探偵さんの依頼人が、「会ってきたい」、「乗り込んで話してきます。」と言うならば、グレーの範囲までの行動を指南している次第。

まして、自分の親や職場の上司に通達(悪く言えば、不倫の事実をばらされた)されたことに腹を立てて、不倫相手が本気で仕返しをしてくるかといえば、ほとんど泣き寝入りなのも現実だ。

でも、万が一、「不倫相手によってはそうもいかない・・・」と、そんなリスクを想定しているから、「それはやり過ぎな行為だからやめたほうがいい」とアドバイスされるのだ。


千葉担当の探偵


”本当に大丈夫かい、探偵さん”と不安で心配なのはわかる。

が、探偵さんのところで、今まで何人も、そんな行動をとった方がいることは先ほど言ったが、

でも不倫相手に訴えられた話しは聞いたことはない。
(それは日本全国見渡せば、いろいろなお方はいるから、やられたケースもあるでしょうが、もっていき方、やり方がまずかったと違いますか?とも思うのだが)

中には、全然気にせず勢いで行動起こした妻だっているし、随分無茶やった方もいるものだ。

親に知られたところでも、職場の上司に言われたところでも、懲りない浮気相手が多いけど、「そんなことまでしなくていいだろう」と怒っているだけだ。
やはりされたくないことだから。

でも、浮気のケースによっては、不倫相手の親に真実を知らしめることや、職場に行ってみることで、解決に向かい一歩も二歩も前進する場合もあるのだ。

そうでもしなかったら、終わらなかった不倫もあり、堂々巡りだったはず。

二人だけでは終われない愚か者たちもいるのだから。

親が知ったことで決め手になった事例も、勤務先に知られたことが決定打になった事例もあるのです。

ただ、このような行動を起こす際に忘れてならないのは、不倫の事実は絶対に間違いがないところまで固めておくことです!

「もしかして・・・」とか、「している気がする」で、行動起こすことは絶対にご法度だ。

例えば、「うちの旦那とこんな親密なラインのやりとりしている」からとか、二人で一緒に歩いている、どちらかの車から出てきた光景を見た、おさえたなど。

言い逃れできるような事実で、ここまでの行動は探偵さんも勧めません!

それではリスクの方がはるかに高いですからね。

とにかく不貞行為を推認できるような確かな証拠を握っていることが絶対条件で、中途半端な材料でそんな行動起こすことは無謀といえる。

となると、やはり「探偵が掴んだ証拠レベルまで手にしたうえで行動を起こすべきだ。」と、探偵さんは思います。

不貞の証拠という武器があるからこそ、こちらも自信もって、”グレーゾーン”な行動を堂々と起こせるわけで、あとは、覚悟を決めて突き進むしかない。

あ、そういえば探偵さんのところでも、不倫相手に会ってきた依頼人はけっこういますが、そんな方々の事例をサイト内で紹介しています。


浮気相手に会ってきた!事例集も参照してください!



浮気、不倫を斬る!|記事一覧