本文へスキップ

妻の浮気、不倫調査事例|千葉、東京、茨城の探偵・興信所MKリサーチ

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

妻の浮気、不倫調査事例|探偵MKリサーチ

妻の浮気調査の事例をMKリサーチがご紹介します。
妻の浮気を疑い探偵に調査を依頼し、真実を知った夫はどう対処されたのか。

妻の浮気でお悩みの方、あなたの妻と同じような事例は多いと感じるでしょう。

妻の浮気に気がついた時、すでに妻は浮気相手に身も心も傾いているケースが多いようです。

妻の浮気に苦しみ辛い日々を送っている夫は非常に多く、妻の浮気で苦しんでいる千葉、茨城、東京の夫たちからのご相談を多くうけたまわってきました。

妻の浮気調査事例その一部を紹介します。


○○○○○○○○イメージ
妻の浮気の兆候

夫が妻の浮気を疑った原因は様々です。

○何だか妻の態度に変化が現れ、話しかけても無視されてきたり、そっけない返事をするようになった。

夫婦関係もなくなり(拒まれ)、触れることさえ嫌がっている様子が感じられる。

○携帯電話を年がら年中気にしている様子。しょっちゅうラインしていたり、携帯電話を肌身離さない妻。

○外出することが多くなってきた妻。聞いても友人と食事だとか、会社の飲み会だとか言う。急にイベントが多くなってきた妻。

○外出している妻の携帯電話に電話すると、電源切っていたり、電話に出なかったりといつもそうだ。いったいどこで何をやっているのか妻は。

○妻の下着に変化が。そういえば、洋服も化粧の仕方も派手になった感じがする。

妻の浮気の兆候として、服装が若作りになる妻。一緒に生活している夫は、このような妻の変化は感じるものです。

妻の浮気を疑った夫は、妻を問い詰める人もいますし、黙って探って様子を見続けている夫もいます。

最初はちょっとした浮気の兆候が、段々と複数の兆候が現れ始めて(浮気の兆候に気がつく)、妻の浮気を確信するのです。

妻は浮気している、相手はいったいどこの誰だ!?


妻の浮気を確信した夫は、「妻の浮気相手は誰なんだ!?」と疑心暗鬼になります。

また気がついた時にはすでに妻の浮気はかなり進行してることも多く、夫婦関係も冷え切っている場合も多いようです。

浮気する妻は身勝手な行動をとり、段々とエスカレートしていきます。


○○○○○○○○イメージ
浮気する妻の態度

妻はさらに夫を追い詰めます。

過去の依頼人の夫たちの声です。

〇妻は、俺の悪口ばかり言って追いつめてくる。昔のあの時はこうだったとか、あなたのこういうところが嫌なのだとか、もうどうでもいいようなことをあげて精神的に追い詰めてくるんです。

○何度か妻に少し考えて行動して欲しいことも言ってきたのですが、反論し逆切れする始末です。
どうしてあんなに変わってしまったのか。浮気している男のせいですきっと。

○妻は、離婚を催促してきました。離婚してくれなければ子どもを連れて出て行き別居すると言っています。

私はなんも悪いことしてはいない、浮気だって暴力だってしないし。生活費だってちゃんと入れているのに。いったいどうして?

○妻は離婚届を僕の前に置いて出て行きました。もう3カ月経ちます。

離婚届けには妻の署名と印はあり、「あとはあなたが書いてくれればけっこうです」と捨て台詞でした。

最近、家庭裁判所から調停の呼び出しが届きました。妻は、離婚調停の申し立てをしたのでした。

このまま妻の浮気に対して何も知らないわけにはいかない。

本当のことを知って、何とかしなければいけない。

どうしたらいいのだろうか。


その間も妻と浮気相手の関係は進行しています。

問い詰めても様子を見続けても、何の解決には至らないのです。夫が様子を見過ぎてきて何も手を打たなかったばかりに、妻の浮気はさらに進行し取り返しがつかないところまで発展します。

子供を放置してまで帰ってこない浮気妻もいます(過去事例)。


また、夫が長い間妻の変化に気がつかなかった(妻に関心がなかった)ばかりに、取り返しのつかないほどまで妻の浮気が進展してしまっているケースもあります。

そうなって、もうどうにもならなくなってから探偵社に相談される夫も非常に多いのです。しかし、あきらめないでください。あなたもどうしようかいっぱい悩み、考えてきたうえでの結果ですから。

改めてはっきりとした真実を知って、妻に対してどう対処すればよいか考えてください。

弊社は、そんなあなたのケースに合わせて適切な選択ができますよう妻の浮気問題でお役にたちます。

またここ最近、探偵MKリサーチがお受けする妻の浮気調査。そのターゲットである妻の年齢が若年化しています。

若年化する傾向の浮気妻|浮気調査事例をご参照ください。


以下、MKリサーチに浮気問題を相談され、浮気調査に至った事例をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

《妻と離婚を選択したケース》


・浮気する妻との修復を断念した夫は家を出て、証拠を得て浮気する妻に離婚調停を申したてることに決めたのです。


・妻の浮気の足跡を見つけて離婚を決意した夫は浮気妻と離婚するために興信所に調査を依頼しました。


・同じ会社の妻子持ち男性とダブル不倫している妻と離婚して親権をとりたい夫でしたが、妻の方から離婚調停を申し立ててきたのです。
その結末はいかに。また離婚裁判で親権者が夫か妻かで争われるケースはあります。


《妻と修復の道を選択したケース》

・子供を連れて家を出て行った妻。家を出た妻の浮気調査で真実を知り、その不倫を壊す行動をとり妻とやり直す努力をした夫。

《離婚は様子見にして相手男性から慰謝料をとった(とる行動に決めた)ケース》


・離婚はまだ覚悟できません。その前に探偵に依頼して証拠をとり、妻の浮気相手から慰謝料をとりたいのです。


・男と密会するとき、別居先から子供を預けに来る妻たちは少なくありません。別居している妻の不倫 この30代の妻もその一人でした。


・妻は毎晩どこで何をしているのか?

50代後半の妻は平日日中、仕事をしているのですが、帰宅が0時頃になることが多いという。妻の行動調査から入った事案でしたが、探偵が見たものとは。


・兄嫁の不倫に煮えくり返らない兄、心配する身内。

遠方の親兄弟からの兄嫁の浮気調査の依頼でした。離婚したほうがいいとの思いでの決断だったのです。
しかし、とうの夫である兄は探偵つけたことは知りません。
また不倫については、兄嫁にうまく丸め込まれているのも事実。結果を知って兄は果たしてどうするのか。  


・冷静な判断ができず短絡的に口走る浮気妻

ある時期、離婚を口走ってきた妻。
そしてさらに同じ職場に気になっている男性がいると言うではないか!

《父親、母親の不倫に関するケース》


・母の不倫現場を自分でおさえた娘さん。夫である父親の態度はどうだったのか。
母の不倫調査を探偵に依頼するに至った経緯まで紹介します。



番外編ですが、探偵が見た!驚きの妻(夫)の浮気不倫を紹介しております。


 妻の浮気調査なら豊富な実績あるMKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

妻の浮気不倫の探偵ならMKリサーチ