本文へスキップ

信頼できる探偵とは|5つの視点

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

信頼できる探偵をどうやって探しますか?

 信頼、信用できる探偵・興信所をどうやって探すのか。失敗しないためには何を基準にしたら良いのか。

 あれこれと悩む必要はありません。4つの視点で見てください。
 その極意はココ!解説します!

 サイト内でも探偵選び方の視点はお伝えしてきましたが、この項では、信頼できる探偵を選ぶための考え方をまとめました。

 ウェブの中身、相談員の言葉に惑わされる必要はありません。

 4つの視点、つまりこれを念頭に置き選ぶ基準としてください。


信頼・信用できる探偵相談員


 
信頼のおける探偵をどうやって探すのか。

 結論言いますと、ほとんどの方がウェブから探しています。

 もちろん、紹介とか口コミもありますが、まず言っておきます。

 紹介が絶対安心とは限りません。

 問題は誰に?どこから紹介されたかです。

 紹介も注意しませんと、”商売の匂いがぷんぷんします”。

 やはり自分でウェブを見て探す方が圧倒的多数なのが現実です。

 ですから、相談しようとする探偵社が本当に信頼、信用できるのかわかりません。

 心配や不安は尽きないものです。

 また探偵サイトを見渡しても様々な”探偵の選び方”を見受けます。

 例えば料金についても説明の仕方が千差万別で、”低料金で安心な探偵社を選びましょう”と言ってても、実際に発信している探偵社が高額料金だったなんてこともあります。

 また”事務所確認は必ず”とか、”大手だから全国ネットで迅速、かつ安心”とアピールしたところでも、それをうたっている社の実態が不透明なこともあるものです。

 低料金で安心のはずがそうでなかった。

 全国ネットで大手のようだからきちんと迅速に対応してくれると契約したがそうでなかった。


 
他の方は本当に信頼のできる探偵をどうやって探しているのか。

 また間違いのない選び方をするために必要な判断基準って何なのか。

 当リサーチでは、迷っている相談者様に対して、”何十件も電話したり、ウェブで上から順番に問い合わせしても意味がありません”ことをお伝えすることがあります。

 初めて相談することだし、探偵業界のことなんてわからない。

 それが不安、心配になる理由の多くを占めるものですから仕方ありません。
 
 まず数社、多くても4〜5社程度選んだら、それが上限でしょう。

 その数社で吟味され、ここで解説する”本当に信頼できる探偵をどうやって探すのか”に該当する4つを確認してみてください。

 クリアーできなければ選んだ基準がダメだったのです。素直に受け止めてください。

 あなたはどうしてその探偵社を選んだのでしょうか?という話しになるのです。

 ただし、4つ全てクリアーすることが条件です。

 ひとつだけクリアーできていないけどそこに相談してみたいと思った方は、一度深呼吸してください。

 焦って後悔された方は少なくありません。

 もう一度言います。全てクリアーするかです。

 お客様にとって本当に信頼、安心のできる探偵・興信所であれば、全てに該当することは何ら特別のことでもなく、ハードルが高いというわけではありません。

 もしかして一つクリアーできなくても、信頼できる探偵・興信所であるかもしれません。

 しかし、一つ、二つを妥協したことによって選んでしまったそのリスクの方が高いと思えてなりません。



千葉の探偵

 
信頼できる探偵・興信所、4つの視点


 
会社概要はよく見てください!
 
 ひとつの名称で、住所も電話番号も設立年までもれなくわかりやすく記載がある。

 つまり会社概要を見て何ら不透明なことがないことです!

 できれば代表者の経歴など書かれていた方がよいでしょう。

 代表者の氏名だけ記載がない ⇒ 不透明です。

 事務所所在地の最後の地番の記載がない ⇒ *丁目で終わる住所は考えられません。

 もっと注意していただきたのは、相談しようとしているあなたの住まいはどこですか?

 選んだ探偵社の会社概要を見ていたら、「あらら、この探偵社の所在地はずいぶんここから遠いところにあるわ」と驚いたりします。

 これはわかりにくいことには入りませんが、”どうしてこの住所の興信所が私の地域の依頼を受けれるのか、ずいぶん遠いのに”と、そこが不透明、わかりにくいとなるのです。

 もちろん電話とか面談して聞いたら、それなりの理由は説明されることでしょう。

 例えば探偵社の所在地が大阪なのにお客様が東京、千葉に住んでる方、興信所の住所が九州で、相談者は神奈川県であったとかです。


 どのように相談員が説明してくるかわかりませんが、例として、同じ系列の別支部がある。そこが担当してくれる。

 同一FCの別支社にふる、応援依頼する。

 全国ネットと言ってその地域の下請け探偵に業務を委託する。

 住所だけはいくつか記載があり(他人の部屋でも家でもその住所で探偵業の届出を出しているので違法ではない)相談者に身近な営業所で対応すると言われる。

 一応わかりやすい説明だったかもしれませんが、信頼のできる探偵社とは言い難いといえます。

 このテーマ、”信頼できる探偵をどうやって探すのか”ということに照らし合わせれば、上記の中にも信頼のできる探偵社はあるとは思いますが、

 依頼人にとって、一番信頼、安心できる探偵社の姿としては、


 「今、お客様が電話している(訪問されている)当事務所で責任持って最後まで受け持ちます。その所在地は会社概要に記載のある住所に相違ありません」が、一つの選択基準である
 といえます。*当たり前といえば当たり前なのですが。

 会社概要に記載のある別の支部、別の営業所と言うならば、その支部、営業所が相談者にとって身近なわけですから、その支部に訪問して担当者と面談できるのか。

 同一FCで横のつながりで対処するのであれば、相談の際から紹介してもらいその探偵社に赴き話しを始めたほうがお互いわかりやすいはずなのです。

 会社概要に記載のある相談者に近い支店があるのなら、そこに訪問して契約すればいいだけの話し。

 しかし実情は、ごちゃごちゃ面倒な説明をしてきて、契約に至ろうとする場合が多いものです。

 会社概要に羅列してある莫大な数の住所はただ届出を出しているだけの場所かもしれなく、また全国ネットは、その地域の下請け探偵に現場を委託しているだけで、実際は本部ひとつで回っているケースもあるようです。

 これってわかにくさの象徴です。依頼人にとって不透明になりがちではないですか。

 記載事項の何かが抜けているのも過剰な記載も不透明で、わかりにくい。それは絶対にNGです。

 とにかく会社概要を照らし合わせて、わかりやすい探偵か!

 信頼、信用のある探偵・興信所は不透明なこと(記載)も過剰なこと(記載)も致しません。

 そして事務所での面談を断られたらやめましょう

 探偵社が事務所を設置するのには以下の理由があります。

 他人には聞かれたくない内容であり、秘密保持性が非常に高いデリケートな問題を相談するため。

 個人でも法人でも正しい業務をオープンに営業している証。

 相談者の大きな安心材料であるため。

 事務所に来社していただくことにより、探偵社としても日々の業務を効率よく行える利点。

 宣伝広告効果も含めてとか、他にもありますが、探偵・興信所にとって、相談者を迎えられる体制であることは、継続的に安定した探偵活動を行っている。

 逆言えば、行っていなければ、設けないともいえるのが実態です。

 もちろん、事務所に訪問できなく、お客様のお住まいのどこかに来てもらい面談する場合もありましょう。

 しかし、その場合はより慎重にするべきです。

 本来、探偵事務所が会社概要の住所に事務所として存在(設置)されているか確認できるかです。

 信頼、信用のある社かは、相手のことを知らなければ論じられません。

 相談者が目と耳で実際に感じることは非常に大切です。わかりやすい探偵社であることは必須なのです!

 よく見たら記載漏れ?何だか不自然、不思議。さらに不可解な印象受けませんでしたか?

 そして面談は事務所で!これは鉄則です。



信頼される探偵相談員



 
調査料金について明確によくわかりましたか?
 
 サイト内を見渡せば、多くの探偵社は1時間あたりの調査料金、またはパックプランでの料金記載をしております。
 
 またそれに付随して、別途に請求される経費、料金に含まれていて請求されない経費、また調査員1名か2名かなどわかりやすく解説してあるはずです。

 が、未だにはっきりと記載がない。

 これは料金については非常にわかりにくいことであり、時代の流れに反していると思えます。

 また、本当にアバウトな記載であり、”結局いくらくらいなのか?”と、これもわかりにくことです。

 このようにきちんとわかりやすい料金記載がない場合、すべてとは言いませんが、依頼者様にとっては高額な料金になる場合が多いようです。

 お客様が依頼したい案件内容(一般家庭の方の調査)が非常に難易度の高いものなら別ですが、90%の浮気、行動調査はまず調査員2〜3名、車両1〜2台で賄えることが多く、つまり一般的な体制で対応できるのが実情です。

 よって、相談者が陥りやすい勘違いとは、
 相談員の

 ”お客様の案件ごとに調査の方法とかプランも別ですので、お客様のお話をよくお聞きしたうで最善なプランでお見積りします”

 ”調査の難易度によってかかる費用は違ってきますので、面談の際にお話を聞いて詳細に見積もります”

 こんなフレーズに納得しがちということです。

 もちろん、私どももそれも一理あるとは思います。

 が、先ほども言いましたように、相談員が言うほど、そうでもないということです。

 それは数多くの案件を承ってきたから言えることです。

 信頼のおける探偵・興信所はとにかく”わかりやすいこと、不透明なことがないこと”と強調してきました。

 これはサイトに堂々と記載するべき料金の数字、目安にも言えることです。

 以下、お客様が勘違いしやすいこと、注意して欲しいことあげます!

 ここまで頑張っているからやっぱ信頼おける探偵社なのかな?と思いますか?
 
 いえ、待ってください、この業界ではもはやそうでもないうたい文句で、なかには客寄せパンダだけの場合もありますから鵜呑みにしないでください。

 ○成功報酬というフレーズに惑わされないこと。

 成功報酬、完全成功報酬≒信頼できる探偵ではありません。これも錯覚しやすい罠です。

 ○完全後払いというフレーズですが、特別に信頼、信用度アップというべきことでもありません。

 完全後払いに対して着手金と残金後日精算パターン、調査前50%調査後50%パターンなど甲乙つけるほどでもありません。

 ましてかなりお得なセットで全額前払いもあるものです。

 ○依頼者同行調査OK。これも信頼できる探偵か?

 特段評価すべきことでもありません。

 ○1時間****円の激安料金、まったく実情は面談しなければわかりません。

 不透明過ぎます。鵜呑みにしない方が賢明です。

 ○初回*時間無料、初回1日無料とか。惑わされないようにしてください。

 依頼者が想像する流れで調査終了してくれる契約にはならない場合が多いでしょう。

 いかがでしょうか、もちろんこのフレーズが信頼できないということではありません。

 なかには正しい業務で調査力のある探偵社もあるでしょう。

 ただそうではない事例、お声をよく聞きますので、上記フレーズで”信頼ありそうだから”と飛びつくほどでもない、ニ重丸評価をするべきことでもないということです。

 それよりなにより、探偵選びをされる方にとって、一番の着眼点は

 サイトを見てもシンプルにわかりやすく料金記載がある。

 電話でも料金の目安をはっきりと教えてくれる。


 信頼、信用そして安心のできる探偵・興信所をどうやって探すか、この二点のみチェックして欲しいことです。



千葉の探偵事務所




 
どうして費用を払うのか。真実を掴む、証拠をとるためです。であれば相談員は相談者の調査の現場の解決がいかに重要か語ります!

 浮気不倫問題に直面している方、とくに妻である女性相談者の多くは、夫への向き合い方、心の問題、その後の問題などカウンセリングを含めた解決策を優先します。

 よって、相談員が親身で話を聞いてくれ、気の利いたアドバイスに共感します。

 相談員が今までの豊富な経験によるなかのサポート力、解決策をお話するのは否定しませんが、それが独り歩きしないこと、それが優先事項にならないことです。

 つまり探偵は依頼人の欲しい結果、事実を現場の調査を通して掴むことが仕事です。

 依頼人が支払う費用の対価はすべてそれであります。

 その後の解決策の対価ではないでしょう。

 だから、現場を離れた世界、現場が終わった後のことに力を入れる姿よりも、探偵としてどう現場に向き合っているか、力を入れているのか、ますは先にそちらの方を力説して具体的な説明とわかりやすい解説のある探偵・興信所が信頼できるところであると思えます。

 浮気問題に対するカウンセリング面より証拠、結果を得るための現場力を強調しているかが優先ではないでしょうか。




 
調査の体制、方法、情報収集の範囲まで明確にわかりやすく説明を受けましたか?

 調査員がどのような体制を組んで、どのような方法(やり方)で、調査を実地するか。

 何でもかんでも”調査力ある我が社にお任せください”ではダメです。

 信頼のある探偵社は、相談員からきちんと説明があるはずです。

 そしてどこまでの調査(証拠収集)が可能かも説明します。

 例えばラブホテルでの証拠は、そのホテルを利用したとわかる二人の姿を撮影した証拠写真の提出が基本であり、「出入りする二人の姿を捉えます」、「最悪ホテルから出てきた二人をおさえます」など状況による取得範囲の違いを説明するのが正当です。

 浮気相手のマンションに出入りする不倫が想定されれば、どのよう感じで映っている証拠がどの程度収集するつもりか。

 よって、ただ「ホテルの証拠をとります!」、「浮気の証拠をとります」だけの説明で、納得してしまうことは避けましょう。


 そして目的を達成するために見込まれる日時(日数、時間数)が明確かも重要です。

 これは依頼人様にとって、料金に跳ね返ってくるものです。

 もちろん相談員も、調査に要する日数(時間数)は予測の範囲である場合もありますが、情報次第では、稼働した日時に行動を起こす可能性は大きいものです。

 信頼がおける探偵・興信所であれば、絶対とは言い切れないとの前提で、必要とする調査日数(時間数)を明確にするものです。