本文へスキップ

自白は浮気の証拠になるか?|教えて!探偵さん

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

自白は浮気の証拠になるのか

 旦那(嫁)さんが不倫を認めた(白状した)けど、自白は証拠になるのか。

 こんな疑問を抱いている方も少なからずいますが、探偵に依頼する前に”証拠”について補足説明します。


浮気を自白した夫の依頼人


 不倫問題を抱えている方のなかで一年を通すと必ず何人か耳にするのが、”浮気を白状しました”というフレーズ。

 パターンはいく通りかあって、不倫していたご主人(奥さん)が何かのタイミングで自白したケース。

 それと、不倫していたご主人(奥さん)ばかりでなく、不倫相手もその事実を認めたケースもあるものです。

 配偶者も不倫相手も認めたというのは何も調停や裁判で認めたわけではありません。

 また弁護士をたてて内容証明を送りつけたから認めたわけでもありません。

 内輪だけの話し合いや口論の中で、あなたに対して浮気夫(妻)が。もしくは不倫していた二人が認めたのです。

 ですからなかには謝罪もあったはずです(建前かもしれませんが)。


 では自白、白状は証拠になるのか。

 結論を言いますと、証拠の内容、保全の仕方にもよりますが、

「証拠になります!自白した事実を保全しておくことによって証拠として有効になるものです。」

 ただ浮気とか不倫とか言いますが、厳密には「不貞行為(関係)があったか」です。

 「不貞行為があったという証拠になりますか?」と置き換えてください。

 であると、あれだけの自白(内容)だと厳しいかなという方も多いかもしれません。

 ただ、明確に不貞行為を認め、その自白を保全(録音、書面に書かす)してあれば、なにも探偵・興信所のとった証拠だけが、不貞の証拠ではないと言えます。

 ラブホテルの出入りがとれなかったから不貞は立証されない、不倫部屋の出入りすらとれなかったから戦いにもならないと諦めてはなりません。

 過去に”不貞行為があったと自白した”事実があればここからさらにチェックです!

 もう一度言いますよ、浮気してました、、、

 でなく、「不貞行為がありました!」です。


千葉の探偵調査員


 自白で勝負できるのはこんな場合


 自白したと言っても、配偶者だけか、不倫相手も認めたか、またどのような発言で認め(不貞行為があったとの言及が重要です)、自白した事実をどのようなカタチであなたが証拠資料にできるかが重要です。

 ただ「過去に浮気を認めました」と言っても、証拠写真として立証できるわけでありませんし、録音までしていた方ばかりではありません。

 再度、ICレコーダーを準備して、もう一度言わせる(白状させる)のであれば別ですが、そのような状況にもっていくことは難しいでしょう。

 となると、まず自白した事実を音声として録音していた方は証拠として保全していますので安心です。

 しかし音声を録音していなかった方は多いでしょうが、何かしら書面を書かせたケースはどうか。

 つまり不倫していた事実を認めた記載(もちろんいっさいの関係を断つ旨の誓約書の意味合いが大きいのですが)があるかどうか。

 誓約書として残っていれば安心です。

 ただいつ、どこで、誰と、何をなど、不貞行為に及んでいたと言い切れる書面です。具体的になっていますか?


 しかし音声も、誓約書もない、ただ口で言われただけ(言わせただけ)と、そんな状況の方が実は一番多いのですが、

 不倫していた配偶者、そして不倫相手とも認めた。
 そして不倫相手の身元をきちんと把握している(氏名、住所など)。

 このような場合であれば、音声も書面もないからとあきらめないでください。ただ、証拠を立証する力としては劣りますが。

 二人が各々不倫を認めた事実を日時から状況まで、わかりやすく記載した書面を作成するのです。

 それはご自身でよく思い出して書きましょう。

 またこのような状況に置かれている方は、多少たりとも、他に浮気の証拠材料を持っている場合が多いようです。

 どんな事実でも、克明に記載することが必要です。

 なかでも、ラインやメールのやりとりで、”肉体関係があると推測される文面”なんて見つかれば材料にもなります。

 もちろん、証拠として写真にとるか転送して保管しましょう。

 つまり後々になって、「言った言わない」の押し問答にならないよう、そう言わせないよう、自白の材料だけでなく、他の材料も束にして証拠資料にする綿密さが大切です。

 探偵・興信所が提出する証拠写真付き調査報告書がないから認められないだろうではなく、事実をきちんとカタチ(書面)にした、自分調査報告書を作成する意気込みを持ちなさいということです。


千葉の浮気調査相談員


 浮気を白状した(認めた)が不安な方は

 自白も証拠になりますから安心してくださいと言っても、やはり不安(「自白なんてしていない」と手のひらを返される心配)な方も多いものですが、下記に該当される場合はより慎重に考える必要があります。

 不倫相手の身元、最低限氏名、住所を把握していない方。「氏名だけ知っています」では不完全です。

 きちんと名前と居住住所地まで把握しているかです。

 それと、かなり強引に白状させたような状況だった方も要注意です。

 そして、「浮気していた」、「よき相談者として会っていた」みたいな表現だった場合、これも言われた方からすれば、あんなにとぼけていたのが接触していたことを認めた≒不倫を白状したになりがちです。

 このような自白した状況、自白した言葉の中身に自信がない方は、”自白も証拠になる”を当てにし過ぎないほうが賢明です。

 まとめます。
 たとえ自白されて、自白した事実をきちんと証拠(書面でも)作成できる方でも、親密な様子といえる証拠写真を得ようとする方は少なくありません。

 二人きりで接触している目で見る証拠写真がとれたことで、さらなる材料として訴えていけます。

 弁護士に相談されても、「二人の親密な写真はとってもらったほうがいい」と指南される方は多いようです。

 もちろん調査を依頼するからには、目的は不貞の証拠がとれることですが、不貞の証拠がとれるまで永遠と調査を続けるわけにもいきません。

 費用対効果もよく考えてください。

 ラブホテルでなければ勝てない。

 車中不倫であれば実際の行為の証拠写真(映像)がなくてはダメ。

 不倫相手の部屋に出入りしていただけでは不貞は認められない。

 このように今までの事例とか一部の情報を鵜呑みにするばかりでなく、自白というよい材料があるのですから、ご自身で証拠資料として作成することが大切です。

 もちろん、依頼されれば、探偵の立場として、言葉の説明がいらないくらいの”不貞の証拠”を得る意気込みでお受けしますが、

 不倫している二人、もしくは配偶者が自白したケースであれば、

 他にどのような材料を握っているかをお聞きしたうえで、どこまでの調査が必要かお伝えしている次第です。
 
 いずれにしろ、そうそう自分から自白する、不貞行為まで認める相手はまれなのです。

 その自白も”不貞行為に及んでいた”という自白が要求されますからね、本来は。


 自白ではありませんが、メール、ラインは不倫の証拠になりますか?もよく質問されますが、見解を解説しております。


 浮気の証拠とはに戻る。


 不倫問題は探偵MKリサーチにご相談ください
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42