本文へスキップ

浮気調査よくある相談|教えて!千葉の探偵さん

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

よくある相談|教えて!千葉の探偵さん

 浮気調査をお考えの方、夫(妻)や彼(彼女)の不倫でお悩みの方からのよくあるご相談、ご質問をMKリサーチ|千葉の相談員がご紹介します。

 探偵社のサイトではあまり教えてくれない内容も入っていますので、ぜひ参考にしてください!

 浮気問題でお悩みになっていることはありませんか?MKリサーチに過去、多く寄せられたご相談ご質問を紹介するコーナーです。

 あなたの疑問、お悩みに近いものはございませんか?



千葉・東京の探偵相談員


 
浮気調査をご相談されてくる方は、みなさんこうおっしゃいます。

「まさか自分が探偵社に相談するなんて思ってもみなかった」と。

 夫(妻)や彼(彼女)の不倫を疑い、悩み苦しみ、誰かに相談するまでには長い時間を要する傾向があり、誰にも相談できず(相談せず)お一人で悩まれている方が多いのも事実です。

 「こんな相談するのは自分くらいでしょうか・・・」と、

 不安になってお話される方もおられのですが、誰しも浮気問題はたとえ身内にでも知られたくはないこと。

 ですから調査のご相談者は秘密を抱えて秘密に探偵・興信所に相談されますので、誰が相談したなんてわかりません。

 あなたの友人、親戚、親など誰かしら探偵・興信所を使ったっていう人がいるというお話もよく耳にします。

 よって、あなたが想像さている以上に、実際に探偵・興信所を利用した方って多いのが現実なのです・・。

 驚きですか?浮気調査は弁護士だって、警察だってお受けしないのですから。

 探偵に調査を依頼するなんて気が引ける、料金がいったいどのくらいかかるのかも不安であるというお気持ちの方もいます。

 また調査で真実を知ることが怖いとか、本当のことを知ってもその後どう対処したら良いのかわからないという声もよく耳にします。

 このような疑問の他には、

 「私の事例では夫(妻)は本当に浮気しているのだろうか・・・」とか、

 「探偵さんに頼んだ日に限って行動を起さなかったらどうしよう・・・」とか、

 「いったい調査をどのくらい頼めば証拠がつかめるのか」などという浮気をしてるのかしていないのか、

 依頼したタイミングで浮気行動を起こすのか起さないのかなどというご相談もよくあります。

 MKリサーチでは、長年にわたり千葉・茨城の浮気調査をお受けしてきた豊富な事例があります。

 その場数では中小探偵事務所(全国の探偵・興信所は90%以上が中小探偵事務所です)の中では負けない自負がございます。

 豊富な相談実績があるということは、様々な事例に対処し、実際に調査をお引き受けして、その調査結果に基づいて依頼者の希望に合わせた対処策を施してきたことに他なりません。

 かつ、浮気相談は現場も熟知した相談員であるからこそ信頼性が大きいのであって、ご依頼者と起承転結まで一緒に対応してきたからなのです。

 その経験豊富な弊社相談員が過去にお受けしたよくあるご相談やご質問をご紹介していくコーナーです。

 ご相談、ご質問内容は都度最新なものをご紹介してまいります。ぜひ、ご参考にしてください。



千葉の浮気調査依頼人



 
成功報酬、結果保証で依頼できますか?

 「結果」がとれなければ¥0円のプランで依頼したい相談者からです。

 弊所はそのようなプランはないのですが、聞かれることはあります。

 しかしこのようなプランは注意が必要です。その問題点を解説します。



 
浮気調査をどのくらい頼めば浮気の証拠がとれますか?

 浮気調査を相談されてくる方の中で、たまに唐突にお聞きしてくる場合がありますが、何日とかどのくらい頼めば浮気の証拠をとれるものなのかを解説します。



 
浮気調査の一日の探偵料金はどのくらいかかりますか?

 これは非常に多いご質問、ご相談です。

 一日の料金、一時間の料金の数字の安さだけで飛びつくことがいかに危険か解説しておりますので、ぜひ一読ください。



 メールは浮気の証拠になりますか?

 不倫相手との送受信メールの中身は浮気の証拠となるのか。

 メールが浮気の証拠としてどこまで有効か解説します。



 浮気調査でばれたりしませんか?

 調査を依頼される方の不安や心配ごとの中で、意外に多く耳にするのが、「調査していることがばれないのか?」ということがあります。

 弊社ベテラン調査員が詳しく解説します。



 
浮気調査をどの探偵社に依頼したらよいですか?最後まで迷っています

 サイトで良心的な探偵社を数社選択してきたにもかかわらず、最後の最後にどこに調査を依頼したら良いのか迷っている方も多いようです。

 サイト内、電話相談する探偵の選び方を参照してください。



 浮気相手の部屋の出入りしかしない証拠って不貞の証拠として認められますか?

 不貞の証拠ってどこまでの証拠があれば裁判所は認めるのでしょうか。

 浮気調査でラブホテルなどに入れば不貞行為は間違いなく立証できるのですが、相手の家(部屋)だけの出入りというケースは多いものです。

 不貞か?否か?解説します。


 GPSを使って調査を自分でやり証拠がとれないでしょうか?

 GPSをレンタルしたり、GPS携帯を購入される方がいますが、MKリサーチではお勧めしておりません。その理由を解説します。



 離婚するかしないかわかりませんが浮気調査を頼む意味ってあるのですか?

 非常によくあるご質問のひとつです。

 離婚するための浮気の証拠の意味、離婚はしないための浮気の証拠の意味をそれぞれわかりやすく解説します。



 水戸市、日立市周辺の浮気調査の相談は可能ですか?

 弊社から2時間以上離れた地域からの浮気調査のご相談は年間通して少なくはありません。

 遠方、やや遠方の調査に対しましてのMKリサーチの見解を解説します。



 浮気調査を一週間依頼した場合の料金は幾らくらいですか?

 一日の料金のご質問ばかりではなく一週間、一ヶ月の料金のお問い合わせもございます。

 やはり大切なのは料金の安さばかりではなく、その料金でどこまでの調査を行なってくれるかです。ご参照ください。



 探偵に調査依頼したことが離婚理由にされないか不安なのですが

 離婚を迫られている方にとって、探偵・興信所に依頼することも不安のようですが、どのように考えたら良いのかを解説します。



 夫婦関係の破綻後の不倫は認めれらないのですか?

 夫婦関係が破綻している状態とはどのような状態なのでしょうか。

 また、不倫している夫(妻)は、「夫婦破綻後の浮気だから法廷ではみとめられない」と一方的に主張するケースが多いようです。



 東京の浮気調査も依頼しても大丈夫ですか?

 「都内の現場だから東京の探偵に相談した方が良いのか。身近な千葉の探偵に相談した方が良いのか迷っています。」

 このようなケースは少なくありません。

 お客様はどのように考えたら良いでしょうか。



 浮気調査を依頼して思惑通り動いてくれなかったら不安です

 思惑通り対象者に動きがなく、なかなか結果が得られない場合はまれにあるものです。

 そのような場合、MKリサーチではどのように対応するか解説します。



 浮気調査の日時を後で決めても良いですか?

 探偵に浮気調査を依頼したいことは山々ですが、調査したい日のチャンスを待ちたい相談者はどのようにしたら良いのでしょうか。

 また面談するタイミングはいつにしたら良いか解説します。


興信所に相談する東京依頼者



 
依頼した探偵社に追加依頼するかしないかの判断は?

 依頼した社が欲しい結果を掴めませんでした。

 いったいなぜ?という思いです。

 どうしても不倫の証拠、事実は掴みたいのですが、このまま同じ社に継続してもらっても不安でなりません。

 他社を探した方が良いのでしょうか。

 まずは依頼した社に調査報告書を提出してもらいましょう。

 ”たいした調査をしていなかった”とか、”技術力が乏しい感じか”は、その結果報告書を見てからの判断なのです。

 どのような結果(言い方に語弊がありますが)であっても、「なるほど」と思えるような証拠写真と事実通りに記載された行動記録であったなら、調査の方法から日時の選定の目の付けどころから練り直し、費用も多少勉強して欲しいというスタンスでいた方が賢明だと思えます。

 追加依頼するにしてもターゲットを見て瞬時で把握できるメリットやら、統計的な行動の流れも把握しているなど安心材料は多々あるのですから、調査を決行した日時に浮気行動を起こせば証拠を掴むはずです。

 ただし、高額な費用の探偵社に依頼してしまったと確信された方は別です。



 
不倫相手をマークする調査にできますか?

 自分のご主人や奥様(不倫している)を尾行張り込みするのでなく、相手のほうをマークできないかとのご相談です。

 「主人の行動パターンが読めません。仕事も不規則なため、相手の女性を張って追跡した方が効率が良いと思う」

 「旦那は相当に警戒していますから、不倫相手の方を追ったほうがやりやすいと思います」

 だいたい以上のようです。

 結論を言いますと、「不倫相手の方を張り込んで尾行する」ことは、普通にあり得ることであり、状況をお聞きしたうえでそれが得策だと判断することもあります。

 もちろん、相談者が何も言わなくても、弊所の方で、「このケースの場合、相手をマークした方が効率が良い」と判断したなら、ご依頼者に提案することもあります。

 どうしたら証拠を効率よく確実に収集できるか!ですから。



 不倫相手と裁判で係争中でも会っているのですが・・・

 調停、裁判に入ってもこっそりと接触する二人はいるものです。

 配偶者に問いただしても「もう別れた」、「会っていない」と言うばかりでしょうし、提訴したほうも、裁判まで起こしたのだから、まさかもう会っていないだろうと思うようです。

 しかしいまだに関係が続いていることを知った奥様は弊所に相談されてきました。



 他社でまだ調査中ですがおたくに依頼相談できますか?

 いったいどうしてこのようなことになるのでしょうか。

 他社に依頼して結果報告も提出さたうえでの再調査のご相談はよくあるのですが、今まさに依頼中の方はどうしたら良いか・・・「できることなら乗り換えたい」とまで考えてしまう方もいるものです。

 そのような場合、弊社の対応、及び相談者にお伝えする注意事項を解説します。



 あまり会ってないようですが証拠とれますか?

 もっと前に依頼しておけばよかったと後悔しながらも、証拠をおさえたい相談者は多いものです。

 ただタイミングが悪いと不安が先行しているようですが、その理由をお聞きしませんと何とも言えません。

 あなたの場合はどうなのか、弊所がどう判断するか詳しく解説しております。



 
東京、千葉以外に住んでますが東京都の浮気調査を依頼したい

 現場は東京都内だという相談者ですが、お住まいが千葉からはちょっと離れている神奈川県、埼玉県の方です

 弊所は全調査の40%が東京です。

 調査に対してはなんら支障ありませんし割高になることもありません。

 面談で千葉市の事務所に来られることを奨励しておりますので、ぜひご相談ください。


 証拠をとったら弁護士に依頼しなければダメですか?

 探偵の証拠を得た後、浮気相手に慰謝料請求したり、離婚に向けて行動を起こす場合、弁護士に依頼しないと駄目でしょうか。

 正直、弁護士費用までの出費は難しいです。

 このようなご質問はよくありますが、弊所の見解を解説します。



 
関西の調査はやっていない?関西のほうに事務所はないのですか?

 大阪、名古屋、兵庫、岐阜県あたりに居住される方、まれに九州方面からの相談者もたまにおられます。

 あいにく弊所では関西とか九州に事務所はありません。また弊所でお受けすることも現実的ではないのですが、

 結論を言いますと、難しいとの見解です。

 弊所は、西日本方面の探偵社との業務提携はしていませんし、下請けに委託することもしておりません。

 MKリサーチがこだわっているのが、”起承転結”を自社で責任もって抱えることです。

 もし、西方面の調査を弊所でお受けする場合は、自社のスタッフが遠征して対応するということになります。

 が、移動時間、そして移動経費を考えると総額で割高な料金になる可能性は大です。

 (しかし見積もりを比べたら、地元の探偵社に依頼した場合より総額料金が安かったということはありますが)

 ただ懸念は料金のことばかりでなく、依頼者も探偵スタッフもお互い効率のよくないものになりかねないということです。

 まして、浮気の経緯、状況をお聞きしたら、不倫相手との接触は頻繁ではないということであれば、空振った時の負担が大きくなりましょう。

 よって、以下であれば一度ご相談ください。


 頻繁に浮気行動をとっている夫(妻)である。

 地元の探偵社何社かに相談したけど、決めることができなかった。

 移動経費(交通費、宿泊代)は依頼者が負担できる。

 そして何よりなのは、調査するなら探偵さんのところに頼みたいと思っていたこと。




 不倫相手のことどこまで調べられますか?

 不倫相手の身元調査はどこまで可能なのか、どこまで知ったほうがよいのか?またその調査方法とは。詳しく解説します。



 協会とか団体に加盟している探偵・興信所が安心ですか?

 弁護士であれば、**弁護士共同組合とか加盟していたり、税理士であれば**税理士協同組合と耳にすると思います。

 では探偵・興信所はどうでしょうか?解説します。



 不倫相手のことを先に調べられますか?

 不貞の証拠も欲しいけど、不倫相手のことはわからない状態で依頼をお受けすることは多々あります。

 ただ、相談時に「先に相手の名前とか住所とか知りたいのですが」と言われる方もいますが、MKリサーチではこのように回答しております。


千葉の探偵スタッフ



 
今から調査依頼、出動できますか?

 夫(妻)の不倫現場付近にやって来た相談者からの緊急依頼電話です。

 探偵・興信所であれば、まれにかかってくる電話です。

 MKリサーチの場合、緊急依頼につきましては、調査員の空きがあったうえで、過去に依頼を受けて実際に張り込み、尾行したことのあるターゲット。

 また要請時点、ご依頼を受けている方からの要請に限ります

 かつこれから出動して現場に間に合い、目的が達成される見込みがあるかも重要です。

 これほどまで至急を要する現場なのに、新規の相談者様に面談だとか契約書を交わさないと調査はできませんとか、言っていられないからです。



 不倫相手の部屋番号を調べてください

 マンションやアパート、市営(県営)住宅の建物はわかっているが、住んでいる部屋がわからないというケースです。

 また多くの相談者は、「浮気の証拠はありますのでけっこうです」とも言われます。

 いったいその理由とは?また弊所の回答も解説しております。



 
調査後のアフターフォローは無料でしてくれますか?

 アフターフォロー力って、何を判断にしたらよいのか。
 サイトだけ見ていても、相談員の話しだけではわかりません。

 そのためにMKリサーチでは、浮気不倫問題を根底から斬ったブログ(アメブロ千葉コナン)を定期的に発信しており、アフターフォロー力は当然のこと、不倫問題にどう向き合っているか明確にしている次第です。

 それが一番わかりやすく説得力のある説明かなというスタンスで、相談者様の判断材料にしていただきたいということです。

 ですから、「アフターフォローもお任せください!」と言うは容易いけど、どう対処してくれるのかが問題で、不倫問題は一色単ではないため、依頼者様ごとに”どのような浮気不倫か!?”違うわけですから、個別に違った指南が必要なのです。依頼者の多くが心配するその後の対処。

 これは経験豊富な相談員(探偵)でなければ不可能です。

 MKリサーチでは豊富な扱い件数があり、事例も豊富ですから適切に対処、指南します。

「アフターフォローは万全です!」という”言うは容易い”言葉にはご注意ください。

 最後に質問の答えです、「アフターフォローは無料です!」

 納得がいくまで頼ってください!



 
証拠がとれなくても料金はかかるの?

 一般的に、浮気調査料金の算定の根拠は、現場で調査員が稼働した時間数といえます。

 それが5時間であれ8時間であれ、その時間内で起きたことが事実であり、その時間内に証拠がとれる行動を起こした起こさないは言い方は失礼ですが、料金算出の根拠でありません。

 もちろん個別の探偵社に当たってみたら、その場合割引料金にすると決めることもあるでしょうが、多くの料金システムは、仮に5時間で5万円だとたら、5万円は稼働したのだからどのような結果であってもかかる料金だということです。

 ですから、証拠がとれなくても5時間、8時間の同等料金が発生するわけですので、依頼者も探偵社もはずれがないよう慎重な日時の選択が必要です。



 不倫相手の名前だけ調べてくれますか?

 証拠は必要なく(あるらしい)、相手の氏名だけ調べてほしい相談です。

 なぜ、このような相談が後を絶たないか。その理由と、当リサーチでのお答えを解説します。



 暗い現場でも証拠撮影できますか?

 不倫現場は様々です。車中不倫のように真っ暗な現場もよくあるものですが、探偵は暗くてもはっきりと映してくれるのかという質問にお答えします。



 
ラブホテルに入ったとわかってから調査依頼できますか?

 確かに決定的な不貞の証拠がとれるチャンスです!

 しかしどのような調査であっても、探偵業法で探偵調査を請け負う場合、契約前後書面、調査利用誓約書を交わさなければなりません。

 でも依頼人にとっては、早く現場に行ってくれ!という思いなはずです。

 仮に事前に面談して契約書を交わし、ターゲットの情報を預かっておき、依頼人様の判断で、「今日やってくれ」、「今、向かえる!?」はまだ現実的ですが、その場合、調査員の空きの問題と、これから出動して間に合うか?です。

 よって、「今、(今日)あやしいので、現場に向かってほしい」というご依頼は、事前に面談して契約書を交わした方で、急な依頼の際に、MKリサーチが「今(今日)は無理です」と言われても異議はないことが条件です。

 もちろん、弊所としては可能であれば出動するスタンスですので、ご理解いただければ幸いです。

 よくある相談者の経緯と、弊所での対応の可否を解説します。



 浮気を認めた夫(妻)に調査は必要か?
 
 浮気を認めた(自白した)のだから、それが証拠で調査は必要ないと思うんですが、他の方のケースはどうなのでしょうか。

 依頼しても意味があるのでしょうか。



 証拠が十分でないから追加調査したいのですが

 依頼したところは信頼できるところで、きちんとやってくれたのですが、証拠が十分ではないため、引き続き調査をしたい方は多いものです。

 だが、「その探偵社に引き続き頼めないんです、無理です。」と言われる相談者。

 それはなぜでしょうか。また弊所の対応も解説します。


よくある質問受ける探偵



 他社で調査して事実を掴んでいます。その後の対処を指南して欲しい

 他の探偵・興信所にすでに依頼して証拠を掴んでいる方からのご相談です。

 
調査後の対処をカウンセリングして欲しいようですが、MKリサーチではこうお答えしています。


 
帰ってこない夫は浮気をしている可能性が高いのでしょうか?

 仕事を理由に帰ってこない夫の相談は非常に多い事例です。

 過去の事例はどうだったのでしょうか。


 
離婚したい、別れたい理由に納得がいきません。本当は浮気不倫が原因なのでしょうか?
 
 夫(妻)が離婚したい、彼(彼女)が別れたいと一方的に言ってきている理由とは、性格の不一致を突いてくるケースが多いようですが、本当にそうなのでしょうか。

 これは非常に多く寄せられるご相談です。


 
別居した妻は浮気しているのでしょうか?
 
 離婚したいと言っている妻は別居しています。最近は子供にも会わせない身勝手な行動をとってる妻です。

 このようなご相談をされるご主人も少なくありません。

 過去にお受けした事例はどうだったのでしょうか。


 また不倫相手と再発しているようです

 同じ相手との再発。MKリサーチの相談の中でも非常に多い問題です。

 なかには弊所で以前証拠をとって終止符を打たせたはずのケースもあるわけですが、終わらせることはできないのでしょうか。


 片方が不倫を認めたら相手から慰謝料をとれますよね?

 妻が不倫している夫からのご相談です。

 ある程度の証拠は掴んでいるのですが、弁護士に相談したら決定的ではないと言われたそうです。

 不倫相手から慰謝料をとるには、もう少し決定的な証拠が欲しいと。

 幸い、妻は離婚したがっていて、この男性のことを話したことがあったという。

 妻から自白を引っ張って不倫相手から慰謝料をとりたい夫ですが・・・。


 ・浮気相手に内容証明を送って効果ありますか?

 不倫の証拠を得て、自分で浮気相手に内容証明を送ってみようかと思っている方からのご質問です。

 想定される結果も含め、どのように考えたらよいか解説します。

 なお、浮気相手に、二度内容証明を送った妻もいます。


 不倫相手の排除のため、諦めないしつこさも必要だなと感じたその後の事例です。


 ・不倫の証拠をとったら慰謝料とか誓約書とか探偵さんが交渉してくれますか?

 探偵、弁護士、カウンセラーに対して混同されている方もいます。

 期待できる部分、依頼できる範囲とそうではない部分、範囲はあります。

 浮気問題の解決にあたって意外と繋がりのある3つの職について、相談者はどのように位置づけたら良いかを説明しております。



 神奈川県の浮気調査も大丈夫ですか?

 MKリサーチでは、東京と同様に神奈川県にお住いの方からの相談は年間豊富にいただきます。

 神奈川の調査に対して解説しております。



 埼玉県の浮気調査も対応できますか?

 埼玉県にお住いの方から調査現場も埼玉県内という浮気調査のご相談はけっこうあります。

 弊所では自社調査員で対応しているため、調査状況により可能であれば、お断りすることはありません。


 車内で不貞行為に及んでいる音声だけで証拠として十分ですか?

 ホテルは利用せず、車の中ばかりで不倫密会している二人は少なくありません。

 ICレコーダーで録音したリアルな不貞行為の音声。

 声の主は夫(妻)に間違いない!

 確かな証拠なのですが、相談者の心配は尽きません。



浮気調査を相談される探偵



 「総額30万円で浮気の証拠がとれるまで調査します」言われました。


 未知の世界です。浮気調査をこのような条件でお受けすることは考えられません。

 しかし、明らかに毎日浮気をしていることが明白な事実であると予測できた調査なのであればありえるのかもしれません。

 しかしそうであれば、むしろ料金は高額です。



 
調査料金の追加請求を不当にされませんか?

 お客様が浮気調査のご契約をされる際に、調査契約書に「追加請求はいっさいしない」と記載しておりますのでご安心ください。
 
 追加請求が発生する場合とは、お客様がご契約時に取り決めた内容以外の依頼をされた場合とか、追加調査を依頼した場合などです。

 しかし、追加調査の場合も必ずご依頼者に確認と承諾を得てから行いますので、調査員が勝手に進行することはありません。



 
浮気調査を依頼することが後ろめたいのですが。

「浮気調査をすることがうしろめたい」そのお気持ちは十分よく理解します。

 しかし、これだけ眠れず、ご飯もおいしくなく、苦しい日々を送ってきた原因は何でしょうか。相手が悪いのですよね。
 相手の浮気、不倫問題ですよね、あなたの精神的な苦痛の原因は。

 ですから浮気調査によって本当のこと、真実を知って先に進むことが必要なのです。

 いくら苦しんでいたって相手は本当のことをいうはずがありません。

 浮気調査をあなたにさせる原因、探偵・興信所まで使わせる原因は相手がつくったんだと、そう思うことです。



 
真実を知ってからどうしてよいかわかりません。

 浮気調査で真実を知ってからの対処策が実は一番大切なことであります。

 当事務所では、本当のことを知ってから、お客様がどうしたいのか、どうなることが希望なのかを改めてお聞きし、適切な選択ができるようにしっかりとサポートさせていただいておりますのでご安心ください。
 
 どうしてよいのかわからない方は、がんばる必要はありませんよ。一緒に考えましょう。

 しばらく様子を見られるなら何カ月たっても何年たった後でもご連絡ください。

 MKリサーチはそのような姿勢でお客様に対応させていただいております。



 
調査報告書は調停、裁判でも使えますか?

 浮気調査の調査報告書を受け取った依頼者には、法的な処置をする方も少なくはありません。

 調査報告書を受け取って、すぐに法的な処置をしたりする方にとってはもちろんのこと、1年2年様子を見る方もいますが、調停や裁判での切り札として活用できる調査報告書、相手に交渉するにしても有利に話し合いを進めることのできる調査報告書を提出しますのでご安心ください。



 
偽名、匿名、面談不要で依頼できますか?

 ご自分の氏名、住所を伏せて依頼したい方もまれにいますが、個人情報を伝えることが心配で不安なお気持ちもわからないでもありません。

 また電話だけで頼めるかと言われる方も年間を通して何人かいるものです。


 匿名依頼、電話だけでの依頼の弊害、デメリットを弊社ではこうお答えしております。

 なお、依頼者の個人情報はもちろんのこと、知りえた情報はすべて秘密厳守ですのでご安心してください。



 一回ごと調査依頼できますか?

 一度に複数日、複数週の調査契約は不安だから、段階を踏んで依頼したい方からの要望です。

 依頼の方法としてはお受けできます。あとは、メリットとデメリットをよく理解されたうえでご判断してください。



 
現場はおたくの調査員がやってくれますか?

 相談者は依頼した探偵・興信所が責任もって現場を行うものだと考えてますが、そうとも限らないのがこの業界です。

 つまり業務委託が水面下で行われていることがあります。

 業務委託がいけないと言ってるのでなく、依頼人が知らないまま現場がよそにふられていること、また高額な費用が依頼人に転嫁され、結局依頼人の利益にならない場合があるからです。

 現場は依頼先が行うのか事前に確認することは必要です。

 もし業務委託されるならば、委託先の名称、所在地、代表責任者などの情報を書面に記される必要はあります。



浮気、不倫問題はMKリサーチへご相談ください
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42
探偵サイトの一部デザイン
よくあるご相談|千葉・東京・茨城の探偵