本文へスキップ

けんかするほど続く不倫関係|探偵コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

ケンカするほど続く不倫関係|浮気不倫を斬る!コラム

ケンカするほど仲がいいなんて言うけど、不倫の二人も水面下では衝突したり、一旦疎遠になったりもする。

「このまま破局、別れてくれればいいのに」と思うけど、そうはいかないようです。

「最近、ケンカしているみたいで会っていないようです!」
「彼女のほうから別れ話が出ているようなんですが・・・」

お花畑に浸っているかと思いきや、急に雲行きが怪しくなっている二人の関係。

このまま終わってくれればいいのに!



不倫相手とケンカしている夫別れを切り出す不倫相手



不倫の二人ってなぜ衝突するのか



夫婦であれ、恋人どうしてあれ、男と女であるからにして、時には衝突もするし、何日も口をきかないほどのケンカもする二人は多いものです。

それは歪んだ関係である不倫の二人も同じ。

そもそもなぜ不倫の二人が衝突するのか。

そこを探ってみると、明白な答えがでてくると探偵は感じてならない。

お互い、もしくは片方が相手に対する期待値が高い。

で、それがなかなかかなわない、実現しない不満から起きることじゃないのかと。

ほんと”くっだらねぇ”ことの次元で言えば、

例えば、単身赴任している夫の部屋に、不倫相手の女が泊りにきたとします。

二人は今宵、宴である。

明日の昼くらいまで一緒に居られると思っている女。

もちろん浮気夫もそのつもりで自宅にいる妻に嘘をついているわけです。

けど、夫の不倫を察している妻。どうせ女と一緒だろうと勘づいた。

携帯を切っちゃう夫、または完全無視する夫も多いけど、なかなかそうできない浮気夫もいます。

そんな時、妻は夫にメールしたり電話かけたり執拗に連絡した。

せっかくの夜、妻に邪魔されているようだと、浮気夫も不倫相手も感じよう。

妻は「子供が高熱出した」だの、「終電、もしくは朝一番で帰って来れないのか」と。

そんな空気を不倫相手も察し、それは相当におもしろくないわけだ。

もちろん自分は独身の身。

この週末、一緒にお泊りで過ごすことは楽しみにしていたわけですから。

彼には妻とお子さんがいる立場。

立ち位置だって「不満」なのに。←だったらしなければいいのに。

不倫相手は我慢の限界、翌早朝に、激おこの表情をして浮気夫の部屋から出ていったわけです。

そこから夫も追いかけ、やっと捕まえ、結局ず〜っと車中で話しこんでいる始末。

女はふてりん、元には戻らず、二人は昼前に、別れたのだが・・・。

結果は最後に。

まあよくある次元の低い方の衝突であります。


妻と離婚すると言う不倫の彼



離婚しない不倫の彼との衝突なんてざら



ではもっと多いケース。

おおかた不倫相手の女は独身か、バツ一女性が多いのですが、浮気夫は妻と離婚することをささやいていた。

とにかく妻とはうまくいっていないと言い続けてきて、「(不倫女さん)と一緒になりたい」とも言ってきた。

だからこんな不倫の関係でも我慢してきた。

そんな相手だって多いだろう。

もちろん最初の頃は、そこまでの感情はなかった。

けど交際していくうちに、どんどん深みにはまり、割り切れなくなってきたのです。

割り切れて会っていたほうが楽だったかもしれない。

そんな深みにはまりながらずるずる続いてきた関係だけど、いつまでたっても変わらない関係に不倫女の不満は蓄積してくるもの。

不満が蓄積すればいつかは爆発し、衝突するでしょう。

衝突というか、多くは一方が(多くは不倫女のほうが)、別れを切り出してくることが多いもの。

そんなケンカを妻がメールとかボイスレコーダーで見たり聞いたりしたならば、「二人はとうとう終わるのか!?」っていう期待も抱くものです。

さて、しょうもない超次元の低い前者とこの後者のその後はいかに!?


千葉の探偵相談員



喧嘩しても衝突しても別れられない不倫の二人



前者の不倫密会を妻に邪魔されてふてりんになった女との関係。

その後、しばらくはケンカモードだったようでした。

けどその期間、一週間にも満たなかったと。

浮気夫と女が衝突したのが金曜の深夜から土曜の明け方まで。

仲直りしたのが翌週の水曜日あたりとか。

妻は夫の様子から不倫女と喧嘩し帰ってきた土日は、意気消沈していたというが、その翌週の土日はいつも通りの浮気夫に復活していたそう。

「夫のメールをこっそり見たら、水曜日あたりに会っている形跡なのです」と、浮気夫の必死な姿には呆れるばかりです。


そして後者の離婚すると言っていながら、いっこうに実現しない彼。

今までも何回も衝突してきたという。

不倫女のその態度や言動で、夫は妻にさらに離婚を強く言ってきたりして、「いい加減、離婚してくれ」とか、「いったいおまえ(妻)はどうしたいんだ!?」とか、意味不明な圧力をかけてきたそうです。

つまり不倫女と衝突するたびに、離婚をあらためて迫る

そんな繰り返しなわけです。

激おこの不倫女だって、そんな言動、態度でも本気で切れるわけがないのです。

ほんと不倫なんてこんな感じで繋がっているもの。

離婚して一緒になるとささやき合っていても、どこまで本気かわかったものじゃありません。

どちらか片方が割り切れなくなり、自分の思い通りにいかない限り、いずれまた衝突をする。

逆に相手のことはどうでもいいとまで言わないけど、割り切っていられる間は、衝突する理由もないわけだ。

「面倒くさっ!」って本当に別れるかもしれない。

だから、不倫の二人がケンカしている様子、
衝突している様子を知って、終わりを期待しても、なかなかそうもいかないわけです。

衝突、喧嘩もしながらずるずると続く。

それも不倫なのです。


浮気、不倫を斬る!|コラムメニューへ