本文へスキップ

浮気したから夫(妻)は変わった|不倫を斬る!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気したから夫(妻)は変わった|不倫を斬る!探偵コラム

夫婦は普通だった。
そもそも夫(妻)が浮気したから、夫婦関係はこうなった。
それが事実なのに、「浮気したのはおまえのせい!」とくる。

浮気する前から、夫婦はダメだった!?

一緒にお出かけすることもあったし、家族旅行(夫婦旅行)まで行ってたのに、女ができたら忘れるらしい夫たち。

している方はなんでもかんでも都合よく妻のせい、夫婦関係のせいとするもの。

おかしくなったのは、浮気夫(浮気妻)のほう、そこは強く思ってよし!と常々感じる探偵だ。




○○○○○○○○イメージ
夫婦は普通だった、そこは自信もって!


お互い長所も欠点も受け止めて一緒になったはずの夫婦。

「まさか浮気する人だとは思ってもみなかったというのが誤算」だとか聞こえてきましたが、そこは置いといて、完璧な夫、完璧な妻なんて、そうそうどこにでもいるものではないものです。

結婚生活が長くなるにつれて、結婚前にはわからなかったお互いの嫌な部分も見えてくるし、不平不満を言ったらあるはず。

「こういうところは嫌やわ〜」とか、「あ〜いうところだけは理解できない」だとか同じ屋根の下で他人の男女が暮らしていればあって不思議ではありません。

もちろん、相手の嫌な部分をはっきり言う人もいるだろうし、我慢している場合も多いでしょう。

結局、夫(妻)の嫌な部分も”仕方ない”できちゃうのが現実なのかもしれません。

「何を言っても直らないし」もあるか(苦笑)

そんななか、ある頃から夫が一人の女性と仲良くなったとします。

そのきっかけは様々。

同じ職場の中でお近づきになったケースがだんとつ多いのですが、仕事関係で知りあったり、友人の結婚式で知り合ったり、なかにはお子さんの学校で知り合ったり。

職場の場合なんて日々顔を合わせているわけです。

飲み会やら食事会とかのイベントに参加して、たまたま二人きりになって意気投合。

他の出会いでも、「食事でも行こう」から始まり、そこに下心もない場合だって意外とある。

しかし、二人きりで会って食事をするというイベントに、刺激を与えられたように気分が高揚する二人。

もちろん連絡先は教え合っているはずだから、その後もラインやメールでやりとりをする。

お互い、胸のときめきを感じながら浮かれて熱くなっていくわけです。

こうなる前に、夫自身、「理想の彼女でも見つけるぞ!」とか、「浮気してやる!」なんて確信していたか!?

いやいや、浮気活じゃあるまいし、それは一部の浮気者の夫であれば、最初から下心ありありなのもいるが、そうじゃないでしょう。

「なんでこうなったか、、、俺にもわからん」って言う浮気夫もいるのですが、それも当たっている部分はあるのです。

最初から「この女と不倫する」って思って、一緒に仕事していたわけじゃない。

最初から「この女に乗っかる」って思って、ご飯に行ったわけじゃないのです。



ダブル不倫している夫


夫が浮気したからこうなった!夫婦がおかしくなったのは夫のせいだ!



夫が一人の女性と食事した。お酒を飲みに行った。

そして、「ありがとう」「ごちそうさま」「楽しかった」「またよかったら」など、結局そういうやりとりって交わさられるものです。

で、また会うことになったとする。

結局まずいのは、あまり期間をあけずに2回目があるっていうこと。

嫌なら、無理なら会わない、次はないでしょう。

だからお互い相手に対して、「あり」「ありかも」と、ジャッジしたともいえます。

その段階で肉体関係まで想像しているか否かはわからないが、いい歳した既婚者どうし、もしくはどちらかが既婚なわけです。

2回、3回と二人きりで接触を重ねていけば、もういつそういう関係になっても不思議ではない。

夫婦は別に破たんもしていないし、むしろ普通だったなか、夫が気晴らしでお近づきになった女性と二人きりで会っている状態。

2回、3回目で不貞行為までいってしまうケースも珍しくないでしょう。

メールやラインでも盛り上がっているはすだし、お互い刺激が欲しい部分では一致していたわけだから、一線を越えるハードルは言うほど高くはないものです。

そして関係が深くなるにつれて、夫の行動に変化が現れるのは当然。

今までになく帰宅が遅い。まさかの朝帰り。

また連絡してもとらない、返事もよこさない。

いくら仕事だとか取り繕っても、あやしいわけです。

もう一度言いますが、とくに不貞の関係になってから、極端に行動パターンが変わるものです。

それ以前は、「いつもより遅い」とか、「あれっ!?」っていう程度かもしれない。

そして妻もそれほど疑ってないし、あまり突っついてないから、夫も余韻を引きづって機嫌がよかったわけです。

しかし、ある時期を境に、結局、夫がよりおかしくなる→あまりにも行動がおかしいから、妻は問い詰める→夫は浮気はないと否定する→妻は疑心暗鬼で疑い続ける→夫婦関係は冷めていく。

結局、「夫婦がこうなったのは、自身の浮気のせいでなく、夫婦関係(妻)にある!」にすり替わっていくわけです。



千葉の興信所相談員



つまり夫がとち狂っていくにつれ(相手の女もですが)、今までにない変わりようになる。

妻としては黙っているわけにはいきません。

明らかにおかしいのだから。

だから、普通に聞く、尋ねる。

また注意する。怒って問い詰めるもある。

でもそれは普通です。

逆に妻が今までにない行動をして夫の目に止まったら、言われるはず。それと一緒です。

問い詰められた夫は嘘を言うしかないでしょう。

だからのらりくらりと煙に巻くわけです。

そしてその段階から夫婦はっさらに冷えていく。

嘘をつている夫に、疑ってやまない妻。

「やっぱり浮気していたんだ」と何かしらの材料を掴んでしまった後からは、さらに悪化していくはずです。

だってそこに居るのは、嘘をついて浮気している夫ですから。


夫としても、これ以上のことはばれない。
上手いこと言っておけば妻なんてどうにでもなるという思い。

これってなめているわけです。
はっきり言うが、小ばかにしているようなものなのです。

探偵さんがここまで事の経緯を説明すればわかってほしい。

妻がおかしいのではなく、

夫が女とお近づきになった頃、不倫関係にまでなるとは想像していなかったかもしれないが、先にやらかしたこと。

その時はまだ他の夫婦と同じように普通の夫婦だったわけです。

「俺にもわからん」で逃げるな!

確かに「わからん」よね?「まさかこうなるとは」と。


それと「そもそも夫婦は破たんしていた」!?

先にとち狂って暴走した果てに、そう言う始末。

もう一度言う、夫婦は普通だったのだと。


浮気問題の解決に向けて、まずは本日提言したこと、しっかりと自信をもって受け止めておいて欲しものです。

浮気したのは夫。

浮気したのは夫がなんとなくやったこと。

そしてとち狂ってきたのも夫がしたこと。

夫がそこまで変わり果てたのは不倫にどっぷり浸かりだしたからです!



浮気、不倫を斬るコラム|メニューへ