本文へスキップ

帰ってこない夫|旦那の浮気調査事例

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

帰ってこない夫|夫の浮気調査の事例

 帰ってこない夫の浮気調査の事例です。

 仕事の都合上と言ってほとんど家に帰ってこなくなった夫。
 妻は、夫の浮気を疑い探偵に浮気調査を依頼したのでした。その真実を知った妻がとった選択とは。

 夫との修復への道でした。

 探偵MKリサーチがお受けする浮気調査で、「帰ってこない夫」の浮気相談は非常に多い事例のひとつです。

 今回ご紹介する千葉県の妻も帰ってこない夫に浮気を疑っていた方でした。


○○○○○○○○イメージ

 夫の浮気を疑うまでの経緯

 相談者の夫はある会社の40代の幹部です。
 土日も関係なく、毎晩21時〜22時まで残務処理などに追われて帰宅時間は早くても22時は過ぎ、夜中になることもしばしばでした。

 それが今年の春ごろから、外泊をするようになったのです。

 夫の言うには、毎晩遅くて大変だからと会社の寮を使って良いと言われたらしく、会社の寮の一部屋に寝泊まりして帰ってこれないとのことでした。

 相談者の妻は頑張って残業している夫の苦労もわかっていたので、疲れた体に鞭打って帰宅するのもつらいだろうから帰ってこないことは仕方がないと感じていたそうでした。

 それがある日、妻は夫の会社に電話することがあり、その時から夫に対する疑惑が芽生えだしたそうです。

 夫は妻に事務的なメールはしてきます。「今日は泊りだから帰れない」とか、「今、神奈川にきていて今晩は神奈川に泊る」とか。

 それが、ある日いつも通り夫が「今日は埼玉の**市に来ているから帰れない」と妻にメールが来ていたそうでした。

 妻は偶然に何かの用事で会社に電話したのでした。そのとき、夫は埼玉にいるどころか、会社で事務処理をしていたそうです。

 電話に出た会社の人が「ご主人は在社していますからお電話かわりましょうか?」と。

 夫に対する不信の一つ目が、出張のはずの夫が、実際は千葉の会社にいたこと。
「なぜ夫は私にうそのメールを送ったのか」と。
「じゃあ今まで、今日はどこどこだから帰れないとかのメールって、全部うそなの?」妻はそう思えてきたそうです。
 その後気になった妻は、会社の人に聞きました。「会社の寮って主人以外に誰か使っている社員はいるんですか?」と。

 すると会社の知っている人は、「寮?あれは今だれも使用していないんじゃないですか確か・・・」

 夫に対する不信を増幅させる二つ目に妻はさらに衝撃を受けたそうです。

 妻は、「夫が会社の寮に泊っているということは嘘。出張続きで現地に泊るから帰れないというメールも嘘だったんだ・・・」と確信した瞬間でした。


○○○○○○○○イメージ

 帰ってこない夫の言い訳は嘘?

 本当のことを知りたい妻は、その後夫を問い詰めました。

 しかし夫から帰ってくる言葉とは、
「仕事で忙しくて、おまえに心配かけたくなかったから」だとか、「寮は会社の寮ではなくて、同僚が使っているアパートの一部屋を貸してもらっているんだ。

 同僚が実家に帰っているんで、家に帰れなくなったときは使っていいよって許可をもらっていてさ・・・。だって、心配かけたくなかったから。会社の寮って言っておいたら安心するでしょ?」もっともらしき返事でした夫から出てくる言葉は。

 しかし、妻は夫は浮気をしているのかもしれない、だれか浮気している相手でもいるのかもしれないと思えてなりません。

 ですから、夫がたまに帰ってくるたびに問い詰めました。

 しかし、夫は「そういうことばかり言うからだめなんだ」とか「何でそこまで俺のことが信用できないんだ」とか逆切れする始末だったそうです。

 それからも帰ってこない夫の行動は変わりません。土日どちらか帰宅して自宅に泊まり、平日はほぼ毎日外泊です。

 「探偵さん、私は離婚は考えておりません。真実を知り、どうするか考えますが、浮気をしていたらやはり夫の目を覚ませ、浮気に終止符を打たせること・・・それが私の希望です。

 もしかしたら、夫は浮気などしてはいないかもしれません。であれば、そう信じます、信じるように気持を変えます。

 でも、このまま本当のことが何もわからない状態でいたら、私もう死んでしまうかもしれません。それくらい苦しんです、辛いんです。だから、探偵さんの調査によって確たる真実を私に教えてください。

 帰ってこない夫は浮気しているのか?|よくあるご質問でも解説しておりますが、この夫はどうだったのか。


○○○○○○○○イメージ

 夫の浮気調査の結果とは!

 探偵MKリサーチは夫の調査に入りました。

 調査日数は1週間。夫の会社からの夫の追跡調査です。

 結果としては、夫は会社と自宅の中央あたりに位置する一人の独身女性が住む浮気相手のアパートに毎晩外泊をしていました。

 夫は毎晩夜遅く浮気相手のアパートに帰っていき、翌朝浮気相手が作った手作り弁当を手にして出勤していきます。

 日々その繰り返しです。

 夫と浮気相手はほぼ同棲している状態でした。探偵調査員が調べたところ、アパートは浮気相手が借主で、この夫より10歳ほど若い同じ会社に勤める女性であることも判明しました。
 

 真実を知って妻のとった行動とは


 探偵の浮気調査によって本当のことを知った依頼者の妻は、浮気相手と夫を別れさせる選択をしました。

 つまり夫と浮気相手との動かぬ浮気の証拠を武器に、浮気相手に対する慰謝料請求と夫との交際を断ち切る旨の文書、また浮気相手から妻に書かせる謝罪の文書の要求を行うという通達をしました。

 その後浮気相手からは言いわけがましい、不貞行為などはいっさいない旨の反論があったそうです。これも想定内です。

 どんな証拠があっても言いわけをする夫、浮気相手ばかりですから。

 一方夫の方は、会社の仲の良い同僚に「やばい、嫁にばれちゃったよ〜」などと言っていたそうです。

 しっかりアンテナを張っていた妻の耳に入ってきたという。

 しかし夫は妻の前では「何もない!彼女には彼氏がいるし。一緒に住んでいる・・・探偵のでっちあげだ!」などとさらに言い逃れをしていたようです。

 この状況で悪態をつく夫のほとんどは、探偵の浮気調査の結果報告を見ておりません。もちろん見せる必要もありません。

 この夫もそうです。妻から口頭で証拠はある!という指摘だけです。何枚かの証拠写真をコピーして見せる依頼人もいますが、私たちは仮に裁判になった場合でも、不貞行為を立証できるか?を念頭においております。

 しかし浮気調査をして必ずしも不貞関係といえる証拠が収集できるとは限りません。

 その場合は、当然依頼人にそうお伝えします。

 また「これで不貞の証拠としては十分でしょう」という結果であれば、そう伝えます。

 この事例では、不倫は立証されるものと確信した調査結果でしたので、その後のやりとりの方法などもフォローし続け(これ以上の公開は控えさせていただきます)最終的には浮気相手から慰謝料をとることができたそうです。

 夫との関係に関しては、負った傷は深かったものの修復に向けて努力していくとおっしゃっていました。


 夫の浮気調査の事例