本文へスキップ

不倫を確信して探偵に依頼|妻の浮気調査事例

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気を確信して探偵に依頼|妻の浮気調査事例

妻が浮気しているという物的証拠を見つけてしまった夫は、妻の浮気を確信し探偵に調査を依頼したのでした。

夫は何を見つけてしまったのか、興信所に妻の浮気調査を依頼した理由とは何だったのでしょうか。

探偵・興信所MKリサーチが過去にお受けした妻の浮気調査の事例をご紹介します。

千葉に居住する30代の夫が調査に至った経緯とはどのようなものだったのでしょうか。



○○○○○○○○イメージ
妻の浮気の形跡を見つけた夫

千葉県に住む30代前半の夫は妻と二人暮らしでした。

ある日、夫は自宅のパソコンを立ち上げて何げなく操作をしていたら、画像が出てきたのでした。

その画像を見ていくと、妻と見知らぬ男性がツーショットで写っている画像が出てきたのでした。

枚数にして4〜5枚だったそうで、その日付を見ると、妻が法事と言って実家に一泊で帰った日だったのです。

しかし、その画像の背景は妻の実家とはまる反対の遠方の富士河口湖だったのです。

「妻はうそをついている。きっとこの写真の男性と二人で山梨県の富士河口湖に来ていたのだろう」と妻の浮気を確信したのでした。

その写真に写っている妻と男性は非常に楽しそうな表情だったそうです。

普段、夫はパソコンをまったく触らないそうで「操作の仕方もわからないし、妻も僕がパソコンを見ることはできないだろうって油断していたのでしょう」と言っておられました。

また、妻の浮気相手の心当たりとしては、「妻は趣味のサークルに入会しており、月に何度か出かけているんです。

おそらくサークルの中の男ではないかと思います。」と夫は言っておりました。


○○○○○○○○イメージ
さらに妻の浮気の形跡を発見!

夫は妻と浮気相手が写っている写真を見つけた後、探偵に浮気調査を依頼しようか悩んでいたのでした。

何社か相談をしたらしいのですが、調査費用が合わなかったこと、依頼した日に結果が出なかった場合のリスクが心配だったため依頼する決心がつかなかったそうでした。

そんなとき、夫の車の中から浮気の決定打となるものがさらに出てきたのでした。

コンドームの袋でした。中身はありません。

助手席の後部のポケットの底に落ちていたのです。

実は、妻はサークルに行く時には時折、夫の車を借りて出かけていたのでした。

夫としては車中にコンドームの袋が落ちていたわけですから、妻と浮気相手に不貞行為があると確信せざるを得ません。

「もうこれはダメだ。妻とはやっていけない」

踏ん切りがついた夫は、再度探偵・興信所探しを始めました。

「妻とは離婚を決心しました。ただ、いくら浮気を推測される物的証拠が出てきても、こだけでは言い逃れされるし、あの写真の男性と浮気している確証はない。

まして、相手がどこの誰なのかもわからないし、やはり言い訳のできない浮気の証拠をとらなければだめだろう」という思いだったそうです。

ご縁があってか、弊社に相談されてきて調査をご依頼されることになったのですが、妻の想定される行動範囲が弊社の強いエリアだったことと、依頼人が希望していた予算で対応したこともあり依頼されたそうです。

しかし、妻の浮気調査を今度こそ依頼すると決断に至った原因は「車の中から見つかったその物的証拠」だったと強調していました。!

○○○○○○○○イメージ
妻の浮気調査の結果とは

調査は妻がサークルに向かう日に設定しました。

妻の口実としては

「その夜、打ち上げ会があって遅くまでかかるし、少しお酒も飲むので車の中で仮眠して朝早くの帰宅になるかもしれない」と言っていたのでした。

依頼者の夫は「きっと浮気相手とどこかに泊るでしょう。今回も僕の車で出ていくので車の中かもしれません」

夫の勘は的中したのでした。

妻は夫の車を使用して浮気相手が居住する**市に向かいました。

妻は浮気相手と待ち合わせをして妻の車で行動を共にしたのでした。

それから、二人はサークルに参加したものの夜に行なわれると言っていた打ち上げ会には出席することはなく、二人だけで行動をとり、22時過ぎにはラブホテルに入っていったのです。

二人がラブホテルから出てきたのは早朝6時ごろ。

妻は浮気相手を待ち合わせをした場所まで送っていき、帰路についたのでした。
 
調査結果としては夫の予想通りでした。

行動を共にしていた男性は、パソコンの中の画像に写っていた人物と相違ありませんでした。

「妻はあのサークルに入ってから、行動があやしくなっていたんです。

いずれにしろ、私は浮気している妻とはもう無理です。子供もいないしもう終わりにしようって思っています。

この証拠があれば、言い逃れはできないだろうし、妻がいくら謝罪してきても許しません」

妻の不貞行為を目の当たりにした夫の意思は固いものと感じられました。


浮気調査専門の探偵


妻の浮気調査を検討されている方へ


今回の妻の浮気調査を依頼した方のケースも実はそうだったのですが、妻はなにも離婚まで考えて浮気していたのではないということです。

やはりこの依頼人の夫も、「妻は離婚までは考えていない。それは生活の不安、経済的な不安が大きいのかもしれません」と言っておられました。

確かに浮気調査によって真実を知った夫は、妻に対しての態度は変わりました。

それを妻は察したのか、夫に対して気配りしてきたり、顔色をうかがってきたりしたようです。

もちろん浮気がばれていないか?の警戒、もしくはばれないよう上手くやらなければと認識し、取り繕っていることもあるのですが、

「もうこんな妻とは離婚でいい!」と覚悟を決めた夫は強いものです。

ですからうまく騙されないよう、また水面下に入られないよう、ここできっちと不倫に終止符を打たせること!を指南した次第です。

相談員の予想では、離婚は最後に踏みとどまったのではないか、、、と思えます。

またこの浮気調査では不貞の証拠はラブホテル1回でしたが、「裁判とかそこまで考えていませんし、そうならないと思います!」ということでした。

実際、浮気問題がこじれて裁判まで進展するケースはごく一部です。

だからといって中途半端な不倫の証拠ではだめですが、限られた予算の中で、確実に一回の不貞の証拠をとる!そのような依頼の方法でも大丈夫な方は少なくないのです。

証拠をとってどうしたのか。

MKリサーチは依頼人のケースに合わせて費用対効果を優先する探偵です!

妻の浮気調査で実績のあるMKリサーチにご相談ください。


妻の浮気調査の事例集に戻り他の事例を見る。


 妻の浮気調査の相談なら探偵・興信所MKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

妻の浮気調査は探偵・興信所MKリサーチ