本文へスキップ

浮気の再発、再々発の慰謝料|2度も支払った不倫相手

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気の再発と再々発の慰謝料の額!|二度慰謝料を払った不倫相手

 二度も探偵に証拠をとられ二度も慰謝料を支払う羽目になった不倫相手。

 その不倫の代償は決して小さなものではありません。実例を紹介します。

 不倫相手に慰謝料を二度支払わせた方はいるでしょうか。もちろん誓約違反をしたほうに非はありますから自業自得です。

 しかし妻は完全に不倫に終止符を打つまで何度でも戦うと・・・


夫の不倫に悩む依頼者夫と不倫相手の女性

 別れると約束したのに別れていなかったから探偵つけた!


 
40代の夫は30代前半の同じ会社の未婚女性と不倫していました。

 しかし不倫はいつしか妻にばれるものです。

 夫は職場女性との関係を否定はせず、妻に謝罪し”家族を選択する。彼女とはきっぱりと別れる”と約束したのでした。

 しかしその約束も毎日のように顔を合わせていればもろいものです。いったんは終わったかに見えた不倫もまた再発してしまったのです。

 必死に嘘で取り繕う夫。
 妻は彼女との再発を確信してました。

 しかし今回は問い詰めることはせず、きちんと事実をつかむため探偵に依頼することにしたのです。

 さっそく当リサーチで調査を行いました。やはり結果はクロ。まったく切れていることはなく、ついに不貞の証拠(ラブホテル)も収集できたのです。

 妻は決めていたのです。夫と話しあっただけでは終わらないと。

 不貞の証拠を得た妻は、不倫相手に慰謝料請求と、夫との接触を禁じる誓約書を交わすために行動を起こしました。つまり直接不倫相手に会って話をつけたのです。

 言い逃れのできない証拠に、不倫相手は慰謝料200万円一括で支払い、そして職場以外で一切の連絡、接触をしない主旨の誓約書を交わしました。

 またその誓約書の中には、「約束違反があった場合、即一括で300万円の損害賠償金を支払うこと」という事項を入れたのです。

 ほんとにこれで二人の関係は終わったのでしょうか・・・

不倫が再発している夫東京に住む夫の不倫相手

 
 二度目の再発で再び探偵つけた!


 
半年程度、妻が感じる限りでは関係は終わっていたという。
 が、ある時期からまた夫の様子がおかしい・・・

 やはり一度ばかりか二度も夫の不倫を見抜いた妻にはわかるものです。

 関係している頃の夫の顔つき、態度、そして嘘のつき方と同じです。

 妻は夫が不倫相手と会う夜を予測して探偵をつけることに決めたのです。

 今度はたとえ不貞行為がなくとも、二人きりで会うだけで誓約違反の対象となります。

 この調査も当リサーチでお受けしました。

 結果はやはりクロ。不貞行為にまで及びませんでしたが、その一歩手前といえるほどの親密ぶりでした。

 一度探偵つけられているのに、まったく警戒もない二人でした。

 妻は密会の証拠写真を得て、淡々と不倫相手に誓約違反の通達をしました。
 
 もちろん不倫相手は300万円支払わねばなりません。妻はその誓約を守り支払わねば提訴する意向だと伝えました。
 
 結局、不倫相手は自分の意思で会社を退職する意向だということ。

 そして300万円の損害賠償の支払い、かつ二度目の誓約書まで交わすことになったのです。
 
 その後の金額は不明ですが、「また誓約違反したら500万円」とまで記載したのでしょうか。

 もし4度目の浮気となれば、トータルで1000万円になります。

 しかし2度、いや3度です。

 3度の過ちで500万円は30歳そこそこの一般企業のOLにとっては大きな代償となったわけです。

 不倫が発覚したら何度でも壊す決意の妻は少なくありません。


 この他にも不倫相手に慰謝料を二度支払わせて終止符を打たせたケースもあります。


不倫の慰謝料とはへ