本文へスキップ

浮気相手に制裁、強い妻になる!|調査後の選択事例

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気相手に信念をもって立ち向かう強い妻|浮気調査後の対処

 夫の浮気相手に対して強い気持ちを持って毅然とした行動をとり、夫と浮気相手を別れさせることに成功した事例です。

 浮気調査の後に、どのような対処策を講じたのか、過去の事例を探偵MKリサーチが紹介しております。

 今回は夫の浮気相手に対して強い気持ちを持って毅然とした行動をとり、夫と浮気相手を別れさせることに成功した事例です。




夫の不倫に悩む千葉の妻東京の夫の不倫相手



なぜ探偵に浮気調査を依頼したのか


 多くの相談者に接したり、実際に調査のご依頼を受けてきた経験上、浮気調査の後、どうしたいか。

 不貞の証拠をとって離婚したいという方よりも、以下の方のほうが断然多いと素直に実感します。

 
「浮気している夫(妻)と今は離婚したくない。とにかく浮気相手と別れさせたい」

 「離婚は絶対にしたくない。とにかく不倫に終止符を打たせないと困る」


 夫(妻)の浮気は夫(妻)一人だけの問題ではありません。

 背後にいる浮気相手に引き下がってもらわねば、この先夫婦の平和は訪れません。

 そこをきちんと理解していた30代の依頼者の妻は、夫と浮気相手の不貞の証拠を探偵にとってもらう決意をしたのでした。

 その後多少日数を要しましたが、探偵の調査によって、継続された不貞行為のある証拠を得ることができたのです。

 そして
妻は夫に黙って浮気相手に慰謝料請求と、夫との交際をやめる主旨の通達をしたのです。(弊社がアドバイス、指導しました)

 すべてはこの行動のためでした。

 言い訳のできない浮気の証拠をとれた方、
 浮気相手の身元もはっきりした方、
 そして、夫が「離婚して欲しい」と離婚を迫っているわけでもなく、
 夫は家族のもとに帰ってくる。

 家族(子供に対してが多いですが)に対して気づかいや愛情は注いでいる(ようにも感じる)。

 そういう夫を「離婚はしたくなく家庭は維持、でも浮気もしていたい、いいとこどり夫」とよく言っているのですが、どんなつもりの浮気であっても、ずるずる続くのは目に見えていますし、放置しててもすぐには終わらないでしょう。

 しかし、そういう浮気であれば妻の対処の仕方によってはかなり高い確率で浮気相手と夫を引き離すことが可能なのです。


千葉の探偵相談員


妻のこの夫の配偶者です!戸籍上も法的にも妻なのです!それを行動で示したことによって、浮気相手は完敗状態だった


 そればかりではありません。

 あれほどのらりくらいと浮気なんてしていないとうそを言い続けてきた夫でさえも、最後の最後には、己の非を認めてきたのでした。

 それは
妻は妻であるという不動の立場を貫いたからでした。

 浮気相手に対しては、妻子ある男性と知りながら浮気していた行為は到底許せないという主張。

 精神的な苦痛を被ってきた代償は慰謝して欲しい。

 こちらには不貞を立証できるだけの十分な証拠があるという通達。

 夫に対しても、ただ反省の意だけ、謝罪だけでなく、「浮気相手とは完全に断ち切るとの誓約書」を
公正証書は無理であっても書面にして欲しいと要求。

 夫をさしおいて浮気相手に制裁を加えたことによって、強い妻の姿に尻込みしたでしょうし、自身の非を再認識した夫だったはずです。

 もう一度繰り返します。

 
妻が妻の立場で正論を通すこと、示すこと。そんな対処策は多くの方に参考になるのではと思えてなりません。

 不倫相手のなかには、「妻だから、、、ってすぐにそれか!?」とか、「気持ちが冷めた相手にそこまで拘束されてもはや自由っていうものはないのか」とか、「結婚は生き地獄か!?」

 そのような批判も聞こえてきます。

 おわかりのように温度差があり過ぎで、もはや何を言っても通じない相手なのです。

 妻が妻の立場を利用して、何がいけないのでしょうか。

 しかし夫婦の間でも平気に嘘をつくわけです。

 だからそのためには、
確かな浮気の証拠は絶対に必要であって、その証拠があったからこそ、妻の立場で強い妻になり浮気相手に堂々と立ち向かえたのです。

 少し話がそれますが、弁護士の先生でもこう言います。

 「浮気相手に対する慰謝料。思っているほどとれるものではない。だから、浮気の証拠としてきちんと立証できるものがあれば、弁護士をたてることに固執せず、妻の立場で示談で攻めていくのも費用対効果から考えればありです。」と。

 それには何度も言いますが、

 
不貞の証拠。
 そして自分は妻なんだ!というゆるぎない信念。


 強い気持ちを持って毅然とした態度で臨むことが大切なんだとあらためて感じた、浮気調査の後のケースでした。


 浮気調査後の選択事例集に戻り他のケースを見る。