本文へスキップ

夫の浮気調査事例集|千葉、東京、茨城の探偵・興信所MKリサーチ

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

夫の浮気調査の事例集|探偵MKリサーチ/千葉・東京・茨城

夫の浮気相談を経て調査を行った過去の事例をご紹介します。

夫の不倫を疑い実際に探偵に依頼されるまでの経緯。
妻はどうして探偵に依頼したのか。そしてその結果とは。

浮気の経緯も夫の様子も妻がどうしたいのかも一緒くたでありませんが、あなたのケースに近い事例はありますか?

浮気調査専門の探偵MKリサーチに夫の浮気調査を依頼された過去の事例集です。

MKリサーチは千葉県、東京都、茨城県で非常に多くの浮気調査をうけたまわってきた探偵で夫の調査の比重が70%です!

その数々の調査の中の一部を紹介します。


○○○○○○○○イメージ
夫の浮気を疑い、日々苦しむ妻

妻が夫の浮気を疑うに至ったケースは様々です。

帰りが遅い夫、帰ってこない夫など空白の時間が極端に増えていき、夫によってはたまにしか帰ってこなくなったとか。

夫の携帯電話を見てしまったら、女性とのメールを発見。

その内容を見るととても親密な関係であることがわかってしまったケース。

休日も仕事だと言って出かけてしまう夫。
今までそんなことはなかったのに。

今までとは何か違う夫の変化を妻は感じとれるものなのです。

しかし、夫は本当のことをしゃべるはずがありません。

当然自身の浮気のことは隠し続ける場合がほとんどです。

「どんな証拠があって浮気を疑うんだ!」
「おまえの被害妄想だ」とか、
「俺が浮気しているわけない!」などと、返してくる夫がほとんどです。

本当のことを知りたい妻、ある程度は真実をつかんでいる妻。

その後も夫の浮気が脳裏から離れず、自分でいろいろ探ってみたり、自分でプチ浮気調査してみたり、また思い出したように夫に問い詰めます。

「またか!また浮気の話しか!」と、夫は逆切れします。

何を言っても無駄だと黙り込んでしまう夫もいます。


○○○○○○○○イメージ
夫婦の絆が壊れかけている、、、

「夫婦の絆が壊れかけている。」

夫婦間の空気はもう冷えきってきます。

仕方ないのです、夫の行動でこうなってしまったのだから。

家族の前では、平静を取り繕って努力はしている妻は身も心ももういっぱいいっぱいまできています。限界です。

このままの状態にはもう耐えられない。

「真実を知って何とかしなければいけない。解決しなくてはいけない」と心に決めるのでした。

MKリサーチで過去にお受けした夫の浮気相談、夫の浮気調査の事例を紹介します。

 新しい事例を今後ともご案内をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。



夫の不倫に悩む妻夫と不倫相手の興信所証拠

夫の浮気調査事例


夫と離婚せず、修復の道を選択した事例




夫の不倫を強制終了させた妻 

「刺激が欲しい」という理由でダブル不倫していた夫と不倫相手の事例です。



帰ってこない夫を調査してください! 真実を知りたいのです、夫とは離婚はしたくありません。


単身赴任の夫の浮気を疑い探偵に調査を依頼
しました。夫の浮気相手のことが知りたいのです。


外国人女性との浮気を疑い夫の早朝の行動を調査して知った真実とは。


同じ会社の性悪女と浮気した夫に対して浮気を認めさせる証拠をとって欲しいと言う妻。その経緯とは。



夫との離婚を選択した事例




夫の浮気相手は知っている女性だったから余計許せない妻。不貞の証拠をつかみ夫と有利に離婚したい。


浮気相手の女性を訴えるために不貞関係の証拠をつかみ、浮気相手に慰謝料を請求したい妻。その後、裁判による判決のその結果とは。


浮気相手と再婚を急ぐ夫

家を出た夫は離婚して欲しいと催促してきます。夫の居場所も知りません。

妻が知った真実と
相手の実家で生活していた夫。

夫との修復を断念した妻は、調停でその知り得た真実を全て放ち有利な条件で離婚する覚悟を決めたのでした。



不倫相手が出産した子は夫の子かと確信した妻は、離婚を覚悟のうえ調査を依頼したのでした。

不倫相手が妊娠するケースは多いのですが、この依頼者の場合は出産してしまったケースでした。誰もが”まさかそんなことがあるわけない”というほど深刻な事例でした。



浮気もやめない離婚もしない夫に心底愛想が尽き、離婚を決心した妻。妻を離婚に追い立てたのは何だったのか。


離婚するか悩む依頼者夫と不倫相手の不貞証拠




調査して証拠を掴んだが結果結論に達していない事例



夫の浮気に長年苦しまされてきた妻は浮気調査を依頼し、離婚に向けて準備を進めていったものの法の現実を知ることとなったのです。



二重生活していた夫|中国人女性との関係とは 25年たった今、夫の不倫の真実を知った妻。



夫の不倫旅行を知って、妻は探偵に依頼すると決心したのですが、この先の対処はわからない妻。



夫の浮気相手は同窓生だった。彼女と不貞関係まであるのか否か!?しかし妻にとっては、たとえ肉体関係がなくとも、浮気以外なにものでなかった。



教員どうしの不倫 学校の先生同士の浮気事例です。

妻をとるか同じ学校の独身女性(先生)をとるか、夫の優柔不断さに妻はどう行動を起こしたのでしょうか。



昔の不倫相手が出てきた!?

15年前に終わったはずでした。修羅場でもありました。

それは妻にとってほんと苦い過去でした。それが水面下だったのです。

今、真っ只中の不倫相手との調査を依頼したつもりが、まさかの結果だった事例です。

不倫相手は一人とは限りません。



夫の浮気調査の依頼者



将来離婚になった時の保険として証拠をとった事例



単身赴任している夫の浮気調査


家にあまり帰ってこなくなった夫が不審で探ってみたら、夫が職場不倫しているとわかったのでした。

千葉から遠方にお住いの方が千葉県内に単身赴任している夫を調査して欲しいという依頼事例です。




夫との修復を願っていたが離婚に至った事例



「好きな人がいる」などと浮気を自白して離婚を迫ってくる夫たち。近年、増加傾向と感じてなりません。

夫が浮気を自白した!40代の妻の依頼事例を紹介します。



夫は二人の子供を連れて出て行き、離婚と親権を主張しており調停はもう6回目。

親権と離婚を主張する夫には不倫相手がいるのではないかと感じてきた妻は探偵に調査を依頼したのでした。




夫と別居に至った事例




夫の不倫相手はキャバクラのホステス。

離婚を執拗に迫る夫に探偵をつけ、義理の両親も味方につけた結果、夫の方が家を出ていくことになったのだが。

MKリサーチでも意外と多いホステスや水商売の女性との不倫事例です。



浮気して居所がつかめなくなった夫の事例



不倫相手と行方不明の夫。夫は私の友人の人妻と一緒に失踪してしまったのです。