本文へスキップ

サイトと面談での料金見積もりの差|浮気調査の費用

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

サイトと面談での料金見積もりの差!|浮気調査の費用について

面談で相談員が提示してきた総額料金。

その見積もりはサイトに記載されてた料金から雪だるま式に増額された費用でした!

浮気調査には固定している費用と、加算される経費費用とありますが、相談した探偵社のサイトに記載されてた内容からかけ離れた見積もりを提示されることはあります。

イエスかノーかと言えば間違いなくノーですが、なぜそのような料金を提示してくるのか。

また相談者はどう捉えていけばよいのか解説します。



浮気調査の料金見積もりを依頼する妻調査料金の見積もりを送信する探偵



サイトに料金の数字がまったく記載されていない探偵社はどうよ?



まず結論を言いますが、「探偵に浮気調査を相談しようと考えているが、どこに相談したらよいかわからない。

とくに調査料金がどうなのか(高くないか)不安です」と。

ですからネットで探偵社のサイトを見れば見るほど、わからなくなる方も少なくありません。

そこでまず一つ念頭に置いて欲しいことですが、サイトに料金の内容が具体的に記載されていない探偵社は選択肢の中から除外することをお勧めします。

まず高額料金の見積もりが待っていることは確かです。

「でも内容をよく読んでみると、やはり安心できそうなので相談してみたい」という方もけっこういるでしょう。

もちろん、最後はお客様のご判断です。

おそらく相談してみたいと目星つけている探偵社も、信頼信用、そして実績という面では問題ないし、支払ってから音信不通になるとか、いい加減な調査結果を出してくることもないでしょう。

また面談も探偵社の事務所で行えるはずです。

問題ありませんよね。

けど、ひとつだけ受け止められればという条件があります。

良心的な料金設定の探偵社に比べ、2〜3倍の費用を払って同等の結果を得ている状態です。 

これを受けとめられるのであれば、、、です。

全ての探偵社がサイトで明確に料金を開示していればこのような問題も起きにくいのですが、お客様ごとに事例も難易度も違うため安易に幾らだとか言えない。

それが大きな理由なのですが、サイトに記載がまったくない(数字がです)場合、面談したときの見積もりは相当に高額料金になるというのは、過去の多くのお客様からの声で立証されていることなのです。

ただし、サイト内に料金が数字で記載されているからと言って絶対に安心だとも言いきれない事例もあります。



浮気調査の料金を見積もる探偵




サイトに記載されている料金が面談したら雪だるま式に増えていく見積もり



サイトに料金の数字が、安く書かれているケースもありますが、例えば1時間¥5、000円とかです。

「この探偵社って他より安いよね」と思われる方は多いでしょう。

しかし、実際に面談して相談員が出してきた総額料金の見積もりを見て聞いてびっくりです。

仮に1時間¥5,000円と記載されていたとしましょう。その料金がどうなるのか。

この1時間¥5,000円というのは、調査員1名の1時間単価です。

浮気調査が1時間ということもないですので、10時間としましょう。

となると、¥5,000円×10時間で、¥50,000円です。

「じゃあ5万に消費税か?安いね。交通費を出してもぜんぜんいいわね」と交通費くらい仕方がないと思えてきます。

でも違いました。

¥5,000円は調査員1名、1時間あたりの基本料金です。

これに「なんちゃら費」というものが加わります。なんちゃら費って、例えば、稼働費、技術費とか様々な名称があるようです。

それが調査員1名、1時間当たり¥5,000円プラスされます。

他にもっとなんちゃら費が出てくれば、¥5,000円が¥10,000円なんていうこともあります。

では意外とあり得る、¥5,000円が、なんちゃら費のせいで、¥10,000円加算され、結局¥15,000円になった(汗)。

とにかく、調査員1名1時間あたり、¥15,000円になったわけです。

となると10時間つけたら150,000円じゃないですか!

そしてです、現場を1名でやりますはまずないでしょうから、調査員2名とかひどいのだと4〜5名と言ってきます。

仮に2名ですとなったら、15万円×2名です。総額は30万円となるわけです。

相談者は5〜6万円とも踏んでいましたが、面談したら30万円にはびっくりです。

3〜5名必要だと言われたら、いったい幾ら?凄い料金になるのは明白です。

他、車両使用料で一日1万円とか加算。特殊機材費だとか、まさかの調査報告書作成費用だとかまで加算してくる事例もあるようです。

細かく見積もってきたらそうなるけど、さらにパックを勧めてきたが、結局、それも計算したら割高。

サイトで感じていた低料金で安心なんてまったく違ったっていうことです。


面談して想像していた料金と開きがあり過ぎる場合、とにかく一度深呼吸して保留にすることをお勧めします。

「調査したい日時が迫っていたし、チャンスだったので焦ってしまった」とかいう声もよく聞きますが、浮気している夫(妻)であれば、チャンスなんてすぐにまた到来します。

焦らないことです。


浮気調査の料金についての考え方へ