本文へスキップ

他社の調査結果に不満で再調査を依頼した|お客様の声

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

他社の調査結果に不満で再調査したい|お客様の声

浮気、素行調査をある探偵・興信所に依頼したものの欲しい結果が得られなかったというお客様からのご相談は少なくありません。

ではMKリサーチに再調査のご相談をされてきたお客様はどのような結果に遭遇してしまい、どんなお気持ちで依頼されてきたのでしょうか。


○○○○○○○○イメージ

「きちんとした調査が行われていたのか?散々な結果でした。」という声
/千葉の30代の妻


この言葉が全てでしょうか。良しと思って調査を依頼した探偵社。

女性相談員は話を親身に聞いてくれて事例を豊富に語ってくれました。

しかし、いざ調査結果を知ったら、まるで違う探偵社さんに依頼したのかと思えるほどの悲惨な結果でした。

夫の不倫調査だったのですが、「確か調査三日目だったでしょうか。夫は間違いなく不倫相手と接触したはずだと確信しました。
それは帰宅した夫のスマホを見たら、ラインで不倫相手から、『今日はごちそうさまぁ』なんて入っていたからでした。

しかし依頼した探偵社さんは、接触はありませんでしたの一点張り。

その時私は、「この探偵社さんはちゃんと調査しているのか?」、もしくは、「見失ってしまったのか。」どちらにも感じてなりませんでした。

そんな状況でしたから、終了まで不倫の証拠がとれるはずがありません。

他の日にもあやしい動きがあったのですが、やはり何もないという報告でした。


千葉の探偵に再調査したい妻

「高額料金のうえ、意思の疎通もおろそかで最後は何の収穫もないうえ、たった一枚の報告書」/千葉在住50代の妻


切羽詰まって早くなんとかしなければと、規模の大きそうな探偵社さんなら安心だと思い相談しました。

相談員はとても親切でお話もよく聞いてくれました。  

不倫相手の素行調査の依頼だったのですが、正直相談員の見積もりの料金には高くて驚きましたが、他の探偵・興信所もみんなそうかもしれないと思ったことと、「低料金であればあるほど、安ければ安いなりの調査しかできません」
と相談員が言ったことに納得して信用してしまったのです。

しかしなんら欲しい結果は得られませんでした。

むしろ、「それは本当なのか?」という疑惑すら残ってしまったくらい。

探偵に調査を頼んだことによって、より不審感が増大するとは夢にも思っていなかったのです。

失敗です。もっと慎重に探偵選びをすれば良かった。

「高い授業料を払ったものです。もう探偵・興信所は信用できないという気持ちでいっぱいでした。」


いかがでしょうか、再調査の相談の際に耳にするお客様の声です。

相場よりは高額な料金で、調査に入ったら急に意思の疎通、連絡がとりにくくなることがわりと共通しているようです。

また進捗状況が把握しにくく、問い合わせしようものなら、

「現場に任せてありますから大丈夫です。」、

「まだ結果があがってきていません。」などと、

何が大丈夫なのか不思議なのですが、そんな返事をされるようです。

いずれにしても、しばらくショックで立ち直れないお客様ですが、やはりどうしても真実が知りたい、結果が欲しい、証拠が欲しいという気持ちはなくなりません。


再調査依頼を受ける探偵


前探偵社がそんな結果でした。おたくは信用してよいのでしょうか?


実際、過去このようなことを言われたこともあります。
一度探偵選びに失敗されたお客様の代表的なお声です。


「御社は大丈夫ですか?以前依頼した探偵社さんに頼んだら散々な結果でしたから、正直おたくは本当に大丈夫なのか、信用して良いのか不安です。」


いったい何を信じて頼んだらよいのかそれがお客様のホンネです。

そのようなお客様に対してMKリサーチはこう答えております。

「一社だけでなく、数社程度候補をあげてみてください。ただ何となくではダメです。

サイトで発信していることを細かく見て吟味するくらいでないといけません。

おそらくですが、初めて依頼したときは、さっと決めてしまったのではありませんか?あなたなりの尺度で・・・(「大手が安心かも」とかいう尺度です)

また探偵社のサイトばかりでなく、ブログなど発信していれば、それは探偵社の考え方や仕事に対する向かい方を知る格好のバロメーターになります。

また探偵選びで大切なのは、お客様に開示するべきことは、ガラス張りでオープンにする探偵社の姿勢です。

サイトのどこを見ても料金が具体的に数字で記載されていなかったのでは?

または料金の記載はあるが、〜からとかアバウトな感じではありませんでしたか?

他社の調査結果に不満、他社できちんとした証拠がとれなかったお客様から、やはり相当に厳しいことを言われることもあります。

でも同じ失敗を繰り返したくないお客様ですから、弊社もそこは信頼挽回のため時間をかけてお話はします。

そして依頼をお受けすることになった場合、

弊社の経験の限りですが、「このような案件で結果を出せなかったとか、失敗したとは信じられない。いったい誰がどんな方法で調査をやったのか(本当に調査をという調査を実地したのだろうか?)」

それが再調査をお受けした弊社調査員の声でもあります。