本文へスキップ

浮気相手の夫の勤務先を知りたい

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気相手の旦那さんの勤務先を知りたい

 不倫相手の旦那さんのことを調べたいという相談はあるものです。

 夫の既婚女性との不倫、要するにダブル不倫なのですが、不倫相手の夫の何を知りたいのか、また知る必要性があるのか、その意味を解説します。


不倫相手の夫


 夫のダブル不倫、妻のダブル不倫でしたほうがよい重要なこととは

 離婚までは決断してない場合のケースを想定します。

 比率的には、ダブル不倫に終止符を打たせることを望む相談者の方が多いのが事実です。

 あなたが把握するべきことは、ダブル不倫している相手の氏名、住所を始め、どの程度の関係を繰り返しているかをおさえることです。

 もちろん、携帯電話、スマホやカバンの中身や手帳、洋服のポケットなど思わぬところから核心に迫るような真実がわかった方も少なくありません。

 ある程度できるところまでは勇気を出して情報収集し、決定的な証拠については探偵・興信所に相談する選択肢もあります。

 そんななか、不倫相手にはどうも旦那さんがいると推測できた場合(確信した場合)、相手の旦那のことを知ることによって、浮気解決(ダブル不倫に終止符)がスムーズにいく場合もあるものです。

 いったいそれはどうしてか・・・

 ダブル不倫において、自分の旦那に浮気の事実が知られること。
 それが一番嫌がる、避けたいことなのです。

 ダブル不倫していたあなたのご主人にしろ、不倫相手の女性にしろ、まさかばれるわけないと高をくくっていたはずです。

 また自分の妻、相手にとっては自分の夫にばれることは絶対に回避したいはず。

 どんなにあやしまれてても、「浮気なんてしていない!」から、「ただの相談相手」、「食事でちょっと会ってただけ」など、ほとんどは認めないものです。

 そして先にあなたの方が、証拠という証拠をつかんだとします。

 またその証拠は言い訳のできない確たる証拠だったとします。

 あなたの旦那さんだけに叩きつけ、問い詰め、観念させることもできましょう。それで観念して終止符を打つ場合もあることはあります。

 が、不倫相手にも何かしら対処したい。このまま何もなかったかのように野放しするなんて許せない。そう考える方も多いものです。

 であれば、不倫相手に対しても何かしら行動を起こすのですが、それだけでは心配だと考える方もいます。

 浮気してた夫だけの対処なら夫婦だけの問題で封印したことになる。それで許してしまうケースは意外と多いもの。

 しかし、不倫してたのは夫と女だから、やはり不倫相手の女も引っ張り出してきてそこにあなたが介入して3人の問題とする。

 そこまでされる方はさらに減りますが、けっこういます。

 けれども、そこに不倫相手の旦那さんまで加えたら4人の問題となりますが、そこまで対処される方はごくわずか。

 そんな必要性はあるのか否か、意味あるのか否か・・・

勤務先にいる浮気相手の旦那


 浮気相手の旦那さんの勤務先を知りたい
 
 不倫相手が既婚者であることがわかり、自分の夫だけの対処ではきっと終わらないと踏んだ方。

 その矛先は不倫相手にも向かうものです。

 が、ダブル不倫がばれても、終わらない二人はいるものです。

 探偵は過去の事例を見てきて聞いてきて、シンプルに思うんですが、それは3人で解決したからなんです。

 ほとんどのパターンは、あなた、あなたの夫、夫のいる不倫相手の女の3人で、何かしら手を打ったとしましょう。
 
 ダブル不倫してたこと、あなたにはばれてますが、女の夫だけにはばれていないのです。あやしいと感じている夫もいましょうが確信に至ってないケースは多いものです。

 ということは、あなただけさえ抑えつけておけば、あなたに対してだけ別れたふり、終わったふりをしていれば”なんのこっちゃないわ”と、なめた行動をとる夫も多い。

 だから、例え不倫相手の女のほうが、「もう別れた方がいい。」という頭があったとしても、あなたの夫が関係の継続を促している場合もありますし、女のほうも旦那さんに発覚していないので、懲りずに続けてしまうケースって多いのです。

 ですから、ダブル不倫されて一度許したのにまだ続いてた方、
 二度もばれて慰謝料まで払わせたのに再発していたケースが出てくるのです。

 意外と少なくないのです、このようなパターンは。

 であれば、お金じゃない、ダブル不倫をきっちりと終わらせたい。

 うちの旦那も相手の女もけっこうしたたかで、ちょっとやそっとで別れると思えないと踏んでるなら、

 
浮気相手の旦那さんのことを知る必要性はおおいにあるのです。

不倫相手の旦那


 実務的なことを言いますと、やはり勤務先を知ることが一番有効かなと思うのですが、不倫相手宅でも不倫相手本人の不在のときがわかればかまいません。

 不倫相手の夫に真実を知らせる(共有させる)ことにより、慰謝料など金銭的な請求まではできなくなる可能性は大ですが、”ダブル不倫に終止符を打たせる”ことだけを考えたいのであれば、効果は違うはずです。 

 ダブル不倫している女性が一番恐れることは、自分の旦那さんに浮気がばれることなのです。

 ダブル不倫してる彼の奥さんに先にばれたけど、こっちの夫婦までに被害は及ばないだろう、彼が何とかしてくれているものと多くは考えがちなんです。

 だから浮気がばれて妻が騒いで”女に会う”とか”慰謝料とるよ”となった場合、逆切れしながら、「そんなこと絶対やめろ!」、「俺たち夫婦だけの問題だ!」みたいなことを言うわけです。

 なお、不倫相手の夫の勤務先を判明させる相談ですが、尾行調査による判明方法が主となりますので、顔確認が可能か否かで難易度はかなり違ってきます。

 調査料金については、個別の難易度によって変わりますので、お電話でお話をお聞きしたうえで、料金の目安をお答えします。

 その際は不倫相手の氏名、正確な住所(アパート、マンションなら部屋番号まで)が必要となりますので、その情報が明確でなければ別途調査が必要となります。

 ほとんどの方は出来る限り費用を抑えたいと思います。

 よって不倫相手の自宅とか自宅周辺で接触を試みれたらそうするべきですが、念頭に置いてほしいことは”必ず会って話すことです”

 真実を記載した手紙や封書を送達することは避けるべきです。

 怪文書、いたずらと判断される可能性もあったり、不倫相手の女の口車で封印される可能性も大です。ご自分の口と目と耳で確認してください。

 また、不倫相手の旦那さんの携帯電話番号とかを知りたいという相談もありますが、電話番号を知ってかけたところで、期待通りの展開は期待薄なのは過去の事例から明白です。

 ということは、自宅に訪問する。自宅付近で接触を試みる。

 それか勤務先を把握して安全に接触を試みることが賢明な選択肢です。

 不倫相手の旦那さんに会った妻|私の浮気解決!の事例もあります。参考にしてください。

 浮気相手の旦那さんの情報が本当に必要な状況かどうかよく考えてご相談ください。

 浮気相手を知る必要性に戻る。