本文へスキップ

渋谷ラブホテル尾行、撮影事情|探偵コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

渋谷ラブホテル尾行、撮影事情|探偵コラム

 ラブホテルでの尾行、撮影方法はどうするのか。

 探偵は都心、地方とあっちこっちのラブホには連れていかれるものだが、東京都心、それも渋谷のラブホテル街には常々驚かされるのだが・・・

渋谷ラブホテルに入る夫と不倫相手。夫の浮気に悩む妻


 
渋谷ラブホテル街での追尾撮影

 浮気調査においてクライマックス、それはラブホ。

 不倫の二人を尾行してとうとうあやしい建物が立ち並ぶあたりにやってきた。

 が、どうだろう。探偵は地方、都心と様々なホテルに連れていかれるが、おなじみの渋谷にやってくると、常々ここは本当にラブホテル街なのか?と錯覚してしまうほど。

 もちろん、渋谷以外にも例えば恵比寿、新宿、上野だとかもそうだけど、いやいや週末の渋谷の賑わいようは格別で、それはラブホテルが立ち並ぶあたりまで賑わってきてラブホテル街と思えないほど人は通るは、うろうろしているわじゃないか。

 これって調査員にとってはラッキーなことであり、不倫の二人の後方を歩いているのは探偵だけではない状況。

 あっちにもこっちにカップル、人、カップル、客引き、そしておじさん(苦笑)

 とにかく追尾しながら証拠撮影することでは、地方や田舎の閑散としたホテルより、どれだけ調査しやすいか。

 普通、ラブホテルってどよ〜んと(自己解釈だが)、暗いイメージがありあり。

 そして入っていく男女も何だか訳がありそうな感じで警戒感ありあり。
 それがラブホテルでのイメージだ。

 不倫の二人がラブホに向かっている間、探偵は警戒されないよう最善の注意を払い追尾していくのだが、通常そこは人も歩いていない、車であれば交通量もないような状況が多いもの。

 が、ここ渋谷にやってくると、そんなイメージは払しょくされ、まるでコンビニとか映画館にでも入館していくかのようなのり。

 不倫の二人が入っていったものの、先に入っている別のカップルがいたり、不倫の二人が部屋を選んでいる間にもまた見知らぬカップルが入ってきたりと、もはや探偵が追尾してそこに立っている(撮影している)ことなんて眼中にない二人だっている。

 まして探偵が男女二人で組んで追尾撮影していようが、男探偵一人が追尾していこうが、もうどうでもいい、あまりどうこう思っていないだろう世界・・・。

 まあ、紛れこんできたおじさんか、デリヘル呼ぶ男客でいいんだが(苦笑)

 であるから、探偵が二人で尾行しているのであれば、一人は接近してカバンの中のカメラで隠し撮りしながら入っていく。

 もう一人は距離おいたあっちの方でパシャパシャやる。

 ビデオカメラでも一眼でもデジカメでもよい。

 そんな調査方法で証拠収集しているのだが。それは都心でのスタイルね。


渋谷ラブホテルを利用する妻と不倫相手


 渋谷ラブホテル、翌朝の光景とは

 22時以降になり宿泊を選択したら翌日10時まで(おおかた)いられるのだが、不倫の二人が泊った場合、基本、出待ちと言って、ラブホテルから出てくる二人の姿を証拠撮影する。

 が、ここ渋谷のラブホテル街での調査はいつも驚かされる。

 10時のチャイムに合わせて、出てくる男女、男女、男女・・・そして不倫の二人。

 純粋なカップルもいれば、訳ありもいるだろう。

 ホテルによっては10分単位の延長料金が加算され、なんと¥600×10分なんていうホテルだってある。

 「これより日中のお客様がいっから、泊り客はとっとと出ていってくれ」と言っているようなものだ。

 だから探偵は確信する。
 「どんなに遅くても10時には出てくるだろう」と。

 地方のラブホテルだったら、わからない。平気で1〜2時間延長する輩はいるし。

 しかし、ここは渋谷。金額が違う(汗)

 まあ延長料金にも驚かされるが、もっと驚かされること・・・

 10時になって、まるで列をなして順番に出てくる、カップル、カップル、カップル、その光景!

 まるで映画館から出てくるかのようにだ。

 そしてその二人の表情に、訳あり感、警戒感、悲壮感(意味不明?)などなく、渋谷の街に消えていく・・・。

 「何だかなあ」探偵はそう呟いている。


 調査員の奮闘記|探偵コラム記事一覧