本文へスキップ

妻の浮気相手の名前と住所が知りたい

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

妻の浮気相手の名前と住所を知りたい!

「妻が同じ職場の男性と不倫しているのですが、その相手の氏名と住所を調べられませんか?他にわかっていることは浮気相手の携帯電話番号です。」

不倫している妻の相手を知りたい相談は多いものですが、どこの誰なのか。誰しも気になることです。

しかし相手らしい携帯番号がわかっても、その情報から調査することはしません。

そこをご理解いただき、調査方法をお伝えし、検討していただいている所存です。


同じ会社の妻の浮気相手ダブル不倫している妻


妻の不倫相手のことを知りたいというご相談。

相談者が知っていることは相手の携帯電話番号とか、メールアドレスのみ。

もしくは妻と同じ会社の場合もあります。

が、現在、その情報だけで探偵は簡単に不倫相手の氏名、住所はつきとめられません。
いや、お断りしている次第です。

「探偵業法を遵守した探偵社、興信所であれば、まず電話番号だけでの調査は受けないはずです」と、案内もしている次第です。

よって、とれる調査方法とは、相談者の配偶者である妻が浮気相手と接触するタイミングを狙い、妻と浮気相手が別れた後、相手を尾行してつきとめる方法となります。

ですから、妻と浮気相手が接触している証拠まで必要ない方にとっては、無駄な調査だと感じるかもしれません。

また、いつ相手と接触するか予測できない場合、妻を尾行しても空振りに終わるリスクも発生するわけです。

探偵社の立場として言うのも恐縮ですが、不倫の証拠まで必要としない方は、ある程度の情報がないと、浮気相手の名前、住所を判明させるのに費用対効果の良くないものとなります。

勤務先と携帯電話番号がわかっている相談者は、「妻の浮気相手は同じ職場です!」とわかっただけのこと。

名前と携帯電話番号がわかっている相談者であっても、「妻の浮気相手は****という氏名の男性だ。」ってこと(だけ)。

名前と**あたりに住んでいると踏んでいる相談者であっても、妻の浮気相手は「**あたりに住んでいる**さんらしい。」ということだけです。

まして、「浮気相手の携帯電話番号、メールアドレスがわかっています!」と何度言われても、失礼ですが、「何もわかってない」も同然なのです。

わかっていることは”妻は浮気している”ことの事実だけです(推測もありますが)。

つまり、一般的に個人を特定できるはずの携帯電番号とかメールアドレス。

探偵・興信所に提供する情報としては、失礼ですが”意味がない情報”です。

これらを除外して探偵は調べられるのかという探偵社の判断となります。

そして探偵社が提示する調査方法に理解し、納得して依頼されるか相談者の決断となります。


千葉の探偵相談員


ですから、一番確実な方法は、妻を張り込み尾行し浮気相手との接触を捉えてからの調査をとることをお勧めしておりますが、証拠まで必要でない(そこまでの費用はかけたくない)方もいます。

よって弊所としても、内容をもう少し詳細にお聞きし、妻の不倫相手単独の調査の可否を熟慮しますので、ご相談ください。

不倫相手単独での調査が可能だと判断し、お受けして、結果判明に至った事例を少し紹介しておきます。


〇浮気相手は妻と同じ職場だけど、姓がわかっている。また、妻のスマホの中に相手の画像があったので、その顔写真は提供できる。

〇妻の浮気相手は**スクールのコーチだ。多分、**という苗字だと思うが(何人かいるなか)。

〇妻の浮気相手が乗っていた車両がわかっている。
以前、妻を家の近所まで送ってきた際、控えた。まさか私に見られたとは思ってないはず。

ただし、いずれの調査にしても、1日(1回)では判明に至らないもので、妻が不倫相手と接触しそうな日時を予測して、妻の追跡調査から始めても時間数も、費用も変わらなかったかもしれません。

ですから、不倫相手のことだけ調べたい方は、

この日に妻は必ず相手と接触するはずだ!と確信が持てる場合

不倫相手を一回とある場所から、探偵が本人を認識できて、追跡することは可能だろうと判断できる場合

それ以外であれば、浮気調査を依頼されるように複数日数に渡って稼働し、費用も想定外にかさむ可能性もありますのでご注意ください。

いずれにしても、知っている情報を教えていただければ、電話相談時に、調査の可否、可能であれば料金費用の目安を明確にお答えしております。


浮気相手の調査へ