本文へスキップ

浮気妻に勝手に離婚届を出された!

TEL. 0120-8383-42

浮気・不倫・夫婦問題解決 無料相談窓口

浮気妻に勝手に離婚届けを出された!|浮気、不倫を斬る!

すぐに離婚するつもりがないのに、離婚届に署名、捺印してはなりません。
離婚したい浮気妻が勝手に市役所に離婚届を出して受理された!
取り消せない?無効だろっ?

妻は浮気相手にマインドコントロールされている。そんな浮気妻も多いもの。

夫を精神的に追い詰め、離婚を同意させ、離婚届に記載させた、、、。

そして離婚届を勝手に市役所に出してしまう暴挙ときた。

でも夫は、離婚に同意しているし、離婚届は夫が書いたものだから、どうにもならない。



離婚届を出した浮気妻離婚に同意した夫


浮気がばれたら離婚を言ってきた妻



結婚5年目の30代前半の夫婦がいました。

二人は仕事が不規則ですれ違う生活だったわけですが、ある時期、妻の浮気が発覚したのです。

妻が夫の不在中に、浮気相手の男を部屋に入れていたのです。

夫が仕事で不在の時間帯は安全だと確信していたのでしょう。

実際このように家に浮気相手を招き入れる妻はいるものです。

しかしいつしか浮気はばれる。

夫は妻の浮気を確信し、突っついたところ、なんと妻は浮気を否定するどころか認めたのです。

そして認めただけでなく、「離婚して!」と迫ってきたのでした。

しかしこの頃、妻の浮気で精神的にどん底だった夫は、浮気する妻、まして家に男を入れるような妻が許せない気持ちでした。

口論のなか、売り言葉に買い言葉。

夫は「もう離婚でいい」という感情になっていた。

妻が出してきた離婚届けに勢いでサインしてしまったのです。

しかし、これからどうするかの解決もしていないのに、離婚しても問題が残るという思いはあったから、「離婚届けを出すのは待って!」と釘をさした。

さらに夫は妻に、「離婚届けを出すときは、ちゃんと言ってね!」と言ったという。

この時の妻の様子は、もう浮気相手の男に無我夢中の様子で、転居先のアパートを勝手に探し、契約していた状況でした。

もちろん浮気相手と一緒に住むためにです。

だから妻は、一刻も早く離婚したかったわけです。

そのような経緯を経て、離婚は回避できないだろう。であれば、後て覆されないよう、不倫の証拠を保全しておき、慰謝させて離婚する。

納得して離婚する それが依頼人の夫の気持ちでした。

で、探偵さんのところに依頼されてきたのですが、、、


離婚を迫る浮気妻



勝手に離婚届けを出されちゃいました!



探偵さんに依頼されてきたときは、妻はすでに家を出て、転居先で暮らし始めていました。

しかし怖いことに、離婚届けは妻が握っています。

それも依頼人の夫が署名している離婚届けです。

「離婚届を出すときはちゃんと言うように言ってます」とのことでしたが、これは非常にまずいこと。

こんなとち狂った浮気妻です。そんな約束を守るのだろうかと。

「離婚届不受理申出を出して阻止しなければダメ!すぐに市役所に行ってください!」と探偵は促した。


そして慌てて市役所に言った夫が直面した現実は、、、

「探偵さん、出されちゃいました」と。

つまり妻が勝手に離婚届けを出してしまったのです。もちろん市役所は受理しております。

夫は市役所の人に何度も事情を説明したのですが、一度受理されたものは取り消せれないと言われるばかり。

勝手に出されたと訴えても、書面に記載されているのは夫の自筆。

夫に離婚意思がないわけがなく、離婚に同意したから、このサインがあるということは事実です。

よって、この場合、一度成立してしまった離婚を取り消すためには、家庭裁判所に離婚無効の調停を申し立てる必要があるのです。

調査は至って順調に浮気妻と男との同棲生活の証拠を積み重ねているなか、まさかの展開。

妻にいくら文句を言っても、時すでに遅し、、、

「どうせ離婚するんだから、、、」とすっとぼけていた妻だったとか。

しかし離婚無効の調停と言ってもです、依頼人の夫が離婚意思がなかったことを立証すること、この浮気妻に、「夫は離婚に同意していなかった」と言わせることは難しいでしょう。

離婚に同意していたことは事実、、、

離婚届けをすぐに提出することは同意していなかった、、、わけです。

その後、夫は弁護士に相談に行きました。

妻に対しても浮気相手に対しても、慰謝料はとれなくはないけど、多くは期待できないし、費用対効果を考えればどうか。

また離婚無効の調停にしても、先ほども言いましたが、夫は離婚に同意していたこと、そこがネックだと、、、。

離婚届けを勝手に書いて出しちゃうのとは雲泥の違いなわけです。


離婚問題の探偵


離婚届を市区役所に出すと決断したときに離婚届けを書く!不安であれば離婚不受理申出はすぐに行うことです!



結論としては、すぐに離婚に同意しないということです。

相手の不倫が原因であれば、それに対して納得が得るまで、離婚を認めないということです。

できれが、焦っている浮気妻(浮気夫の場合も同じです)が離婚を迫ってきたとき、すぐに市区役所に行くべきです。

離婚を急に焦りだす夫(妻)って、どんなことをするかわかったものではありません。

実際、この浮気妻の場合、夫が「市役所に出さないで」と言った数日後には離婚届を勝手に出してしまったようです。

いずれしても、きちんと対処していきませんと、浮気のこと自体、うやむやにしてくる可能性もありますので注意してください!

離婚してもいいと決断することはかなり前かもしれません。

けど離婚でいいと覚悟しても、離婚届けに署名、印を押すのは、離婚届けを市区役所に出してもいいと決断したときです!

浮気問題に巻き込まれると、普段の自分では想像もつかないような行動をとってしまうことがありますので、しかとご注意ください!


浮気、不倫を斬る|探偵コラム記事一覧