本文へスキップ

浮気調査の後にどうしたか|選択、対処事例

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気調査の後にどうしたか|その後の対処事例、選択方法

浮気調査で確かな証拠を得て真実を知った依頼者はその後どのような選択をしたのでしょうか。
また、その対処方法によって導かれた結果とはどうだったのか。

浮気調査の依頼者様が、その後選択された方法の様々な事例を紹介するコーナーです。

調査後の選択、進む道も依頼者それぞれです。

調査の後にどうしたら良いのかお悩みになっている方はぜひ参考にしてください。



○○○○○○○○イメージ
浮気調査の後の選択も人それぞれです

浮気調査を相談されてくるお客様の多くは、調査の後の対処策、解決方法をどうしたらよいか不安になられています。

確かな浮気の証拠を得たり、本当の真実を知った後に、「夫(妻)に対していったいどういう選択をしたらよいか」

「夫(妻)や不倫相手に対して、どのような方法で対処していったら最善か」と依頼者の悩みは最後まで尽きません。

そのような方のために、弊社探偵相談員は、依頼人様の事例ごとに浮気、不倫の事実を捉え、それがどういうもので、どのような解決策が合っているのかを、豊富な実績と経験から、指南、サポートしてまいりました。

確かに依頼者様の選択する道は人それぞれでありますし、相手があっての対処ですから、スムーズに希望した解決に到達できるとは限りません。
うまく解決された方もいれば、こじれて泥沼化してしまったという展開もあります。

夫(妻)とは離婚を選択するつもりの方は、浮気調査で得た不貞の証拠を武器に、有利な離婚ができることを目的とします。

そのためには、どう対処していけばよいかわからない方も多いはずです。
ご自身で動くのか。
自分で動くならどのような手順でどうしたらよいのか。
また弁護士をたてていくのか。
離婚するにあたって譲れない離婚条件はあるはずですし、相手がそれでのむか否かも心配です。

いっぽう離婚ではなく、浮気調査で知った不倫に終止符を打たせたい方も多いはずです。

「私(僕)のケースで本当に不倫を終わらせることができるのか!?」もですし、「不倫に終止符を打たせるためにはどう動いたらよいのか」
夫婦を続けたい意向の方にとっては、まさに不倫との闘いとなります。

そして「まずは不倫相手に対して慰謝料請求をしたい」方もいるはずです。
その場合の対処の方法、やり方はどうするのか。

探偵に浮気調査を依頼して、証拠を得た、真実を知った後にも、やはりそれなりの気力、体力が必要だと感じるはずです。

では過去の依頼者方は浮気調査の後にどのような選択をされ、その選択によって導かれた結果とはどうだったのかを、弊社探偵相談員が紹介することによって、これからの対処方法で悩んでいるお客様、現在ある対処策を施しているが足踏みしているお客様に参考としていただき、自身のケースに照らし合わせていただけたら幸いです。

また事例紹介するにあたって、弊社相談員から繰り返し述べることがあります。

浮気している夫(妻)と別れる、別れない、つまり離婚する、離婚しないにかかわらず、どのような選択をするのにも浮気の証拠は必要です。

夫(妻)が100%不倫を認めていて、あなたの希望する条件を受け入れる用意のある場合は別です。

しかし夫(妻)が100%自分の不倫を認めて、相手の希望を受け入れるということは微々たる事例であって、期待することは現実的ではありません

離婚するしないにかかわらず、切り札は「確かな証拠」なのです。

「確かな浮気の証拠」がなければ、離婚に進むにしても、修復の道を選び不倫相手と別れさせることも難しくなるでしょう。


○○○○○○○○イメージ
今は離婚しない、夫婦を続ける選択をした事例


浮気の証拠は封印し夫との修復に努力しました。(30代前半、千葉の妻の選択)


夫との夫婦修復ため不倫を終わらせた選択をしました。そのためには夫と浮気相手を完全に別れさせることを実践しました。(30代後半、千葉の妻の選択)


浮気相手に信念をもって立ち向かう強い妻

浮気調査によって得た不貞の証拠と、妻として信念を貫き毅然と不倫に立ち向かっていったのです。(30代後半、千葉の妻の選択)


いくら決定的な不貞の証拠があっても、不貞を否認してきたり、反論すらせず、完全無視を決め込む浮気相手もいます。
内容証明を自分で二度、浮気相手に送って不倫に終止符を打たせた妻のケースもそうだったのです。(30代の千葉の妻)


不倫相手が弁護士をたてて通達、けん制してきた
離婚を考えていなく、とにかく関係を断ち切らせるために浮気調査の後、不倫相手に対して行動を起こす妻は少なくありません。
が、妻が行動を起こした後に、浮気相手が弁護士をたてて抗戦してきた事例です。


なお、ダブル不倫の場合、不倫相手の配偶者に会うケースも時には有効です。
浮気相手に会ってきた!事例集でも紹介しておりますが、
夫の不倫相手の配偶者に会って解決した妻
もいます。



○○○○○○○○イメージ
離婚を選択した事例


浮気調査で証拠をとった後、浮気している妻とは協議離婚で解決しました。
切り札は浮気の証拠でした。(40代前半、千葉の夫の選択)


不倫を隠している夫と離婚したい!(30代の千葉市の妻)

夫も離婚したい意向で、話ししている離婚条件もおおかた納得しておりますが、不倫していることを隠し通すつもりです。このタイミングで不貞の証拠をとって不倫の慰謝料も請求します。夫の不倫を見過ごして離婚するわけにはいきません。


離婚を考えていたが、いったん保留にした事例


浮気夫と離婚して家をもらいたいのですが、離婚によって妻が得られる財産分与の範囲の現実を知って一旦離婚を保留することとしました。
どうして裁判所は弱者である妻の利益をもっとくんでくれないのでしょうか(50代前半、千葉の主婦の選択)


夫との離婚を選択していました。まず浮気相手の女性に対する慰謝料請求の裁判に入り、その後夫との離婚を争う予定だったのですが。子どもの福祉や離婚後の生活のことを考え、離婚を保留にしました。(30代後半、茨城の主婦の選択)


離婚裁判まで進展した事例


浮気調査の後、夫と離婚でいいと変わった妻の事例です。

探偵の浮気調査による証拠と自分自身が収集してきた証拠によって、裁判所は夫と浮気相手の不貞関係を認め、満足いく慰謝料を夫からも浮気相手からもとれることができました。
しかし妻は当初、「不倫相手の排除」を目的とし、離婚は考えていなかったのです。(30代半ばの千葉の妻の選択)


夫との離婚論争は裁判まで進展しました。
妻は何としても夫に不貞行為があったと裁判で認めさせたいのでした。

先行して不倫相手からはある程度の慰謝料をとることができたのですが、「私はここまで苦しまされてきた夫に対して不貞行為があったという判決をとり、最後のケジメの意味で夫に認めさせ離婚したい!」(40代半ばの千葉の妻の選択)


浮気調査の後を考える依頼人


調査したが浮気していなかった、証拠が掴めなかった事例


調査後のひとつの例として、想定外のシロ(浮気行動をとらなかった)の結果で、そして相談員が下した見解も「ご主人(奥様)は浮気していないと思われます」というケースの方も稀におられます。

依頼された期間において、たまたま行動を起こさなかったというのではなく、「浮気していないのでは」というプロの見解なのです。

いったいどういうことなのか。また依頼者は浮気調査の後、この事実にどう向き合っていけばいいのか。

また捕捉として、「浮気はしているけど、探偵が浮気の証拠を掴めなかった」についても説明しておきます。

浮気の証拠が掴めなかった結果にどうしろと!?|調査後の対処をご参照ください。


また浮気調査の前と真実を知る過程、知った後の気持ちの変化はよくあるものです。
どのような気持ちの変化を依頼者様は抱く傾向があるのでしょうか。浮気調査を依頼する前と後の気持ちの変化もご参照ください。


そしてもうひとつ解説しておきたいことがあります。

浮気調査の後に多くの依頼者様がお考えになっている行動です。
その行動とは、
浮気相手に会うという行動です。

依頼者様にとってどれだけの精神的苦痛を被らされたか、眠れない日々が続いたか、その怒りの矛先は浮気した夫(妻)だけではありません。

実際に浮気調査を終えたお客様から、「調査した後、不倫相手に会いたいのですが、どのように行動を起こしたら良いか、どういう心構えで実行したら良いか」とアドバイスを求められます。

そのような方のために、夫(妻)の浮気相手に会った事例を紹介しております。