本文へスキップ

探偵は見た!|驚きの浮気、不倫現場の数々

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

夫(妻)にどう接するか、向き合うか

 最後にもうひとつ大事なことがあります。探偵に依頼する前後に、あなたの浮気問題が解決するために、あなたがどのような状態を維持するかです。

 探偵に依頼するまでに自分で探れる方法を紹介してきましたが、実務的な面はともかく、浮気夫(妻)に対して、どのように接していればよいのか。

 MKリサーチもよく聞かれますので、最後にお伝えします。




不倫する夫に悩む妻



浮気夫(妻)に対してどう向き合ったら良いか、接したら良いか


 探偵に浮気調査を依頼する前に、自分で探れることはやってみるのもありだと説明してきました。

 実際に今までに多くの相談者が何かしら浮気の材料を得ており、中には浮気行動のパターンまで把握できている、

 浮気相手がどこの誰かまでもわかってしまっている方も少なくありません。

 GPS携帯(GPSレンタルも含む)で探るとか、ボイスレコーダーで録音するとか、携帯電話、スマホをこっそりと見るとか、ご自分で相手の浮気を探ってきた方は年々増えていっていると正直痛感します。

 現在、浮気問題のさなかにいる方も、頑張って自分で探ってみようかと考えている方も多いのではないでしょうか。

 ご自分で探ることは確かにリスクはありますし、気持ち的に後ろめたさがつきまうことも事実です。

 ですから無理をしてまで「探りましょう」とは言いません。

 しかし自分で探ってみた結果、多少なりとも事実がわかってきたり、いざ探偵・興信所に依頼したとき、それまでに知り得た情報が役にたつことが多く、それが調査の効率と費用の軽減につながるのも確かです。

 「探偵に依頼する前まで自分で探る」というテーマで解説してきましたが、もうひとつ実践して欲しい大事なことがあります。

 実は今から解説することが一番よく理解して欲しいことなのです。

 浮気する夫(妻)に対してどういう気持ちでいるべきか

 浮気する夫(妻)にどう接していたら良いか


 この2点です。

 相手の浮気の情報を得ていくこともですが、肝心なあなたの心の持ち方、考え方が非常に大切なのです。

 それは離婚をするにしても、離婚しないと決めていても、実践していただきたことです。


夫に向き合う依頼人の妻


むやみに相手を問い詰めたり、責め続けたりしても堂々巡り


 確たる証拠がない限りは、ほとんどの方は浮気を認めません。

 一度や二度は問い詰めてしまうことは仕方がありませんが、その程度でおさめておくようにしましょう。

 だんまりを決め込んでいたり、逆切れしたりとするわけですから、「むしろ余計あやしい、図星なんだ」と思っていれば良いのです。

 どんなに正論かまして、真実を問うにしても絶対に本当のことは話しません。


「どうして浮気した?」、「なせ浮気?」と問い詰めても無駄です


 なぜ浮気したのか・・・これはやはり誰しも気になることです。

 探偵さんのブログでも、「なぜ浮気したか」を知ることは意味がなくはない。

 だって知りたいのだから。そしてどういう浮気かによって対処策が見えてくる。
 と言ってきました。

 でもそれを浮気している相手に真正面向いて聞いたところで意味はないだろうと思う観点は多くのカウンセラーさんと同意見です。

 知ることは大事、でも聞くここと問うことは意味がない と言えます。

 「うちの旦那(嫁)がなぜ浮気をしたのか?」については、弊社相談員が、お客様の事例ごとに判断してかなり正確にお答えしている次第です。


自分で探って知った事実に動揺、錯乱して、言ったり、不自然な態度を出さないよう気をつけましょう。


 まれに浮気相手とのメールを見てしまったりして、すぐに相手に問い詰める方もおられます。そのお気持ちは探偵でもよく察します。

 でもそれは絶対にNGです。

 要するに携帯、スマホを勝手に見ていたことがばれる瞬間です。

 まれにGPS、ICレコーダーなどの発覚につながってしまったケースもあります。

 「黙っていようと努力しますが、どうも態度に出やすいのですが私・・・」という方もいましょう。

 そんな場合はあまり顔を合わせないことです。

 具合が悪いって言って消えてしまうのもよいでしょう(家の中にです)。

 「それも夫にあやしまれないか不安です」と、また心配される方もいます。

 本当に失礼な表現なのですが、「旦那さんは今は奥様より女のほうしか頭にないお花畑状態ですから、妻の変化には気がついても、どうってことはないでしょう」と回答しているのですが、実際その通りなんです。

 いずれにしろ、自分で探って知ったことは内部情報としてしばらく封印する覚悟でいてください。

 そうです、「時期到来まで温存だ!」という覚悟なのです。


相手が離婚を迫ってきても乗らないこと。離婚届は離婚するときです!


 「こっちは離婚だから!」と離婚届けを持ってきて、人によっては自分の署名と押印して叩きつけてくる(そっと置いておく)夫(妻)もいるものです。

 基本的なことを言います。喧嘩に熱くなって、破れかぶれになって、間違っても署名、押印しないことです。

 安全策として市役所、区役所に離婚届不受理申請をすぐにしておくことも良いのですが、相手の挑発にのって簡単にサインしてはダメです。


千葉県の探偵相談員


信念を貫いてください!


 「どうしたらいいんだ?」、「どうすればいいの?」なんてお伺いたてても意味はありません。

 また、「私の悪いことは直します」と謝ったところで、余計加害者扱いされるだけです。

 「おまえ(あなた)のせいで浮気に至った」と、より肯定させるようなもので、あたかも浮気している夫が被害者同然みたいな態度をとるでしょう。

  とにかく、離婚した方がよいか、しない方がよいかという考え方から、
 私(俺)は離婚はしない! 離婚する!と毅然とした態度を持つべきです。

 またそれは、浮気している夫(妻)に対して、ダメなものはダメ、して良いことと悪いことはある。
 あなたがやってることは悪いことだと貫くことです。

 そこに、「ほんと、私が悪かった・・・」、「私のせいかもしれない・・・」という心はありません。

 それは解決がつき始めたころ、ついてからで良いのではないでしょうか。


浮気夫(妻)の一字一句の言動に惑わされないこと


 要するに言っていることが支離滅裂なのです。

 そういうケースが非常に多いのです。

 口論になって「出て行く!」と叫んでいても、出て行かない。 「この前言ったことは何だったの?」と感じてしまうことはきっとあるはずです。

 理想ばかりを言っており、現実的な話となると煙に巻いたり、その場限りのことを発したりする傾向は大です。

 言っている浮気夫(浮気妻)もよくわかっていないのです。

 もちろん背後にいる不倫相手にかなり影響されているのも現実。

 ですから浮気問題で夫婦喧嘩になった際、夫(妻)が突拍子もないことを言っても、あまり真に受けないことです。

 そうです、相手にしないくらいが丁度良いのです。


必ず解決するというポジティブな気持ちを捨てないことです


 夫婦だけで浮気問題を解決することのリスクは強く感じています。

 離婚はしないという方は、浮気相手と完全に切れるまでは、夫婦二人だけで処理しようとしないことです。

 離婚するという方は、あなたが承諾できる離婚条件が決まり実行されるかがポイントなので、夫婦二人での協議もあり得ます。

 とくに離婚はしたくない、しないと考えている方の中には、夫婦二人で解決しようとした方は少なくはありませんし、そのお気持ちは理解できます。

 しかし「実際はぜんぜん解決していなかったんです」という展開になるケースが非常に多いものです。

 もう一人いたことを忘れてはいけません。

 不倫相手は本当に排除できたのでしょうか。

 そして、あなたにとって、「納得のいくカタチで離婚する」、「離婚はしない。浮気相手と終止符を打たせたい」と、どちらに進むにしても、必ず解決するという希望は捨てないことです。

 間違いは正す!何としても不倫はここで終わらせるという強い気持ち。

 きっちりとけじめをとらせて離婚するという決断。

 とにかく自分を信じて信念を貫くことです。

 当サイト内、浮気夫(妻)にどう向き合うか|探偵コラムで、向き合い方を斬っております。ぜひ参考にしてください。


 探偵依頼前に自分で探る方法|トップへ


 探偵つけようか?と思ったらMKリサーチにご相談を
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42