本文へスキップ

離婚してもいいと思っていた|浮気、不倫を斬る!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

離婚してもいいと思ってた!|浮気、不倫を斬る!

浮気真っ只中、離婚でもいいと思っていた。
浮気がばれたら離婚するつもりだった。
しかし実際は、離婚はできない夫たち。

浮気と離婚について斬る。
浮気街道迷走中のときは、もう離婚でもいい、ばれたら離婚する!っていうくらい思っていた。

でも現実ばれたらどうだったのか。

千葉の探偵さんの”浮気、不倫を斬る!コラム”の今回のテーマ。




夫の浮気で離婚したい妻ばれたら離婚と言った夫


浮気がばれていない、お花畑の頃の思考、脳みそ



ほとんどの浮気夫(妻)は罪悪感も悲壮感もなく、生活にスパイスを与えられたかのように楽しんで浮気しているはず。

浮気相手という女性がいること、まして自分に興味を持ってくれて、好いてくれている。

俺様もまんざらじゃないと自信に満ちあふれている夫も多いだろう。

だからよりポジティブに強気になっている状態だ。

親密になればなるほど、この関係を壊したくない、維持していきたいと思うわけで、それは確かに新鮮で、刺激があるから没頭してしまう。

とくに体の刺激の部分が大きいから、抜けられなくなるわけだ。

妻より不倫相手が大事、大切。
家族より不倫相手が大事、大切となっている。

そんな状態に陥っていると、もし不倫がばれたなら、、、

「その時は、その時で離婚でもいい、もう。」なんて思っている浮気夫もいる。

ばれたら離婚でいい なんて想像している夫。

ばれるばれないというより、もう離婚してもいいと思って浮気していた夫。

後々、そう発言した浮気夫たちも少なくない。

けど、実際は違う。
それはまだ「浮気がばれていること」が、現実化していない。

また不倫相手との関係以外のことはどうでもいいという境地になっている。

そんな状態であれば、「仮に離婚になったとしたら?」っていう問いに、「離婚でもかまわない」って思うはずだ。

なにも離婚したくて浮気しているのでなくても、妻が離婚を望んで迫って来たら、「離婚でいいや」ってなるはずだ。

つまり、不倫相手という女性がいて、今は女のことが最優先で、身も心も一番幸せを感じるし、その女性の存在があるからこそ、強気でいられる。

離婚なんてできないことなのに、それもまだ直面していないから、想像の世界だけで、思っているだけ。

不倫相手と上手くいっている、楽しく過ごせているうちは、なんでもあり。マイナスもプラス思考で、ポジティブ感のほうが勝ってくる。

だから「本当にできるの?」って、突っつかれることまで思い浮かぶし、「離婚でもいい」なんて断言できちゃうのだろう。



浮気がばれて離婚を否定した夫



浮気がばれて放った言葉もやはり当てにならない



つまりとち狂って浮気していた頃(今もなお続いている)のこと、あのときそのときどう思っていたかを耳しても、聞かされても、だから何!?って話ということだ。

離婚するつもりで浮気していた、
ばれたら離婚すると決めていた、

そんなこと言われても、不倫脳で汚染されていて、正常な判断もできない頃の思いなんてどうでもいいことなのだ。

結局、離婚できない、離婚するつもりでもなく やらかしていたのがほとんどで、後づけで、そんな言葉を言ってきているだけに過ぎない。

そこまできっちり責任というか、浮気と離婚を考えている夫なんて少ないだろう。

勝手に不倫しちゃったこと。
ばれても水面下に入っていることを、自分的に屁理屈を並べているだけのように感じてならない。

そんなこと言っている間は、離婚はできない、しない きっとそうである。


浮気、不倫を斬る!|コラムメニュー