本文へスキップ

探偵はどうやって浮気相手の住所をつきとめるのか?|調査員コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

探偵はどうやって不倫相手の住所をつきとめるか

 不倫相手の女(男)の住所。相手のことを把握していない依頼人にとって、名前、住所はおさえておきたい情報だ。

「携帯電話の番号はわかっているんですが」とか言われるが、実際は、現場でリアルに尾行してつきとめるのがほとんどだけど、意外だっただろうか。



電話する不倫相手の女


 不倫相手を認識して尾行できる状態か否かがポイント

 実際の状況として多いのが、

 ○不倫相手の勤務先がわかってる。だから退社後から尾行してどこに帰っていくか確 認する方法。

 ○夫(妻)と不倫相手が接触した。散々証拠をとった後、二人は別れる。そう、別れた 後の不倫相手を追跡して住所をつきとめる手。

 どちらかと言えば後者の方が多いことは確かだが、二人がラブホテルに入ったとなると意外と大変なのはご理解できようか(苦笑)

 現場を踏んできた調査員たちは誰しもこう思ってるもの。

 ラブホテルに入ればいつかは出てくる。張り込み場所さえ確保しちゃえば、もう撮ったも同然だ。あとは時間との闘い。

 張り込み調査員の忍耐力も必要とされるし、状況によってけっこう暗い現場もあるから使用する機材力も重要だ。

 でのこのような”出待ち”はそれほど難しくはない。

 むしろ難しいのはホテルから出てきた二人を尾行して、二人が別れた後、不倫相手の方を追わねばならない任務だといえよう。

 だから不貞の証拠を撮ったぞ!と喜んでばかりはいられない。

 どのような調査、いや体制をとってたかで、ただ証拠をとっただけで終わってしまうことにもなりかねないからだ。

 あえてここで言っておくが、”ラブホテルの証拠はとれたけど、相手のことがわかりませんでした” そんな方は意外と多いのでは。

 それははっきり言うが、探偵の調査の方法、体制に問題があったのだ。

 もちろん、きちんとした体制、方法で実践しても何かしらの状況で失敗することもないともいえないが、証拠をとった後、不倫相手の住所をつきとめるのであれば、探偵がとるべき体制は容易にわかるはずだが・・・。


不倫相手を尾行する探偵


 じゃあ、現場でどういう体制でやるのか

 探偵なら普通のことだろうが、一般の方では未知の世界だから説明しておく。

 不倫の二人が車両でラブホテルに入った場面を想像していただきたい。

 しらばっくれてお客様駐車場に紛れこんで張り込んでいる。

 か、一人(二人)はお客様として中に入って、一人が車両内に残る。

 もしくは、2台車両をもってきて・・・ホテル外に一台とか。

 とにかく、出てきた不倫の二人を追跡せねばならないのだ。

 車両内に無人でカメラをセットして客として中に入るなんてことしてたら、証拠はとれたとしても、いつ出てきたかわからないだろう。だから尾行できるわけがない。

 えっ!GPS仕掛けてあるから大丈夫って?

 無理です、間に合うわけない。やってみればわかるだろう(苦笑)

 ホテルから出てどこかに寄ってゆっくりと食事なんていう二人を想像してたらいけない。

 ホテルを出たら、不倫相手をさっさと送っていく、不倫相手と別れるほうが断然多いんだから。

 だから一番いいのは(ラッキーなのは)、ラブホテル内の駐車場で張り込めることだが、なんせホテルは防犯がしっかりしているところも多い。いやそれが普通だろう。

 入っていきた車から人が出てこないのがどんなに怪しいか。多少は知らんふりしてくれる(そのうちお客様は入るだろうと待ってくれる)が・・・

 それも色々なところで試してみればわかるだろう(苦笑)

 緩いか、緩くないか、またホテルの形式も左右するが、とにかく客として入らねばならない場合も多々あるもの。

 となるとだ。
 駐車場で不倫の二人が出てくるまで張り込み続ける調査員と、部屋に入る調査員との連携うんぬんが結果を占うひとつのポイント。

 張り込み続ける調査員の苦労は想像できようが、それはさておいて、不倫の二人が出てきたらマッハな連絡とマッハな退室行動が要求されるのは間違いない。

 「駐車場で張り込んでいた調査員が追えばいいじゃん」だって?

 それはギャグかいな(笑)

 いやいやどうなることやら、「お客様、車があ〜」とホテル側もびっくりするだろうか。

 とにかく、一人体制で追ってラブホテルに入ったらその後追跡できない可能性が高いわけで、二人体制であっても上手にやらないとダメだろう。

 あとはいかに早く精算を済ませてマッハで出てくるか。

 いまどきエアーシューターなんて精算方式のラブホテルもあるから油断ならない。

 探偵は泥臭く不倫相手を実際に追跡して住所をつきとめることが多い。
 そのように思っていただきたい。

 なお、不倫相手の住所をつきとめる料金については、

 
不倫相手の住所を調べるのに料金かかるの?を参考にして欲しい。


 調査員コラム|メニューに戻る