本文へスキップ

いつまでも浮気を知らないふりできますか?|探偵コラム

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

いつまでも浮気を知らないふりできますか?|浮気、不倫を斬る!

離婚は回避したい、不倫も終わらせたかった。
だから探偵つけて証拠をとったし、真実を知った。

しかし妻のとった行動は、さらに様子見、知らないふりだった、、、。

離婚を回避したいのであれば、探偵つけて証拠をとって行動起こしたらダメ。

探偵つけても、相手の出方をうかがっていたほうが賢明。

いざとなったら証拠があるから対処できる。だから証拠はお守り、保険になる。

確かに探偵さんも”証拠はあなたのためのお守り、将来の保険”とも言ってきたけど、まさかず〜っと知らないふりを決め込む事は想定していなかった。




浮気調査の証拠浮気調査の依頼人の妻


夫(妻)がこの先,、離婚を言ってきたらその時は行動起こします!



探偵つけて不倫の証拠は握った。

しかし下手に動いて望まない離婚になるのも嫌。

離婚しないのに証拠を盾に行動起こしたらダメともよく耳にする。

だから、旦那(嫁)が離婚を言ってきた時に、「あなたが離婚したい原因は不倫だろ!」と、この証拠を切り札として戦うつもり。

今は浮気を知らないふり、していきます。

探偵つけるまで、浮気を疑って問い詰めたりしたこともあった。しかし、のらりくらり言い逃れされ、いつまで経っても堂々巡り。

また浮気を確信していたけど、何も言わずに泳がしていた方もいる。

そんな月日が長かった方は少なくありません。

そして夫(妻)の浮気をなんとかしたいため、まずは真実を知ろうという意味もあって探偵つけた。

疑惑から、知って、把握して、不倫相手のことまでわかって、夫(妻)の嘘がどれだけ酷いものだったかも身に染みてわかった。

しかしその後の決断は、まさかの「しばらく問い詰めない、突っつかない」

この状態で、「浮気を知らないふりを続ける」ということだった。

もちろん、ずっとではない。妻としては、夫が離婚とか、本気で女をとる選択をしてきた時まで。

ということは、それまでどこの誰とどのような不倫をしているか、以前より明確に知りながら、我慢していくこと。

嫌味の一つや二つは投げていくだろうけど、基本、浮気を知らない妻を演じながらの黙認状態っていうことだ。

探偵は感じてならない、

「探偵つけて証拠とった意味ってあったのか?」と。

浮気夫が何も言ってこない限り波風立てないつもりなんだろうけど、本当にこの状態を妻が維持できるのであれば、「まさに波風は立たない」とも思う。

妻は放置→波風立たない→むしろ家庭と不倫といいとこどり人生→妻は知らない(ふりしている)から、歳を重ねていっても終わらない腐れ縁不倫

こんな図式が出来上がる。

もしかして浮気?とか、疑惑の状態でもない、真実を明確に知ってしまった分、余計辛く苦しいでしょう妻は。

心臓に毛が生えているくらいの強靭な強い妻なのか、、、

そう思えてなりません。


千葉の探偵相談員




ずっと不倫を知らないふりができる、するのであれば、探偵つける意味はあるのか?



様々な方を見てきまして、探偵さんは、探偵つけて証拠までとる意味はない、妻がなんとなく把握している程度でいいのではと思えます。

生活のため、子供のため、自分のことは犠牲にしてでも夫の不倫を見て見ぬふりができる、頑張って知らないふりしている方もいます。

けどそれは無理だった、、、という方もいる。

ならば、本当にずっと知らないふりができる(する)のであれば、そこまでの真実を知らない方がいい、知ったら余計辛い、きっと「もう無理」ってなる妻のほうが多いから。

探偵つけて証拠とったということは、普通に考えて、はっきりした不貞の証拠を得た。相手がどこの誰かもわかった状態です。

そしてどういう密会の仕方をしているとか、どの程度の関係かも、ある程度明確になっているわけです。

この材料ですぐにでも離婚しようと思えば、可能なレベル。

この証拠で不倫相手に慰謝料を請求しようと思えば、とれるレベルなわけです。

また言い逃ればかりして逃げている夫そして女を舞台にあげて、今度こそ終わりにさせるチャンスであります。

それがまさかの弱気、、、転換。

浮気夫がどうこうしてくるまで、こちらから切り出すことはしません!

だから「このまま不倫を黙認しながらの生活に耐え忍んでいく。」とまではっきり言わないでしょうが、そう聞こえます。

それができるなら、否定はしません。

でもそれを貫けるのはほんの一部の違った意味で強い方。誰しも真似できることではありません。

「結局、無理だった、、、」

また、浮気夫が離婚を強要してきたら、、、という観測。

これも意外に、「離婚は言ってこない」わけです。3年後も、5年後も、その先も。

だって、そういうつもりで不倫しているわけじゃないから。

それは調査された方には、「離婚するつもりないですよ!」と探偵さんが言っていたケースもけっこう多い。

ということは、妻に突っつかれず、問い詰められず、不倫のことについては放っておかれることがどれだけ浮気夫は心地良いか。

妻は悶々として苦しい日々を強いられているなんてどこ吹く風。

むしろ、「言ってこないってことは、信じているな」とか、「気づいていないな」ってものでしょう。

ほんとおめでたいのです。

だから、こっちもあっちもいいとこどり。
結局、「証拠が切り札、保険とかお守り」とは言いますけど、ただ知っただけ、、、

なんか浮気しているほうのさじ加減に振り回されているようです。

その不倫、終わらせられるのに!

って、諦めずに信念を貫いてほしいものです。

その信念、子供が成人するまで不倫は黙認、離婚もしない。

定年になるまで不倫は黙認して、その後離婚を考える!?

最初から、そうだったのですか?


浮気、不倫を斬る!|コラムメニュー