本文へスキップ

探偵も証拠がとりにくいラブホテル|調査員コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

探偵も証拠がとりにくいラブホテル|調査員コラム

千葉、茨城での浮気調査は、やはり地方であるからにして車を利用した浮気が多いのだが、探偵ですら証拠をとりにくいラブホテルってあるのだろうか。


探偵とラブホテルは切っても切れない間柄・・・というか、

様々な不倫の二人に連れていかれる浮気調査の現場となるのがラブホテル。

周囲を警戒しつつ出入りする二人、まったく二人の世界に浸っている二人といろいろだが、もし出入りする生の姿を証拠撮影されていたらと不安になることはないだろうか。


ラブホテルの証拠を語る探偵

探偵もぶっちゃけ証拠をとるのが難しいラブホテルってある!


いったいそれはどんなホテルなのか。

ではそのホテルの形式を説明するので想像して欲しい。

部屋とカースペースがセットになって各部屋が分かれている。

つまり、車から降りたらすぐそこに自分たちが利用する部屋の玄関(扉)がある。

そして、その玄関(扉)はカースペースの一番奥の方にあること。

千葉でも茨城でも、部屋に入る玄関が前面に出ている造りのホテルも結構多い。

部屋への出入り口がとにかく一番奥にあることだ。

そしてカースペースの両脇は壁で覆われていなければダメ。(いくら部屋への扉が奥にあっても、わきが壁ではなく、隙間のあるようなもので区切られているのであれば意味がないので)

そしてさらに条件がある。おおかたこういう造りのラブホテルは長屋みたいに横にカースペース付き部屋が並んでいるのだが、向かい側にも同様な建物がある場合も多い。

つまりこっちとあっちと棟が向かいあっているわけだ。要するに部屋の出入り口も向かい合っている。

すると、いくらカースペースの一番奥に部屋への扉があっても、向かい側の正面から丸見え。斜め向かいでも、車に乗り込む際には見えるだろう。

だから、向かい側に同じ形式の建物がなく、一棟だけ横並びであることが必須だ。

そういう造りであれば、探偵は証拠撮影することができないときっと悔しがるだろう。

要するに不倫の二人が入った部屋の前は、車が通行するだけのスペースであとは高い壁だから。そんな場所で張り込めるわけがない。

いかがだろうか。どんな感じのラブホテルか想像ができただろうか(苦笑)

「個別した駐車場にカーテンが設置されている(千葉でもある地域は多かった)ラブホテルじゃないかと思った」だろうか?

証拠どりからすればカーテンも邪魔なんだが、向かい側に部屋があればカーテンがあいたときに勝負かけられるし、その証拠撮影を狙っていくのが探偵だ。

とにかく探偵でも、嫌だな〜って感じるのは、横に一棟しかないラブホテルに入られた場合。

でも、意外や部屋への出入り口は奥でなく前面にある場合が多いから、ミニバンや軽ワゴンなどのワンボックスカーなら証拠取りも可能だ。

しかし、「あれっ!部屋への出入り口が奥にあるじゃんよ!」なんていう造りだったならば、生の不倫の二人の姿を捉えるのは至難の業であるだろう。

まあ違法行為をするのであれば別だが・・・笑

浮気不倫でラブホテルに入る二人は、まさかそんな「証拠がとられない」ラブホテルの造りまで考えて利用している人はあまりいないだろう。

ラブホテルに駐車されている車だけ証拠撮影されても困るだろうが、とにかく生の姿を探偵に撮られたくないと思ってる方は、そういうラブホテルを探すのも一案か。


調査員コラム|記事一覧