本文へスキップ

夫の不倫は終わっていない|繰り返す浮気

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

夫の不倫は終わっていない|繰り返す浮気、不倫事例

夫と女との浮気を確信していた妻でしたが、二人は口車を合わせ否定し続け、煙に巻く。
そんな矢先、不倫相手の女性はどこかへ引っ越してしまい真相は闇の中へ。
果たして真実はいかに。

「旦那の不倫は終わっていなかった」と嘆かれる妻は少なくありません。

この30代の妻も、真実をつきとめようと懸命に行動したのですが、とうの浮気夫は嘘をつき続け、相手の女性も認めることはなかったばかりか、逃げて(引っ越して)しまったのでした。

「夫はあの女とまだ続いているのだろうか。」
妻の思いは複雑だった・・・。



夫の浮気に悩む妻不倫認めない浮気相手


妻の問い詰めに浮気を否定し続けた夫と浮気相手


夫が浮気しているなんてまったく思っていなかった妻でしたが、とあることがきっかけで、同じ町内に住む人妻と浮気していたと知ったのです。

まさかの思いです。信頼していただけにそのショックは相当なものでした。

妻はすぐに夫を問い詰めたものの、夫は頑なに否定し、あり得ない話だと貫き通した。

「じゃあ、彼女と話つけてくる!」と浮気相手の家を知っていた妻でしたから、会って問い詰めた。

しかし、夫と口車を合わせ、浮気なんてしていない、ただ相談にのってもらっていただけですと、認めないのでした。

とうの夫も離婚を言っているわけでもなく、妻が浮気を確信する前までは、ぜんぜん普通に接していたようです。

信じたい気持ちはやまやまだったが、どうしても疑ってしまう妻。

その後も、夫と浮気相手と3人で場を設け、話をしたという。

しかし、妻が確信しているような親密な関係は断じてないと言い張る二人。

やはり何度問い詰めても話しても何の解決になりませんでした。

この悶々とした思いはおさまりません。

妻は時折、夫を突っついた。しかし、「おまえの被害妄想だ。考え過ぎだ、おかしいんじゃないか!?」と、言い返してくるばかり。

妻は段々と「もしかして私の方がおかしいのかしら・・・」とまで思うこともしばしばだったとか。

ただ、妻が騒ぎだしてから夫の行動はおとなしくなったそうですが、やはりたまにあやしい空白の時間があるようで、妻の疑いはいっこうに晴れない状態だったのです。

そしてまたある日、妻は浮気相手の家に行ってみたという。

「車がない」

何度行っても車がなかったそうで、そこの家には母親も同居していたので、尋ねてみたところ、「出て行った」と。

母親も妻のことを薄々知っていたようで警戒している眼差しだったとか。

引っ越し先を聞いても、「知らない」「何も聞いていない」と通されたという。

浮気相手は人妻だったのですが、離婚問題でもめていたようで、離婚したらしいという情報も入ってきた頃でした。

彼女がどこに引っ越したかは知らないけど、近所からいなくなったことで、妻は少しばかり悩みがふっきれたという。


しかし、その後、浮気相手の目撃情報が入ってきたのでした。

それは隣町。
とあるスーパーに夫と入っていく姿が目撃されたのです。

夫は浮気相手がいなくなったころ、転職しており、その隣町に会社があったのです。

「旦那の不倫はまだ終わってない・・・」

いったいなぜ!?どうして!?


興信所に依頼するか悩む妻終わってない旦那と女


身内に背中を押され探偵に調査を依頼することに!


夫は普段あやしい行動はない。
転職したばかりで忙しいはず。
本人もそう言っている。

浮気なんてできるだろうか・・・。

しかし、その女性とのツーショットを目撃されたわけです。

まして目撃した人は夫のことをよく知っている人。見まちがえるはずがない。

そして「女の人と一緒だった」も、さすがに見まちがえるはずもない。

妻の身内は、「このまま放っておくのはよくない。ずっとされ続けるだけだよ。
見られているのよ、彼女と一緒だったところを。

やっぱ続いていたってことじゃない。」と。

そしてMKリサーチへ調査を依頼されてきたのですが、やはり夫とその浮気相手とは続いていたのでした。

夫の職場から自宅までの帰路ルートの途中、不倫相手の部屋があったのです。

探偵は、夫の勤務退社後を追跡したところ、古びれた団地に入っていった夫の車を確認。

その後、どの棟のどの部屋に入っていくか調べ、そこが不倫相手の部屋だと判明したのでした。

週のうち、半分程度。夜勤が終わり不倫相手が住む部屋に数時間立ち寄り、明け方〜早朝帰宅するという行動でした。

実際に勤務は午前1〜2時に終わっていましたが、妻には残務整理で4〜5時になることが多いと嘘をつき続け、不倫相手と密会する時間を数時間とっていたのでした。

夫が離婚を言ってきているわけではありません。

真実を知った妻が今度は冷静になって、「離婚したいのか?」と尋ねたところ、「離婚したいなんて思っていない。ずっと家族一緒に暮らしていきたい」とはっきり言った夫でした。

しかし、夫の不倫は終わっていなかった・・・。

妻でなくても、まったく理解しがたい思考です。

しかし、このように離婚はしない、したくない。
そして浮気もやめられない。

この真実をあらためて知って、今度こそ終わりにさせると妻はおっしゃってました。

もちろん、MKリサーチは適切なその後の対処を指南した次第です。


浮気、不倫を繰り返す事例|メニューへ