本文へスキップ

探偵・興信所に依頼する前に自分で探る!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

探偵依頼する前に自分で探る|方法と考え方

自分でできる夫(妻)の浮気の情報収集、浮気の材料。
それらを蓄積してきて、探偵の調査で役立つケースはけっこうあります。

では、どのようなことを実践すればよいのか。
過去の依頼人が実践してきた例をあげながら解説します。


○○○○○○○○イメージ

探偵に依頼する前に自分で情報を掴む!

探偵に浮気調査を依頼する前に、ご自身で証拠撮影まで実践された方、やろうとされた方は、弊社にご相談されてくるお客様の中でもまれにおられます。

また写真や動画とかの撮影までいかなくても、ご自身で浮気の材料集めを密かに実践してきた相談者とかになりますと、さらに数は増えてくる印象を受けます。

このコーナーでは、自分でできる情報収集、浮気の材料集めとは!?を解説します。
探偵の浮気調査でも役立つ情報です。

情報はあればあったほうが調査効率は良くなります!


探偵に調査を依頼される相談者のほとんどは、浮気を確信して依頼されてくる方が多いのが事実です。

また依頼者様がもつ浮気の材料や情報の内容に驚かされたりすることも多々あり、近年その傾向は顕著となってきました。

10年以上前であれば、「夫の様子が変」とか、「妻があやしい」とか、相手の様子で判断していたり、携帯電話で見かけた不審な発着信履歴に残っていた電話番号が浮気の兆候(確信)でした。

それが、浮気している相手に対して、リアルに行動をキャッチしたり、リアルに会話の内容を聞いたり、はたまた浮気相手とのラインやメールのやりとりを見たりと、浮気の材料もかなり核心に迫った内容の濃いものとなってきています。

とくにラインの普及につれて、不倫相手とのラインでのやり取りが見れていた方は増えています。

個人情報筒抜けと言うか、浮気しています情報筒抜け状態そのものです。


○○○○○○○○イメージ

費用対効果がよく、料金軽減も!

情報の内容と量によって間違いなく浮気調査の効率は違います!

これはぜひ念頭に置いてください。

仮に浮気相手の名前にしても、まったくわからない場合と探っていたら分かってしまった場合とでも違うのです。

探偵・興信所によっては、「ご自身で無理に動いて探り続け、相手にばれてしまったら警戒されますので、最初からプロに任せるべきです」と言う相談員もいます。

もちろん探偵MKリサーチでも、「ばれるくらいなら何もしないでいて欲しい。まして探偵に頼もうと考えているのであれば」という見解です。

しかしです。弊社も驚かされることですが、近年、ご自身で浮気の材料集め、情報収集をしてきた方の多くは、ばれずに上手く実践してきた方が非常に多いのも事実です。

もちろん探られた方も無警戒というか、まさか妻(夫)がそのようなことまでしていると思っていなかったのだろうと思いますが(笑)

ですから依頼者によっては、浮気行動に対してかなりのところまで情報を掴んでいる方もいまして、そのような案件ですと、間違いなく浮気調査の効率は良く、調査日数も料金も軽減できることは確実です。


今回、探偵に依頼する前にご自身でどんなことを実践したか、よくある事例をいくつかご紹介します。

誰でも真似ができるわけではありませんが、ここまでの情報、材料を掴んでいるか知らないかによって、その後の調査に大きな差がでてくることは事実なのです。


でも、たとえここまでの情報、材料をつかめたとしても、最後まで不倫の証拠としてカタチにすること。


要するに不倫の慰謝料をとれる証拠を掴むこと公判で通用する証拠にまとめることは無理であるとご理解ください。

このシリーズを読んで、実践するハードルは高いと感じた方は、可能なところだけでも実践してみてください。

でもできなくても心配しないでください!
自分で探ってなにか不倫の証拠となる情報を掴んでいますという方はごく一部です。

あまり情報がないけど、「探偵さんにお任せします!」でも構いません

もちろん、そのような依頼者も多いことは確かです。

しかし、サイト、ブログをご覧になった浮気調査の相談者も20代後半から40代前半までが多い傾向です(中心は30〜40代)

情報収集に対する意気込みは並大抵ではないなと探偵も感じる次第です。

それが、浮気する自分の夫(妻)に対してだから余計に力が入るのです。

しかし、例えばホテルで張り込んで撮影する。
浮気相手の居宅付近で張り込んで撮影するところまでは、やめたほうが良いです!
リアルに探偵と同じように証拠撮影までは無理ですので、プロにお任せを。



では、
探偵に依頼する前に自分でする浮気の材料集め、情報収集する事例
を紹介します。

探偵に依頼する前に自分で探る方法


○○○○○○○○イメージ

ICレコーダーで探る

車両内とか自宅で電話しそうな部屋に設置するのですが、浮気行動を掴む一つのツールです。なかには相手が誰かわかったケースも。ラインと違い会話しなければ録音されませんが、話好きの浮気妻(夫)であれば、録音される可能性は大でしょう。


○○○○○○○○イメージ

日々の行動を記録する

夫(妻)の外出時刻、帰宅時刻やそのときの状況、印象などを記録してください。それによって浮気行動のパターンが読めることもあります。
またレシート類も要チェックです!


○○○○○○○○イメージ

携帯、スマホを見る!

浮気夫(妻)のスマホをこっそり見たいと思いませんか?
スマホには浮気情報が満載です。不倫相手とのラインを見れていた方も過去少なくありません。これぞ有力な情報です!



○○○○○○○○イメージ

知人から情報を得る

知人から言われ、浮気していたと知りましたという方もいますが、浮気を疑って知人に聞いて情報を得た方もいます。また自分で相手の行動の裏をとる方もいます。アナログ的な方法ですが、意外な事実を知るきっかけか!?



○○○○○○○○イメージ

GPSで浮気行動を探る!

GPSを借りて自分で探る方は増えておりますが、探偵に依頼するまでにかなりの情報を掴んでいる依頼人もいます。
わかりやすい浮気行動であることが条件ですが、効果的な方法です。


○○○○○○○○イメージ

探偵に依頼する前後、浮気夫(妻)にどう接していくか

浮気行動を探っている間、また少しづつわかってきた段階、また探偵に依頼した後など、浮気夫(妻)にどう接していたら良いのか、詳しくお伝えします。