本文へスキップ

離婚せず夫との修復を選択|浮気調査後の事例

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

夫との修復のために不倫を終わらせる選択|浮気調査の後に

 浮気調査の後、夫と夫婦関係の修復を選択した妻が実践した対処策を紹介します。

 探偵・興信所MKリサーチに浮気調査を依頼され、浮気の証拠を得た依頼者様のその後の選択や対処方法などをご紹介するコーナーです。

 今回は、夫と修復の道を歩むため、まずは信念をもって不倫を終わらせることを選択した妻の事例です。



夫の不倫に悩む妻夫と職場の不倫相手


妻が知った真実とは


 夫の浮気調査によって、浮気相手は夫と同じ会社の未成年の子供さんがいる人妻であることが判明しました。

 つまりダブル不倫ということですが、お互い家庭を壊さずに刺激を満たしあっていたい関係の二人であると、探偵は調査を通して感じた次第です。

 調査では夫と浮気相手とが不貞関係であるという確かな証拠も得られました。


夫と修復の道を歩みたいから不倫を終わらせる


 妻は夫との修復の道を選びました。

 できる限りのことをやって、それでも夫の目が覚めない、浮気相手を選択するのであれば、離婚の選択もありだという気持ちだったそうです。

 では、修復の道を歩んでいくのはどうしたらいいのか。
 答えは明確です。
 このw不倫に終止符打たせることです。まずはそこからなのです!

 夫と浮気相手とが完全に別れ、再発の可能性もないという確証を得られること。


千葉の興信所相談員


妻が浮気相手に対してとった行動とは


●浮気相手の女性宅に在宅時を狙って一度だけ直接会って話してきたのです。

 要するに「自分は$%&の妻であり、あなたのしてきた行為は不法行為であると。
その事実はすでに調査を入れて証拠がある。

当然、うちの夫にも非があるが、あなたにも非がある。

ましてお互い既婚だと確信しながらも不貞関係を続けてきたのではないか!
言い逃れはもはやできない。」ということを言ってきたのです。

 浮気相手とは会いたくないという方も多いでしょう。
 内容証明で送付すれば良いのですから。

 しかし、この妻は「一回は直接会って言ってこなければ気がすまない」との気持ちだったのです。

 この際、探偵の調査報告書を持っていくのではなく、ツーショットの証拠写真を数枚バラで(コピー程度でけっこう)で持っていき、浮気相手に見せたそうです。

 また相手の態度次第ですが、「証拠はこれだけではない。他にもたくさんあるんだよ」と、手の打ちを全て見せないことです。

 いったいどれだけの証拠を握っているのだろうって、不安にさせることも肝心です。

 もうひとつのポイントは、相手の気持ち、言いわけはいっさい聞かないということです。

 議論をしにわざわざ出向いたのではないのですから、浮気相手に対して聞く耳は持つ必要はありません。
 そういう意気込みで良いのです。

 一方的にこちらの今後の方向性を伝える(書面を渡す)ことでよいのです。

●次に浮気相手に対して、文書で、慰謝料請求書と夫との交際断絶書(もう2度とメールも連絡も接触もしない旨の文書)を郵送しました。

 浮気相手に会った時、浮気相手に手渡しの方もいます。

 ポイントは2度と夫と連絡をとらない、会わないということを約束させることです。

 この妻の事例では浮気相手に夫がいましたので、「約束を破ったら、あなたの夫に相談する」という牽制(けんせい)もしたそうです。

 慰謝料に関しては、高額は期待せず、不倫のケジメという程度でいいと金額はかなり譲歩したそうです。

 弊社相談員もよく耳にしますが、浮気相手と会って話しをしただけで慰謝料までは請求しなかったという妻もいます。

 また誓約書を交わしてたけど、不倫の慰謝料を請求せず許してあげた妻もいます。

 「浮気相手に反省の態度が感じられたし、夫と離婚までには至らなかったからいいかなって思ったんです」という声が多いのです。

 この妻のように、やはり最後まで手を緩めないことが重要なのです。

 とくに今回は家庭を壊したくないつもりのw不倫でした。

 配偶者に不倫がばれること、やはり一番回避したいのが相手の気持ちです。

 そこをうまく突っつくこともポイントです。


離婚の選択をする夫


妻が夫に対してとった行動とは


 浮気相手に対してここまでの行動をとったわけですから、夫も感知します。

 きっと夫に伝わるだろうと。

 それも想定内であると妻は、開き直りました。

 探偵つかって証拠をとったこと。
 浮気相手の女性に対してどういう対処をしたか。

 それらを夫に言ったわけです。もちろん夫を逆切れさせるのに十分過ぎる材料でした、妻の一連の行動は。

 しかしこの期に及んで、夫にだけに不倫のことで責めても、「彼女には関係ないことだ」で守りに入るに決まっています。

 そして「もう別れるから」と上手い事を言って、水面下に入ることは大いにあり得ると予測した妻でした。

 問題は妻の対処策に対して夫がその後どう出るかなのです。

 妻は、カモフラージュだったのですが、離婚を宣告したそうです。

 「不倫していたのは妻のせいだ。そして不倫を知ってこんな行動をとったのも、悪いのは妻である。
 またここまでする妻はいらないと言うのであれば、離婚でもけっこう。

 有責配偶者からの離婚は認められないけど、浮気されて離婚まで言われた惨めな私が離婚で良いと言うならば裁判所も認めるだろうから離婚は承諾してあげる」と。

 妻は、夫に「浮気していたあなたを信じろと言っても無理!今回はケジメをつけていただく。そうしなければ妻として納得できない。無理ならば離婚して!」と信念を貫き、引き下がらなかったそうです。

 最初はキレまくっていた夫も、段々と事の重大さ、妻の覚悟にトーンダウンしていったそうです。

 結果的に夫からは、浮気相手とは絶対会わない、連絡もとらない旨の書面とケジメとして精神的な苦痛を被った慰謝料として、いくらか自分の口座に振り込ませたそうでした。

 厳密これで100%とは言えません。(何事も100%ってないのですから)

 しかし、浮気相手に手を緩めず、夫に対してもきちんと信念をもって諦めないことは大事でしょう。

 二人に雷を落としただけでは何の解決にもならないことが多いのです。

 「やばい、浮気がばれちゃった!」程度で終わってしまうかもしれません。

 浮気相手の人妻に対しては、約束を破ったら「不貞行為の事実をあなたの家族に言う」という次の強硬策をちらつかせておくこと。

 夫に対しては、「今度浮気したら問答無用離婚、慰謝料***万円と」という証拠をきちんと残しつつ、今回限りは許すのではなく、今回も過ちを慰謝させた行動でした。

 本当に離婚に至ってしまったらどうしよう・・・

 夫が女のところに行ってしまったら・・・

 そのような弱い気持ちならば、夫(妻)の浮気に終止符を打つことは難しいと思えますし、修復の道を選びたくても、また浮気されてしまう妻(夫)になってしまうでしょう。

 夫婦関係を修復したいは、まずは本当にその不倫が終わっている状態でなければ意味がないのです。


 浮気調査の後にどうしたか|事例一覧に戻り、他の事例を見る。